• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
アジアNo1エージェント殿堂入り ありがとうキャンペーン第1弾

銀行口座開設は早めに手続きを

まずはイギリスの銀行口座について説明します。

現金よりもカードやオンライン・バンキング

欧米はキャッシュレス社会。日本のように現金をたくさん持ち歩く人は少ない。多額の現金を持ち歩くのは危険だということ、デビットカード、クレジットカード、コンタクトレスカードが普及していることなどがその理由だろう。普段の買い物は現金や各種カードで事足りるが、学校の授業料や電気・ガス料金、家賃などの支払いはたいてい自動引き落としやオンラインバンキングで行われる。滞在期間が1年を超える場合は、現地でカレント・アカウント(当座預金口座)を開いて、デビットカード/クレジットカードやオンラインバンキングでの支払いが便利だ。

口座の種類

イギリスの銀行の口座は大きく分けて次の2種類がある。

当座預金口座 Current Account

通常利子はつかず、口座種類によっては最低金額を保持していないと、口座維持費がかかるものもある。ただし、このタイプの口座が一番簡単に開くことができる。同時にキャシュカードとデビットカードを兼ねたオール・イン・ワンタイプのカードと、オンラインバンキング機能を申し込むことができる。
銀行によっては下記のSavings Accountと同時に開設することを薦めてくれることがある。

普通預金/定期預金 Savings Account

口座種類により利率は異なるが利子がつく。当座預金と併設して、日々の生活には当座預金、当面使う予定の無いお金はこちらの口座に入れておくとよい。口座間のお金の移動もオンライン・バンキングで瞬時に行うことができるので大変便利。

当座預金は便利

もし当座・普通か1つの口座を開設するのなら、生活するうえでの便利さという点で、当座預金をすすめる。オンライン・バンキングの普及のおかげで、わざわざ銀行に足を運ぶ必要がなく、常に自分の口座の状況をチェックすることが可能で、支払い等も瞬時に行うことができ、しかも個人口座の場合は無料。また、ある一定期間口座を維持していると、信用が付き、銀行発行のクレジットカードの申請も行うことができる。

口座の開設方法

銀行を決めたら窓口で手続きを行う。カスタマーサービスの行員の指示にしたがって申込用紙に必要事項を記入し提出。その際にIDの提示も必要。通常は、パスポートとビザ(BRPカード)、さらに住所証明が必要。住所証明は、通常光熱費などの請求書から2つ必要。しかし、留学生の場合、ホームステイ滞在やフラットシェアタイプの物件に住む人が多いため、自分名義の光熱費請求書はないため、口座開設に苦労するケースが多いため、自分の通っている学校に、現住所を含む紹介状を書いてもらい住所証明の代わりとする場合が多い。ただし、口座開設に必要な書類内容や手続きは、銀行によって異なるので、詳細は銀行に直接問い合わせよう。

銀行のキャッシュカード

キャッシュカードPlastic cardは、口座を開設して1~2週間で郵送される。カードの暗証番号Personal Identification Number=PIN codeは、銀行側で決めたものがカードとは別に届くが、ATMで変更が可能。なお、暗証番号は絶対にカードと一緒に保管しないこと。暗証番号は銀行員でも聞いてくることはないので、絶対に他人には教えないこと。

ATM利用上の注意

ATM機の使い方は日本とほとんど同じだが、イギリスのATM機は路上に面して設置されていることが多いので、利用するときは、周りに不審な人物がいないか、よく確認しよう。また、夜間や治安の悪い地域での利用はなるべく避けること。

口座への入金

自分宛の現金を入金するときは、銀行に備え付けの入金伝票Paying-in slipに必要事項を記入し銀行の窓口へ持って行く。同じ銀行であれば支店からでも入金でき、通常は手数料はかからない。

銀行を変える

転校などで遠くへ引っ越す場合、銀行口座も移動しなければならない。新しい滞在先で口座を開く手続きを終えたら、前の銀行に手紙を書いて、口座を閉じる旨を伝えよう。口座の残金は、前の銀行から新しい銀行宛てに送金される。これは銀行間のやりとりだが、手紙は必ず自分で書いて送ること。手紙には、前の銀行での口座番号を記しておく。手続きの詳細は、直接現地の銀行に問い合わせよ

預金通帳はない

当座・普通いずれの預金口座にしても、日本でいう「通帳」はない。残高やお金の出し入れの記録は、銀行から送られる利用明細書Statementで知らされる。利用明細書は定期的に送られてくるが、請求すればいつでも送ってもらえる。もちろん銀行の窓口やATMでも残高を確認することができる。

口座開設にはパスポートと同じサインを

日本での実印の役割を果たすのが、サインです。口座開設の際は、漢字でもかまわないので、必ずパスポートと同じサインを。海外で自分の身分を証明することのできる唯一の書類はパスポート。これと違うサインをしてしまうと、同一人物であるかの確認に時間がかかってしまいます。稀にパスポートにブロック体のローマ字でサインをしている人がいますが、誰にでもまねできるものをサインとは呼べません。この場合は、銀行口座開設の際には日本語のサインをしましょう。

銀行用語

withdrawal引き出し
deposit預け入れ
savings account普通預金口座
current account当座預金
CD (Certificates of Deposit)定期預金
balance残高
interest利子
foreign exchange外国為替
ATM cardキャッシュカード
bank clerk銀行員
teller窓口にいる銀行員

イギリス留学の実現に向けて、まずは相談してみよう!

無料留学相談

イギリス留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

銀行口座開設のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
成功する留学 ミニ留学フェア 11月26日(日) 10:00
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート