• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
成功する留学 ミニ留学フェア 11月26日(日) 10:00

ホームステイやレジデンス滞在で何に気をつければいいですか?

ホームステイは宿泊する部屋と食事を提供のみを契約内容とした下宿型のシステムです。複数の留学生が同時に滞在している場合があり、また異性である場合や日本人である場合もあります。ホームステイには、あたりはずれがあると言われますが、この原因の多くはコミュニーション不足です。言葉の意味を取り違えていたり、あいまいな返事をしてしまうことがきっかけになっています。意味がわからないのに、簡単に「YES」と答えてしまうのは誤解のもとです。わからないことは理解できるまで聞くことを心がけましょう。ホームステイはホテルではないので、わがままが100%通るわけではない、ということは理解の上でご参加ください。

初めて留学生を受け入れるホストファミリーは稀で、大抵、これまで何人もの留学生を受け入れた経験を持つホストがほとんど。日本人留学生も過去に受け入れたことがあるかもしれません。そのため、お土産などはあまり凝ったものを用意しない方が得策でしょう。和風のコースターやポストカードなどは、かさばらず、あまり外すことがないのでおすすめです。

レジデンスは民間寮のこと。学校所有の場合もありますし、そうではない場合もあります。また、男女共同寮の場合もあります。相部屋の場合、一緒に住むルームメイトが留学生ではない場合もあります。ルームメイトが学生の場 合でも、日本人留学生であることもあります。

初めて海外生活をされる方で、ホームステイをご希望の場合は、大都会ではない町をお選びいただくことをご提案いたします。ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン中心部、シドニーなどの大都会は学校からホームステイ先までの距離が長く、通学に時間がかかります。
また、都会のホストファミリーは何年も留学生を受け入れ、留学生に慣れているご家庭が多く、どちらかというとビジネスライクな対応であることが多いようです。

ホームステイやレジデンス(民間寮)について詳しく知りたい方は、個別留学相談でお問い合わせください。留学カウンセラーが詳しくご説明いたします。

お申込みについて

プログラム内容と費用

渡航前の準備

その他

語学学校/現地での過ごし方

わからない事が解決しない場合はお気軽にご相談ください。

留学応援コラム「留学あんしんサポート」 入っててよかった!留学&ワーホリ保険 留学持ち物特集 賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート