• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年5月 春 東京・大阪・名古屋で開催!

2015/12/14 Mon.

スペイン留学を実現しよう!

ヨーロッパ
成功する留学スタッフ

【スペインの留学生活】

留学生の滞在先は?食生活は?

留学生の多くは到着後最初の滞在先としてホームステイを選んでいます。ホームステイでは、スペイン語に慣れ親しみながら現地での生活様式を身につけることができ、ホストファミリーとの会話を通じて生きた会話表現に触れることができます。
また、スペインは「食べる」ことをこよなく愛するお国柄。それゆえ食事の習慣は日本とはだいぶ異なっています。例えば、一日の食事のメインは14時から 16時の昼食です。学校から近い場合は、昼食をとりに家に帰ることもあります。また、昼食後、シエスタ(昼寝)をする習慣があると考えられていますが、こ れは地域や家庭によって違います。昼食が遅い分、夕食も遅く、その量も家庭によりまちまちのようです。一般的な食事の時間と内容をご紹介しましょう。

◇朝食/8:00〜8:30ごろ
コーヒーやミルクと、ビスケットやトーストなど、日本に比べると軽食です。

◇昼食/14:00〜16:00ごろ
1日のメインミールとなり、典型的な家庭料理を食べます。
日本でいう夕食の感覚で、ボリュームも多く時間をかけていただきます。

◇夕食/21:00〜22:30ごろ
軽食。昼食にボリュームがあるので夕食は比較的軽食になり、時間も遅めです。

ヨーロッパの中では、物価は比較的安く(都市部では物価が高めですが)、市場やスーパーでは、生鮮食品、チーズや生ハム、オリーブオイルなど日本よりもはるかに安く美味しいものが手に入るので、スペイン料理作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

【地方や町ごとに多彩な個性を持つスペイン】

「成功する留学」おすすめの町

スペインの魅力は何と言ってもその個性的な文化。 昔からさまざまな民族や文化が交錯し、地方ごとに独自の文化が育まれました。 気候や言語も異なり、それぞれ地方の風情に触れながら、留学生活を送ることができます。数々の魅力あふれる町。
その中でも「成功する留学」は、3つの町をおすすめします。

■アルカラ・デ・エナーレス 〜学術的な雰囲気漂う町〜
文化遺産でもあるアルカラ大学を中心に発展してきた町。16世紀には大学都市として講堂、学生寮、印刷所などが建設され、文化が花開きました。また、「ド ン・キホーテ」の作者が生まれた町としても知られています。静かで落ち着いた環境の中で留学生活を送れ、首都マドリッドまでバスや電車で気軽に行けるとい う利点から留学生にも人気があります。

■ネルハ 〜地中海を見下ろす白い町〜
岩場の多い海岸線にあり、コスタ・デル・ソルの都市のなかでも特徴ある快適なリゾート地。見どころは、ヨーロッパのバルコニー”Balcon de Europa”と呼ばれる岬。海に突き出たこの岬からの眺望はすばらしく、また町全体の雰囲気はのんびりしていて、外国人居住者も多く、徒歩で生活できる 大きさです。

■ベヘール・デ・ラ・フロンテーラ 〜アンダルシアの白い村〜
スペイン南部に位置する村、ベヘール・デ・ラ・フロンテーラ。中世から変わらぬ白壁の家々が並び、スペインの美しい村の一つとして知られています。アラブ文化の影響が色濃く残り、見所は城壁に囲まれた旧市街に固まっています。村中どこを歩いても絵になる村です。

もちろんこの3つの町には「成功する留学」おすすめの語学学校があります。 学校検索ホームページまたは「成功する留学」スペイン留学パンフレットでご紹介しています。

>スペイン語学校検索

【スペイン留学で、スペイン文化も体験!】

語学にプラスアルファ、スペイン文化を体験!

スペインに滞在するなら、おすすめしたいのがスペインの文化体験。スペインの語学学校では、語学にプラスした各種プログラムが充実しています。人気のコー スはフラメンコやスペイン料理など。基本的に午前中は語学学校でスペイン語を学び、午後に各プログラムを学びます。その他ワインテイスティングやゴルフ、 スペイン文学、アートなど、興味に合わせてプログラムを選ぶことができます。せっかくスペインに滞在するなら、ぜひ本場でスペイン文化を体験してみませんか?

【タルヘータ(Tarjeta de Estudiante)とは?】

タルヘータ(Tarjeta de Estudiante)

タルヘータ(Tarjeta de Estudiante)とは、滞在許可証のこと。スペイン国内に3ヵ月以上滞在する場合に必要です。 学生ビザを日本で取得し、スペイン入国後に申請を行います。(ただし、短期学生ビザ【滞在期間:91日〜180日】の場合、タルヘータの申請は必要ありま せん) なお、タルヘータは、学生ビザの有効期限内(3カ月以内)に、現地の管轄警察署に申請しなければなりません。通常、申請から受領まで最低3ヵ月かかると言 われています。しかしあまりにも早い時期に申請すると受け付けてもらえない場合もあるので、現地到着後、管轄の警察署に出向き、タルヘータの最新情報を確 認しましょう。

【ピソ(Piso)とは?】

ピソ(Piso)

ピソ(Piso)とは、アパートのこと。学生の多くはピソを数人でシェアし、それぞれの個室の他、キッチン・バスルーム・リビングなどを共同で使い、家賃 を等分します。都市によって若干住環境は異なりますが、学生向けの安価な宿泊先ということで、古くて部屋数の多い非常にベーシックな物件が多いようです。 ピソの情報は、口コミ、学校の掲示板、新聞、情報誌、インターネットなどで入手できます。

【DELE(Diplomas de Espanol como Lengua Extranjera)とは?】

DELE(Diplomas de Espanol como Lengua Extranjera)

DELEとはスペイン文部科学省が認定する、外国人のためのスペイン語能力検定試験。現在世界50カ国で実施されています。認定証が発行されるとスペイン語圏への留学、就職などの際に語学のレベルを保証するものとして広く認められています。 各語学学校では、DELE検定準備コースを設ける学校も多く、それらの授業では会話や文法の他に、リスニングや読解、練習問題の演習など、出題傾向に即した内容を中心に進められます。
>DELE(スペイン語能力検定試験)の詳細について

【バール(Bar)とは?】

バール(Bar)

バールとはスペインをはじめイタリアなどヨーロッパでポピュラーな立ち飲みスタイルのお店。留学キーワードとは直接関係ありませんが、スペインに欠かせない文化の一つ。朝は朝食、昼はランチ、夜はタパス(Tapas)と呼ばれるおつまみが楽しめます。 値段はたいてい手ごろで、地元の人もしょっちゅう利用しています。 ワインを飲みながらタパスに舌鼓を打ち、カウンターで隣り合った人と仲良く会話を楽しむ。スペインのバールならではの楽しみを満喫するのもスペイン留学の魅力の一つです。

無料留学相談