• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
「成功する留学」奨学金制度

オーストラリアでのホームステイ

「普通の家庭」に溶け込もう 快適に過ごすためのコツ

留学生の多くは、最初の生活の場としてホームステイを選んでいる。ステイ先は、現地の習慣や文化を知るのにも絶好の場所。家庭にうまく溶け込んで、快適な生活を送りたい。

オーストラリアでの留学は、ホームステイが一般的

学校が手配する滞在先はホームステイであることが一般的。初めての留学なら、英語や現地事情、生活習慣などに慣れるまでは、ホームステイがおすすめだ。ホームステイは現地の一般家庭に居住し、住居から食事までお世話になる方法。家族の一員として生活することをまず理解しなければならない。朝はみんなと一緒の時間に起き、朝食も夕食もともに取る。休日には買い物を一緒にしたり、ホームパーティなどがあれば当然手伝いをすることになる。

家庭の状況はさまざま

お世話になる家庭はさまざまだ。小さな子供がいる家庭、若いカップルの家庭、子供たちはみんな独立したシニアの夫婦の家庭。そして、最近多いのがシングルマザーの家庭だ。子供の相手やペットが苦手な人は、お世話になる家庭が決まる前に、学校にしっかり伝えよう。
しかし、どんな家族構成でも各家庭にはそれぞれの生活スタイルというものがあるので、これまで自分が育った家庭と同じようにはいかないことを覚悟しておこう。

料金は地域や学校によって違う

料金は地域や学校によって異なるが、1ヵ月オーストラリアでA$800~1,100(70,152円~96,459円)が相場。食事は通常朝夕2食付きが一般的。料金が含まれているとはいっても、深夜まで部屋の電気をつけっぱなしにすることは御法度。外国では省エネや質素な生活を心がけていることが多い。シャワーも手短かに済ませたい。

ステイ先は学校側が事前にチェック

私立の語学学校なら、たいてい日本出発前にホームステイの手配をしてくれる。留学生が満足できる滞在先を提供できなければたちまち学校の評判を落としてしまうため、どの学校もステイ先の紹介には万全の注意を払っている。学校はそれぞれの家庭の収入や教養の程度、家族構成、設備、周囲の環境などをチェック。これらの基準をパスした家庭だけが、学校側の紹介リストに登録される。家庭訪問なども行われているので、学校が紹介しているホストファミリーなら、ほぼ信頼できると考えてよいだろう。

現地で紹介された場合は一度訪問を

現地でホームステイ先を紹介された場合は、紹介先の了解を得てから一度訪問してみるとよいだろう。家族構成以外に、ステイ先のホストファミリーのルールなども聞いておけば、自分なりの気構えができるはずだ。

共同生活をする学生が多い

現地の大学生は、ほとんどが親元を離れて暮らしている。といっても、経済的な理由から、友人同士、または赤の他人と、フラットシェアと呼ばれる共同生活をするか、学生寮に住むのが基本となっている。また、ホームステイの受け入れ先として、子供の頃に親元で留学生と一緒に暮らした経験がある人も少なくない。そのため現地の学生は、若いときから共同生活に慣れ親しみ、同世代の人たちとの生活を楽しむ傾向がある。留学生にとっても、暮らしやすい環境だといえるだろう。

滞在先が決まったら事前コンタクトを

ホームステイ先が決まったら、日本を出発する前にメールや手紙であいさつをしよう。

<あいさつの手紙やメールに使える表現>
9月3日からホームステイでお世話になります。
Thank you for accepting me as a homestay student from September 3rd.

もうすぐお会いできるのをとても楽しみにしています。
I am really looking forward to seeing you soon.

ホームステイ先での確認事項

ホームステイ先に到着したら、できるだけ早めに以下のことを確認しておこう。そのうえで、不便を感じたり、どうしても変えてほしいことが出てきたら相談する。

食事/台所

  • 食事の時間
  • 冷蔵庫に自分のものを入れてもいいか
  • 使っていい食器はどれか
  • お湯の沸かし方
  • どうしても食べられないもの

お風呂

  • 週何回入浴できるか
  • シャワーの使い方
  • バスタブの使い方
  • 入浴できる時間帯は

自室

  • 掃除について
  • 掃除機の収納場所と使い方
  • シーツや枕カバーの替えがほしいときは?
  • 友達を自室に招いてもかまわないか
  • タバコを吸ってもよいか(喫煙する人)

洗濯

  • 洗濯機を使っていいか、その使い方
  • コインランドリー利用の場合、その場所
  • 洗ったものは、どこへ干せばいいか

近所

  • 最寄りの銀行はどこか
  • 最寄りの郵便局はどこか
  • 最寄りのスーパーマーケットはどこか

電話

  • 電話を使ってもかまわないか
  • 通話料金の目安(何分単位でいくら)
  • 夜の電話の取り次ぎは、何時までか

その他

  • 通学の所要時間と交通手段
  • 門限の有無とその時間
  • (不便を感じたら相談する)

積極的に家事に参加

ホームステイでは、自分も家族の一員だという気持ちで接することが必要。それも心に思っているだけでなく、言葉や態度で表すことが大切だ。例えば、食事の用意をするときは、「野菜を切りましょうか? どのように切ったらいいですか?」など、具体的に自分は何ができるかを伝えるとともに、その家のやり方も聞いてみるようにしたい。料理の用意ができたら、テーブルをふいたり、お皿を並べたり、聞かなくてもわかることは、どんどん積極的にしたい。また、掃除も自分の部屋ばかりでなく、トイレやバスタブなどの掃除もあるはずだ。毎日ではなくても1週間に1度ぐらい時間を見つけて、自らこうした場所の掃除もしよう。

節約の気持ちを忘れない

経済、文化レベルの高いオーストラリアにおいても、日常生活は質素にしている場合が多い。また、生活費の足しに留学生を受け入れている家庭も少なくない。日本ではあまり「節約」ということを気にしなかった人も、ホームステイを始めたら、節約しながら生活する方法を考えたほうがよさそうだ。例えば、台所やシャワーの水を出しっぱなしにしたり、許可なくバスタブを利用することはしないように。また、深夜まで部屋の電気をつけていたり、利用していないスペースの電気のつけっぱなしも要注意だ。洗剤の量も聞いて、指示に従おう。

ホストファミリーに嫌がられる態度

・ふてくされた態度
・無口
・部屋を散らかす
・外出が多い
・オーストラリアをけなす
・協調性がない
・長電話

日本で準備しておきたいこと

ホストファミリーや友達との関係をより深めるために、日本にいる間に事前に準備できることもある。以下のようなことに取り組んでおこう。

●日本のこと
ステイ先でも学校でも、日本のことを必ず聞かれる。自分の国のことを話せないようではインテリジェンスを疑われてしまう。日本の歴史や文化について書かれた書籍などを参考に、基本的なことだけでも頭に入れておこう。
●料理
日本食はローコレステロールの健康食として、オーストラリアでも人気がある。ホームステイ先で日本の料理を作ってあげると喜ばれる。ぜひ、お母さんにでも2~3品料理を教えてもらい、覚えておきたい。例:みそ汁、天ぷら、カレーライス、クリームシチュー、チャーハン
●家事
初めて親と離れる場合は、なかなか家事の仕方がわからないだろう。そんな人は、親に何でもしてもらうのではなく、家事を積極的に手伝うこと。見よう見まねで覚えるのが効果的だ。

1にも、2にもコミュニケーション

留学生のトラブルで、ホームステイ関係の事例は確かに少なくない。これまで他人だった者同士が一緒に暮らすのだから、いろいろな問題が起こるのは仕方のないことだろう。ホームステイをする以上、家庭といえどもひとつの社会。コミュニケーションをよくして、お互いの理解を深めることに努力したい。

事前にルールを聞いておく

他人と共同生活をするのだから、マナーを守った良識ある行動が求められるのはあたりまえ。各家庭にはその家なりのルールがある。食事は何時からとか、お風呂はいつ入れるか、洗濯はどうするのかといったことについては、たいてい到着初日に教えてくれる。細かいことかもしれないが、これらはすべて、お互いに気持ちよく生活するのに必要なこと。メモを取るなどして、しっかり覚えておこう。言葉が聞き取れなかったら、理解できるまで何度でも説明してもらうこと。どうしてもわからない場合は、紙などに書いてもらうといい。

ホームステイで確認しておきたいルール

掃除
自室の掃除は週1回くらいの割合でホームステイ先の人がしてくれることが多い。シーツや枕カバーは、たいてい掃除のときに一緒に替えてもらえる。もし自分で掃除をするように言われたら、掃除器具の収納場所や使い方を確認しておこう。
食事
朝食はそれぞれバラバラのことも多いが、夕食付きのステイ先の場合、夕食は決まった時間にホストファミリーと一緒に取るのが普通。「何時に夕食なのか」「もし夕食がいらないときはいつまでに連絡すればいいのか」などを確認しておこう。どうしても食べられないものがあるなら、前もって伝えておこう。
シャワー/お風呂
温水器で沸かしたお湯をタンクに貯めて利用するという方式の家では、お湯は貴重なもの。ほとんどの人が短めのシャワーで済ますことが多い。お風呂の使い方や決まりはよく聞いておこう。特に「週何回入浴できるのか」「入浴やシャワーができる時間帯は」の2点は、忘れずに確認しておきたい。
外出
遠足、コンサート、観光など、学校生活には楽しい企画がめじろ押し。友達とショッピングをしたり、映画を観に出かけたりすることも多い。誰とどこへ行き、何時頃帰るのか、夕食はいるのかいらないのか、予定があれば早めにホストファミリーに伝えておこう。
電話
電話を巡るトラブルは、共同生活とは切っても切れないもののようだ。最初に「家の電話を使ってもいい」と言われても、電話を使う際はそのつど家族に断ってからにしよう。電話代の支払い方法も必ず確認。電話会社から送られてくる明細書をチェックしてからでいいという家庭もあれば、使用ごとに支払いを求める家庭もある。長電話をかけるときはなるべく公衆電話を使うようにすれば、トラブルはある程度防げるだろう。ステイ先の電話を使って国際電話をかける場合は、料金受信者負担のコレクトコール、またはコーリングカードが原則だ。また、オペレーターを通す場合は「あとで通話料金を教えてください。“Please let me know the fee afterthe call.”」のように、あらかじめ言っておく。通話後、受話器を置くと、すぐに料金を知らせてくれるので、その金額を速やかに支払おう。また、日本の家族などからの電話を受けるときのことを考えて、電話の取り次ぎは何時から何時までOKなのかも確認しておきたい。

部屋に閉じこもらない

日本人留学生の態度で誤解を招きやすいのが、語学力不足やシャイな性格(?)による消極的な態度。特に部屋に閉じこもってばかりいる留学生の態度に不快感を表すホストは多いです。最初は英語がスラスラ出てこなくても、部屋に閉じこもることなく、リビングルームなど共有スペースにいるようにしましょう。特別なことを話さなくても家族の一員であると感じてもらうことが大切。ホストから話しかけてこなくても、こちらから積極的に話しかけてみましょう。その日にあったことや自分の好きな映画のこと、日本の家族のこと、友人のことなど話題はたくさんあるはずです。

ホームステイでの心がまえ

ステイ先ではいろいろと問題が起こることもあるが、あまりナーバスになる必要はない。実際には、ホストファミリーと家族同然に生活して、日本に戻ってきてからも親しい付き合いを続けている人はたくさんいるのだ。まずは、異文化、習慣の違いを理解する努力、そして相手に対する思いやり、それを念頭において生活してみよう。

トラブルになったら

まずはファミリーと話し合う

学校が慎重に選んでくれたホストファミリーにも、やはりあたり外れはある。用意される部屋ひとつとってみても、テレビや電話まで付いた部屋から、殺風景な狭い部屋まで、その様子はさまざまだ。少々の不便には目をつぶるとしても、生活や勉強に直接ひびく問題に関しては、率直にファミリーと話し合おう。トラブルの多くは、誤解や習慣の違いが原因。自分はこんなことを不満に思っている、と具体的に話すこと。そして、自分はこうしたいけれど、それは可能か、などと聞いてみるとよい。相手はその不満に気が付かなかっただけで、話してみたらすんなり解決した、というケースは多い。

当事者同士で解決できない場合は学校に相談

話し合いで解決できなかった場合は、留学業者の現地カウンセラーや学校に相談しよう。双方の言い分を聞き、アドバイスをくれるはずだ。ただし、第三者に相談するのは最後の手段であることを覚えておきたい。留学したからにはもう大人。大人としての態度を忘れないようにしたい。

ホームステイ先を変えたほうがいい場合

どうしても事態が改善できないときはステイ先を替えてもらうことも可能だ。ケースとしては、下記のような場合が考えられる。

  • ホストが英語を話せない場合
  • ホストファミリーの誰かが病気になったり、死亡したり、離婚したりして緊急事態になった場合
  • ホストファミリーが引っ越し、通学や生活に不便が生じることになった場合
  • 学校があまりにも遠い場合
  • ファミリー同士の仲が悪かったり、夜ふかしや騒音などで落ち着いた生活がしにくい場合
  • 家庭内が不衛生な場合
  • セクハラ、暴力など身の危険を感じる場合

コミュニーケーション ケーススタディ

◆すべて教えてもらう気持ちで
何も知らないと思われるのも恥ずかしいと、知ったかぶりして、あとで取り返しのつかないようになるよりは、最初から教えてもらう、という気持ちでホストファミリーと接したほうがいい。洗濯機の使い方やレンジの使い方などは、日本と異なる。何度も聞くより、最初に理解するまできちんと教えてもらおう。教えてもらう、という気持ちの裏には、ステイさせてくれることに対する感謝がほしい。
◆思っているだけでは伝わらない
朝寝坊したい、疲れているから夕食後はいつものように、みんなとおしゃべりをするのではなく、早く自分の部屋に行きたい、など言葉に出さなくても、わかってくれるだろうと、勝手に行動すると誤解を招く。何でも一言、言葉に出して伝えることが大切だ。そうすれば、「わかった」ということになるはず。
◆感謝の気持ちを伝えるチャンス
ホストファミリーには感謝しているのに自分の気持ちをうまく伝えられない人は、誕生日などにあらためて手紙を書くなどして伝えたい。
◆誰も家にいないときの対応
家族がみんな外出してしまったときに、自分も出かけなくてはならないときは、どこに行き、何時頃帰るか、夕食は必要かどうかなどのメモを残しておきたい。不在時に受けた電話などもメモして渡すようにしたい。
◆笑顔であいさつを忘れない
あいさつはコミュニケーションの第一歩だ。「おはようございます」に始まって「おやすみなさい」まで、いずれも笑顔で元気にしてみよう。

成功する留学は、オーストラリアの現地デスクもあります。はじめての留学生活・ホームステイを、しっかりサポートします

無料留学相談

オーストラリア留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

留学用持ち物リスト&おすすめグッズ

旅行グッズ専門通販サイト「地球の歩き方ストア」

留学におすすめサイズのスーツケースは?変圧器は必要?などの疑問に答える留学持ち物特集!
準備から帰国まで、留学経験者が選んだ留学グッズを留学失敗談とともにご紹介!!
留学用持ち物リスト&カウンセラーオススメグッズはこちら!

オーストラリアでのホームステイのページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
成功する留学 ミニ留学フェア
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート