高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

ニュージーランド ワーキングホリデービザ情報(2016年)

以下の表は、2016年度の募集要項です。ただし、ビザの規定はよく変更になるため、昨年の規定と同じとは限りません。
希望者はニュージーランド移民局のサイトをこまめにチェックしておきましょう。


対象年齢 18歳〜30歳
定員数 発給制限なし
滞在期間 最長1年(園芸やブドウ栽培の業界で3ヶ月以上の季節労働をした者に限り、3ヵ月の滞在延長が可能。)
就学期間 6ヵ月まで
就労期間 ビザ有効期間内なら制限無し
申請の条件 1)日本国籍を有している
2)扶養する子供を同行しない
3)休暇を過ごす目的で、12ヵ月までの長期滞在を希望する者
4)健康、かつ犯罪暦のない者
5)滞在費としてNZ$4,200程度の資金と、帰国用の片道航空券、もしくはそれを購入できる資金を所持していること(資金証明証は不要だが、入国時に確認することがあるので、滞在費を証明できるものを持参した方がよい)
6)一度もニュージランドのワーキングホリデー・ビザを取得していない者
7) パスポートの有効期限がニュージーランド出国予定日より、最低でも3ヶ月以上あること
8) 健康条件および人物審査の基準を満たしている者
申請方法 ニュージーランド移民局のサイトより、オンラインにて申請を行います。審査結果は申請提出から5日程度で、メールにて送られます。
ニュージーランド国外からのビザの申請の場合、申請後20日以内に胸部エックス線検査が義務付けられております。検査後、任意の用紙を指定病院の医師に記入してもらい、移民局宛に郵送する必要があります。ビザの申請は余裕を持って行いましょう。
申請先 ニュージーランド移民局

申請サポート料

ニュージーランドワーキングホリデービザ申請は本人申請のみとなり、代理申請はできません。地球の歩き方「成功する留学」では当社有料プログラムにお申込みの方のみにビザ申請手引書をお渡しします。
※大使館指定病院のリストもお渡します。

>>ビザ申請サポートはこちら

※日本国籍の方のみ
※別途レントゲン検査受診料、レントゲン検査結果の移民局への郵送料がかかります。

※ビザ申請時にかかる費用は実費です。
※当社によるビザ申請サポートはビザの発給を保証するものではありません。
ビザが却下されてしまった場合でもビザ申請サポート料は一切お返しできませんので、ご了承ください。

短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート