• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年5月 春 東京・大阪・名古屋で開催!

日本出国からオーストラリア到着まで

入国審査、乗り継ぎ、出迎え空港でのプロセス
日本出国から現地滞在先への到着までに、いったいどんなことが起こるのだろう。入国審査や飛行機の乗り換えなど必要なプロセスに関して、ここでしっかりと把握しておきたい。

日本出国

空港には早めに到着

空港には、少なくとも出発の2時間前には到着しよう。着いたら、機内に持ち込む手荷物とチェックインの際に預ける荷物を再度確認。預けた荷物は現地入国後まで手にすることはできないので、入国審査に必要な書類などは入れないこと。逆にハサミなど凶器となり得るものは機内持ち込みができないので、預ける荷物のほうに入れておく。

チェックイン・カウンターへ

預ける荷物に鍵がかかっているかどうか確認したうえ、預ける荷物と航空券を、航空会社のチェックイン・カウンターへ出す。そのあとで搭乗券(Boarding Pass)、荷物の預り証(Baggage Claim Tag)、1枚目を切り取られた残りの航空券を受け取る。

出国手続き

1時間前には出国手続きを済ませておこう。税関→出国審査という順にチェックを受ける。税関(Customs)は物品の輸出入をチェックするところ。高級外国製品を持ち出す人は、みやげ品と間違えられて税金を取られることもあるので申請しておく必要がある。パスポートと搭乗券を係官に提示して出国手続きが済んだら、搭乗ゲートをあらかじめ確認し、その近くで搭乗案内を待つ。

バゲージクレームタグ

荷物を預けるときにもらうバゲージクレームタグは、最終目的地の空港で荷物を受け取るまで、必ず保管しておくこと。これがないと、万一荷物が出てこなかった場合に、荷物を預けた証明ができなくなってしまう。

フライトの変更がわかったら

日本出国前にフライトの変更がわかったら、出迎えを申し込んでいる場合は、現地の緊急連絡先に事前に連絡をいれておこう。

到着・入国審査・乗り継ぎ

入国カードの記載

空港で入国審査を受けるときに必要な入国カード(Incoming Passenger Card)は、機内でフライトアテンダントから配られる。到着までにしっかり読んで、正しく記入しておこう。オーストラリアは、荷物の持ち込みについての検疫規制は、ほかの国よりずっと厳しい。農業国として、外国から害虫が持ち込まれるのを防ぐためだ。テロリスト対策を強化する目的もあって、X線検査だけでなく、荷物を全部開けての徹底検査に及ぶこともある。持ち込み規制がある物品を持っているなら、「まぁ、大丈夫だろう」ではなく、正直にカードの「YES」マークに印をすることが大切だ。また、正確に申告するためにも、自分で責任をもって荷造りすることをおすすめする。入国カードには、「自分で荷造りをしたか」という質問もあり、「ほかの人が入れたから知らなかった」では済まされない。

入国審査

飛行機を降りたら、まずは入国審査(Immigration)を受けることになる。入国審査官は、入国カードの記載内容、パスポートの顔写真と本人を見比べつつ、滞在目的と期間、充分な滞在費用があるかどうか、留学が終わったら帰国するかどうかなど、簡単な質問をする。質問には簡潔に答えよう。フレンドリーかどうかは、審査官によって大きく異なる。運悪く、厳しそうな人にあたってしまったときにも緊張しないで済むよう、あらかじめ質問を予測して、英語の答えを用意しておくとよい。入学許可証やホストファミリーの住所、ビザ発給許可通知書、日本への航空券はすぐ提示できるように手元に用意しておこう。

税関と検疫検査

入国審査のあとは、「Baggage Claim」の案内表示に従って移動し、スーツケースなど預け入れておいた荷物をターンテーブルから受け取り、税関(Customs)と検疫検査(Quarantine)を受ける。検査官の指示どおりに、「申告するものがある」レーンと、「申告するものがない」レーンに分かれて並ぼう。

入国審査における質問例

審査官
Q:What's the purpose of your visit?
(入国の目的は何ですか?)
あなた
A:To study English.
(英語の勉強をするためです)
審査官
Q:How long are you going to stay?
(どのくらい滞在しますか?)
あなた
A:For five weeks.
(5週間です)
審査官
Q:Which school are you going to attend?
(どの学校に通いますか?)
あなた
A:ABC School of English.
(ABC スクールです)
審査官
Q:Where are you going to stay?
(どこに滞在しますか?)
あなた
A:I'm going to stay at Mr.& Mrs. Smith's.
(スミス夫妻のところにホームステイします)
審査官
Q:Have you got a letter of acceptance from the school?
(学校の入学許可証はありますか?)
あなた
A:Yes, Here you are.
(はい。こちらです)

税関での質問例

係員
Q:Do you have anything to declare?
(何か申告するものを持っていますか?)
あなた(持っている場合)
A:I have 3 cartons of cigarettes.
(タバコを3カートン持っています。)
あなた(持っていない場合)
A:No, I don't.
(何も持っていません。)

オーストラリアに入国するときの注意

日本からの直行便であれば、日本語の入国カードも用意されている。入国審査のあとに待っている検疫では、すべての荷物がX線を通されて厳しくチェックされる。

オーストラリアに持ち込めない物

  • 卵と卵製品(マヨネーズや生ラーメン、カップめんの乾燥かやくを含む)
  • 肉類(条件付きで缶詰は可)
  • 生の野菜と果物
  • 生きた動植物
  • 生、乾燥、冷凍、燻製、塩漬け不可
  • 豚肉の入った製品不可
  • 生の種やナッツ類
  • 麻薬類
  • ワクチン
  • 銃や刀など

申告が義務付けられている物

  • すべての食品(機内食を含む)
  • 医薬品
  • 乳製品(条件付きで可)
  • A$1万以上に相当する現金
  • 木やサンゴ
  • 動物の毛を含む製品
  • 使用済みのキャンプ用品

カウンセラーからひとこと

長期滞在を予定していても、渡航目的に応じたビザを持っていれば、あれこれと質問されることはまずありません。ただし、食べ物の持ち込みは要注意。食べ物を持ち込むときは、必ず申告してください。持ち込み禁止の食べ物はその場で没収。ウソの申告をすると罰金です。

国内線の乗り継ぎ方法

オーストラリアは、国際線(International Flight)から国内線(Domestic Flight)に乗り継ぐ場合は、最初に到着した都市の空港で、入国審査と検疫検査を受けることになる。前述のように入国審査を受けた後、預け入れた荷物を一度受け取り、検疫を済ませて国内線の乗り場まで移動する。そして、再びカウンターで荷物を預け入れるという手間がかかる。大きな都市では、国際線と国内線のターミナルが離れていることも多い。接続バスの乗り場を探すことなども考慮に入れ、余裕をもって行動したい。最短でも2時間以上の余裕をもつことが基本だ。

乗り継ぎミスのときは

出迎えサービスを頼んでいるのに、予定していた乗り継ぎ便に乗れなかった。そんな場合は出迎えの人に電話連絡することを忘れないでください。航空会社の都合で乗り継げなかったときは、カウンターにいるスタッフに電話番号を渡して、電話してもらうこともできます。

滞在先へ向かう

出迎えの人に会う

日本ですでに出迎えのサービスを頼んでいる場合は、迎えに来ている人とご対面になるが、たいていの場合は到着口を出たところで、留学生の名前や学校の名前を書いた紙を持って待っている。約束通り来てくれた、と安堵するばかりでなく、自分が頼んだ学校やエージェントの人か、ホストファミリーか、きちんと確認すること。不安な場合はID(身分証明書)を見せてもらおう。場合によっては送迎サービス会社の人やタクシーの運転手ということもある。

迎えの人に会えなかった場合

到着時間に変更があったり、入国審査に時間がかかってしまったりして、出迎えの人に万が一会えなかった場合は、学校やホームステイ先に電話して相談してみること。こんな場合のために、あらかじめ緊急時の連絡先やホームステイ先の電話番号(携帯電話があればその番号も)を聞いておくようにしたい。

自力で宿泊施設に行く場合

自力で宿泊施設に行く場合は、空港と市内や主要ホテル間を結ぶ空港バスやタクシーが便利。ただし、タクシーを利用するときは、無認可のタクシーには絶対に乗らないようにしたい。

自分で向かう場合の注意点

空港から滞在先まで自分で向かう場合、バンサービスやタクシーのドライバーが道を知らないこともあるので、事前に空港から滞在先のルートをGoogle Mapなどで検索し、印刷しておくとよいでしょう。これをドライバーに見せれば、スムーズに滞在先まで送り届けてもらえます。

あなたの留学を現地デスクでしっかりサポート

無料留学相談

オーストラリア留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

留学用持ち物リスト&おすすめグッズ

旅行グッズ専門通販サイト「地球の歩き方ストア」

留学におすすめサイズのスーツケースは?変圧器は必要?などの疑問に答える留学持ち物特集!
準備から帰国まで、留学経験者が選んだ留学グッズを留学失敗談とともにご紹介!!
留学用持ち物リスト&カウンセラーオススメグッズはこちら!

日本出国からオーストラリア到着までのページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
成功する留学フェア2018年5月
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート