• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
成功する留学 ミニ留学フェア 11月26日(日) 10:00

2017/02/13 Mon.

浪人せずに大学進学へ!アメリカ大学留学体験記

アメリカ 語学留学 生活情報 海外進学
成功する留学スタッフ

大学進学を真剣に考えたとき、海外の大学留学を検討し始める高校生が増えてきています。

日本の大学に入って休学制度を利用して留学するか。はたまた、最初から海外の大学に思い切ってチャレンジするか。今回は、高校卒業後に海外への大学留学を果たしたRさんにお話しを聞いてみました。


studentR

●留学時の年齢          19歳

●留学開始時の英語力  普通の高校3年生程度

●留学までのスケジュール

  2015年5月 留学を決意

  2015年7月 留学相談開始

  2015年10月 カンザス州の州立大学から条件付内定獲得

●留学時期、留学先                

2016年1~7月 FLS Internationalテネシー工科大学内語学研修

2016年8月~現在 テネシー工科大学(州立総合大学)ビジネスマネジメント専攻

留学前は、どんな高校生でしたか?

私は小学校から中・高校とずっと同じ私立校にいました。中学、高校と受験がないので、楽しいけどぬるま湯の環境だったように思います。勉強が好きなタイプでもなかったので、成績は普通くらい。小学校から英会話に通っていて、英検3級は小学校で取りましたが、学校の英語の授業はあまり好きではありませんでしたね。

アメリカの大学に留学しようと思ったきっかけは?

もともと両親が、高校留学を薦めてくれていたんです。でも、日本の高校って楽しいし、友達と離れてまで留学とかは面倒だったんです。付属の大学に進学することもできましたが、なんとなく、周りの雰囲気に合わせて外部受験をしました。志望校に合格できず、浪人しようか考えたときに、以前から親が薦めてくれていた留学を思いついたんです。親に相談してみたら、案外スムーズに了承してくれたので、そこからは「一刻も早く留学したい」と、気分一新、すっかり気持ちは留学まっしぐらでした。

親御さんが留学を薦めてくださっていたのですね。

はい。父がよく言っていたのは「日本の旧体質を変えるのはお前たちの世代だ。若いうちに海外でグローバルな視点を身につけなさい」ということでした。企業で働く父と母は、海外で教育を受ける重要性を日々肌で感じていたのだと思います。うちは普通のサラリーマン世帯なのですが、費用も何とか工面してくれました。私も少しでも自分で費用を賄いたくて、出発間際までバイト三昧でしたが。

留学申し込み時に1回親が同席してくれた後は、全部自分でカウンセラーの方と留学プランを考えました。留学プランや費用明細など、全て母に細かく説明しなければなりませんでした。

未成年の方が留学する場合は、留学内容や費用の確認で、良く親御さんからお電話いただきますよ。

そうみたいですね!うちの場合は、請求書の内容とかも全部私が説明しなければならず、母は一度も直接御社に電話しようとしませんでした。例えば「ビザ申請費用のなかのSEVIS費って何?」とか説明を要求されましたね。カウンセラーの方から説明を受けていましたが、忘れていて、慌ててスマホで検索して説明しました。母の「子離れ&突き放し」は見事だったと思います。渡米してからも、本当に必要な時以外は全然連絡していません。

アメリカの大学生活はいかがですか?

勉強は大変ですが、充実しているし、楽しいです! 1年生の前期は、日本で言われる一般教養を履修しました。リーディングやライティング、数学、エッセイの書き方の授業などベーシックなものがほとんどです。履修科目は、アカデミックアドバイザーに相談して決めました。苦労する点はグループワークです。私のグループは、なぜだか適当なアメリカ人ばかり……。なので、英語もままならない私が率先してミーティングをセッティングしたり、まとめたりしなければなりませんでした。その分、終わった後の達成感は本当にいいものでしたね。

宿泊先はどのような感じですか?

最初は学校寮に住んでいました。費用は少し高めですが、友達もたくさんできるので慣れるまでは、寮がオススメです。安全のことも考えて特に女の子は。慣れてきたら、アパートに住むと、費用は自分でコントロールできるので大学生にはありがたいですよね。友達がたくさんできて本当に楽しいです!私の住んでいる町はとても小さいので、行く先々に友達がいて、ファミリー感が強く、私はとても気に入っています。人間関係のトラブルに巻き込まれると、面倒臭いですけどね(笑)。

Rさんは、内定を取った大学ではない大学に進学されましたね?

留学前に、学費と生活費が安く、日本人が少ない場所をカウンセラーの方と相談して決めていました。ところが語学学校がテネシー工科大学の中にあってキャンパスの様子がよくわかりましたし、大学生と触れ合う機会もあり、すっかり気に入ってしまって。語学研修中に自分で出願して内定をいただきました。専攻等についても、大学生にいろいろ聞いて、参考にして。結果的に、一番興味がわいたビジネス・マネジメントを専攻することにしました。出願の際に奨学金の申請もしたら、運よく奨学金が支給されることになりましたし、留学前に内定をいただいていた大学は辞退して、テネシー工科大学に進学することにしました。

大学進学を考える高校生にアドバイスなどありますか??

留学前の準備とかあまり考えずに、思い切って留学してしまうと良いと思います!来てしまえば、なんとかなります!アメリカに着いた時、私は全く聞けない、喋れない状況でしたが、アメリカ人といることによって、2~3ヶ月で電話も難なくできるようになりました。大切なのは何もかも楽しむこと、勉強面では「自分から学ぶ」姿勢だと思います。一方、海外に来ると色々な留学生を見ますが、敢えて「しなくてもいい経験」もあるとつくづく思います。安易に周囲に流されず、しっかり目標を定めておくと良いと思います。

私のいるテネシー州は、聞いたこともない場所かもしれませんが、雄大な自然の風景が多くとても癒されるフレンドリーな町です。本当におすすめなので、是非、来てください!!

 


1月には成人式に出席するため、大学の冬休みを利用して一時日本に帰国していたRさん。現地で使う中古車の費用を自分で賄いたい、と2週間バイト三昧の日々だそうです。

留学前から明るい女の子でしたが、1年経ってぐんと逞しさを増し、彼女の周囲が明るくなるような女性に成長した姿を見せてくれました!

今後のアメリカでの成長とご活躍が楽しみです‼

大学生のアメリカ休学留学体験記(カンザス州・大学)

大学生のアメリカ休学留学体験記(テキサス州・語学学校)

海外大学進学情報

無料留学相談

関連する記事

2017/11/18 語学学校 ヨーロッパ 日記 生活情報

イタリア、ボローニャで過ごす 初めての海外3ヶ月 ~課外授業~

2017/11/11 イギリス・アイルランド 語学留学 ワーキングホリデー 短期留学プログラム ヨーロッパ

イギリスの学校CESよりメッセージ(対訳付)

2017/11/07 海外進学 グローバル人材 アメリカ 日記 生活情報

早大生の交換留学―違和感満載!ハワイ真夏のクリスマス

2017/11/04 アメリカ 生活情報 成功する留学英語

消費大国アメリカならではのメガ・セール”Black Friday”とは⁉

2017/11/01 オーストラリア 語学留学 日記 生活情報 短期留学プログラム

早大生が行く!はじめてのケアンズ短期留学~本日は合同授業