高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

成功する留学トップ > 高校・大学留学 > 海外進学体験談

海外進学体験談

地球の歩き方が提供する留学サイト「成功する留学」へようこそ。
こちらは海外進学体験談のページです。海外進学した方の体験談をご紹介します。

聖子さん 留学先:アメリカ・カリフォルニア州

東京都出身 27歳。就職を考えて留学先を決断。大きく広がる未来への夢〜Fashion Careers Collegeに進学〜

留学前のわたし

大学を卒業、アパレル会社に勤務して3年。 仕事も順調にこなせるようになる中で、なぜかわたしの周囲には留学経験の友人が多く、 自然と海外へ目が向く環境でした。 大学時代に留学を考えた時期があったこともあり、いつからか、漠然とした希望から本格的に留学を考えるようになったのです。

最初のきっかけは「話せるようになりたい」だけだった

留学する動機は「英語をすらすら話したい。」それだけでした。 会社を辞める、留学する。そこまでは決断したものの、そこからが大変。 語学留学の情報や、手配を扱う会社は星の数ほど。 インターネット、雑誌などのメディアを片端から読み、情報収集を開始。 手配会社も何社も廻ったものの、情報が多すぎて消化できず混乱し始める状態になっていました。 多量の情報の中から、最終的に行くコースを決めることはほぼ不可能に思えたほどです。

語学留学からカレッジ進学へ進路変更

当初自分で立てた計画は「語学学校」。自分の最終目標も「英会話力」。そんな中「成功する留学デスク」では、“帰国後の就職が心配だ”という点を主に相談 し、アドバイスを受けました。ここでは、現在の自分のキャリアの延長線上に帰国後のキャリアがあり、英語力がアップすると自分の価値も更にアップするのだ という点を教えてもらいました。より良い就職ができるよう、語学学校の後はファッションの勉強をするカレッジに進学することにしました。

できることはなんでも挑戦したい

到着した頃はELS Language Centersのレベル106。ここでの研修中は友達がたくさんできて、先生もみんな親切で、本当にラッキーでした。ホームステイのファミリーともメール で交流が続いているし、人との出会いという点では恵まれていたことをこころから感謝しています。 今のカレッジは小さくて日本人はゼロ!みんな親切!という素晴らしい環境で頑張っています。 恵まれた環境の中で、もっとたくさんの友人をつくりたいし、インターンシップにも挑戦したい。と未来への夢は広がります。

進路スケジュール

6月 プログラム申し込み、翌2〜4月 ELS Language Centers ホームステイしながら語学研修、 5〜8月 ELS Language Centers アパートに住みながら語学研修、9月 ファッションビジネスのカレッジ入学

留学までの準備

某外語学院に半年、別の英語学校に3ヶ月通学しました。事前に英語をある程度話せるようにしておいたことは、アメリカに到着した後に非常に役に立ちました。着いてすぐにホストファミリーともコミュニケーションを普通に取ることができたと思います。

留学生へのアドバイス

留学中は1日が本当にあっという間に過ぎていきます!楽な方へ流されるのはとても簡単。 「とにかく英語を話せるようになるんだ!」と常に考え、一分一秒を大切に生活してくださいね。

T.I さん  留学先:オーストラリア

東京都出身 19歳。日本の大学志望からオーストラリアの大学へ進路変更

留学を決意

日本では大学の医学部を目指して勉強していたが、受験で失敗。来年再受験をするか考えたときに、ふと海外の大学進学という選択肢もあることに気付きました。 そして、今までの気持ちを拭い去りたい思い、色々な経験をしたいという思いもあり、海外の大学に進学することに決めました。

留学計画を立てる

留学を決意するも、実現するにはどうすればいいのかなんて全く分かりませんでした。「オーストラリアへの留学」という大まかな進路は決めたものの、オース ラリアの大学に留学するにはどういった手順をふめばいいのか、オーストラリアの教育制度についても大学についても知識はありませんでした。とりあえず、と いうことで、まずは留学に関する本を購入したのが第一歩でした。 自分で計画を立てるのが苦手なタイプなので、「成功する留学」で情報を得ながら自分の留学計画を一緒に立てられたことが、留学を実現させる上でとても役に立ちました。 自分の計画としては、9ヶ月の語学学校→ファウンデーション・コース→University of Queensland学部進学の予定で、現在は語学を勉強しています。

今後留学する人へのアドバイス

現地に来て実感したことは、留学生活は何かと苦しいことが多いということです。文化・習慣も異なる環境は、ただでさえ体力が必要な上、さらに勉強ということで力が必要です。留学生活が楽しくなるかならないかは、体力との兼ね合いも大きく影響します。今後留学するみなさんは、日本で、出来るだけ体力をつけておくことをおすすめします。 あとは、留学を決意したら、あとは自分の進む方向性によってなるようになります。自分の方向性だけきちっと持っていれば、積極的にどこかの組織に身を任せるとスムーズにいくと思います。

K.N さん  留学先:イギリス

31歳。休職して留学。キャリア・アップを図る!〜イギリスのMBAに進学〜

キャリア・アップのための留学がしたい

大学を卒業してから会社勤めを8年、前々から考えていた英語の習得とキャリア・アップを図りたいということを実現させるために留学を決意。会社の休職制度を使って、 1年間限定で留学することに決めました。 留学を決定してからは、まずは情報収集から始めました。 インターネットを使って、はたまた「成功する留学」の書籍を購入して、どのような留学が出来るのか、 どのように留学実現に向けて進めていけばいいのか自分なりに調べてみました。 それでも、やはり自分の希望の留学が自分に最適な形態なのかは不安があり、 エージェントに相談してみました。 自分としてはJYA(1年間の聴講)を考えていましたが、キャリア・アップが目的であったこと、出発可能時期を考えてMBAをすすめられ、 進路を変更しました。 その後、具体的な留学プランを組む上でもアドバイスをいただき、自分に合ったプランを組むことが出来ました。

日本ではこんな準備をした

出発前に日本では、私立の英会話学校とTOEFL対策の予備校のような学校に通って、英語を勉強しました。 そのかいあってか、IELTS 6.0とTOEFL550をとることができましたが、やはりMBAの授業についていけるかは不安でした。 実際に大学の授業を受けてみて、授業の内容にはついていけていますが、 それよりも日常会話が難しく感じています。 特に、他の国からの留学生との会話ではそれぞれ特徴があるので、苦労しています。 事前の英語の勉強はやり過ぎるということはありません。 とくに、日常会話だけでも出来るようにしておいた方がいいと思います。

今後留学する人へのアドバイス

私は、コースが終わったら、とりあえず日本に帰って在籍中の会社で継続勤務をします。 でも、ここでの経験を仕事に活かして、ゆくゆくはキャリア・アップしたいと考えています。 留学を考えている人は、是非、留学への一歩を踏み出したほうがいいと思います。 私も、踏み出すまで時間がかかりましたが、踏み出してからは異様に早かった気がします。 まだ、留学生活は始まったばかりで先も長いので、これからどんなことがあるのか楽しみでもあり、 不安でもあります。 異国で生活するということは、いい意味でも悪い意味でも何もかもが日本とは違います。 そんな経験が出来たことは、自分の人生においてすごく良かったと思います。

彰平さん 留学先:アメリカ・カンザス州

千葉県出身 19歳。アメリカで多くのことを学んで、将来は企業家に!〜Kansas Wesleyan Universityに進学〜

日本の受験制度が合わないと思いだしたのがきっかけ

日本の私立高校に通っていた自分ですが、2年生の秋頃に自分には日本の受験制度が合わないのではないかと思いだしました。そこから、留学へと目が向いたのがきっかけでした。実際に留学を決意してからは、「成功する留学」に相談しながら留学の実現に向けて準備を進めていきました。

自分に向いている大学をよく考えた結果、奨学金制度を利用してLiberal Artsへ

留学を考えた当初は、アメリカの大きな総合大学に行きたいと考えていました。が、自分がこの留学でまず何をしたいのか、そして大学を卒業した後どうしたい のかという自分の将来計画&金銭面についてよく考えた結果、自分に向いているのは総合大学ではないと思いました。まず英語を集中的に勉強し、仲のいい友達 を作りたいと考えていた私にとっては、小規模な大学の方が向いていると思い、Liberal Artsの大学を考えるようになったと同時に、奨学金の話も聞いたことで自分の行きたい大学の方向を絞っていきました。その後は、奨学金を受け取れるレベ ルになるようひたすら勉強しました。

大学生活は喜びと苦労の日々

アメリカに来てからは、3週間の英語研修を経て現在はKansas Wesleyan UniversityでBusiness Administrationを専攻しています。日本での英語の勉強は、語彙力があれば教科書の内容も友達が話している内容も分かると思ったのでとにかく 語彙力をつけることに専念しましたが、現地での授業がいざはじまると、やはり苦労の連続です。特にReadingでは苦労していて、Readingのス ピードが遅いと授業についていけません。授業中に「ここを読んで」と言われても、大体自分だけ時間が足りないことが多々あります。あとは文法の大切さも実 感しています。大学では多くのEssayを書く必要がありますが、特に冠詞を間違えることも多く、文法ももっと勉強しておけばよかったと痛感しています。 それでも、大学生活は楽しんでいます。特に、友達の勧めでChoir(聖歌隊)に入ってからは、友達の輪は格段に広がりました。

将来の夢&これから留学する人へのメッセージ

これからの計画は、今通っているアメリカの大学を3年で卒業してUniversity of MichiganでMBAを卒業することが目標です。プラス、Law Schoolにも行って、将来は弁護士資格を持っている企業家か、ビジネスを得意分野とする国際弁護士になりたいと思っています。 英語を短期間でマスターしたいと思っている方は、日本人がいそうもない、あまり知られていない州の小規模な大学に行くことをお勧めします!アメリカに来て まで日本人と日本語を話し続けてても、何も意味がないと思います。日本語は日本で、アメリカでは英語でと割り切ってしまうぐらいの気持ちがあればすぐに英 語は上達すると思います。

一人ひとりに合わせたキャリアプランを明確にすることから始めます。
将来を見据え、目的に則した進路選択をご提案します。

カウンセリング予約

海外進学、高校留学の詳しい専門パンフレットがございます。
資料は5冊まで無料でお届けします!

資料請求


  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート