高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

成功する留学トップ > 留学応援コラム「留学あんしんサポート」


●コラム1「快適な留学生活の転ばぬ先の杖」 ●コラム2「第二の家族」


留学応援コラム 留学あんしんサポート
夢を叶える第一歩、海外留学! 期待に胸がワクワクしますね。でも、慣れない海外での生活はやはり少し不安なもの。より快適で安心な留学生活を送るコツとは?
第二の家族“Host Family”
理沙さん(24歳) 英会話スクール講師 2007年9月〜'08年8月まで、カナダのトロントで子供向け英語講師の養成コースに留学

トロントは、色んな民族や文化が融合した街です。ダウンタウンは活気にあふれ、ナイアガラの滝も近く、郊外には自然がたっぷり。日本と同様に四季があり、美しいところです。

同じ年の女の子と、3つ下の弟がいる素敵な“Host Family(ホストファミリー)”で、一人っ子の私に兄弟ができたみたいでした。実家では家事をしたことがなかったのですが、教えてもらっていろいろお手伝いしました。みんなでやると家事も楽しいですね。

その家事で一度だけ、大失敗を・・・。ドラム式の洗濯機のフタがきちんと閉まってなかったのか、床を水浸しにしてしまったのです。急いで拭きましたが、壁紙やカーペットにシミが。お母さんは「気にしなくていいよ」と言ってくれましたが、とても目立ちます。

友達に相談したら、「保険で弁償できるんじゃない?」と言われ、渡航前に保険に入ったことを思い出しました。『水浸しになった』は“flooded”ねって、辞書を片手に緊張しながらアシスタンスセンターに電話したのですが、日本語で対応してくれたので必要なかったです(笑)。

専門業者でキレイに修繕でき、喜んでくれたお母さんの笑顔を見てホッとしました。保険で賠償金が出たことより、ホストファミリーとの関係がぎくしゃくすることなく、その後も楽しく過ごせたのが何よりでした。

小学校で教育実習をしたときも、家族みんなで応援してくれました。「子供には、こんなのが流行ってるよ」と、会話のきっかけをつくるアドバイスをもらって、子供達とも打ち解けることができました。ホストファミリーは今も私の大切な第二の家族です。

このページのトップへ
留学体験者500人に聞きました!(2007年4月AIU調べ)

過去2年以内に、2週間以上の海外留学を経験した全国の18〜39歳の男女500人にアンケート調査を行いました。

滞在先は?

留学中の滞在先を聞きました。ホームステイと答えた人は40%近くいて、留学業者などで手配してもらった人が多く、社会人では、会社にアパートを手配してもらうことも多いようです。留学期間別の調査では、期間が短いほどホームステイの割合が高く(1ヶ月未満 54%)、1年以上留学していた人はアパートが多く(58%)なっています。

滞在先は?ホームステイ…39%、学校の寮…19.4%、アパートで一人暮らし…14.6%、アパートでシェア…14.6%、知人の家…5.8%、ホテル…5.0%、その他…1.6%
保険に加入して良かったことは?

「保険に加入して良かったことは何ですか」という質問に対して、85%近くの人が「安心して海外生活が送れた」と答えています。旅行と違い、慣れない海外での留学生活、勉強、趣味などの自分の目的達成に集中して、快適な留学生活を送るためにも、保険はあなたの強い味方です。

保険に加入して良かったことは?安心して海外生活が送れた…84.1%、トラブル時に役立った…16.2%、その他…5.6%
このページのトップへ

●コラム1「快適な留学生活の転ばぬ先の杖」 ●コラム2「第二の家族」



詳細・お申し込みはこちらから(AIUサイトにジャンプします)