• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
「成功する留学」奨学金制度

イギリスの大学で学ぶ

世界的にもレベルが高いイギリスの大学教育

オックスフォード、ケンブリッジに代表される長い伝統をもつイギリスの大学は、世界的にハイレベルな教育水準を誇り、真剣に学問をしたい人には憧れの場と言えるだろう。

1年次から専門分野の勉強を始める

イギリスの大学は、ハイレベルな教育を提供するという点で定評がある。その最も大きな特徴は、イギリスの大学には、日本の大学で1~2年次に学ぶ一般教養課程というものがほとんどなく、学部課程(undergraduate)の最初から、専攻内容に踏み込んだ教育が行われる点だ。

最短3年で学位が取得できる

大学やカレッジで学位取得を目指す場合、右記のような2年間のファウンデーション・ディグリー・コースを履修することも可能。

ファウンデーション・ディグリーとは

Higher Education レベルの学位で、大学と企業が共同で開発したプログラム。アカデミックな科目に加え、企業研修などを含む実践的なコースが特徴である。

3年間のディグリー・コース

Bachelor of Arts(BA =文学士)やBachelor of Science(BSc=理学士)といった学士号の取得を目指す。学士コースは、イギリスでは一般に3年間で修了する。

スコットランドの大学

スコットランドの学士号コースは、通常、4年制となっている。

4年間のディグリー・コース

イングランドの大学のサンドイッチ・コースと呼ばれるコースは、通常の3 年間の学士号コースに1年間の企業研修や留学をプラスし、4年かけて学士号を取得する。エンジニアリングやビジネス・スタディーなどのコースに多く、また、語学専攻の場合は、専攻の外国語が話されている国で1年間研修することが義務づけられている。
医学、獣医学、建築学などのコースでは、学位取得に5 ~ 7 年かかる。

学士課程にはいろいろな形式のコースがある

学士課程には、ひとつの科目だけを専攻し、その教科を狭く深く研究するシングル・オナーズ・コースSingle Honours Courses、2つ以上の科目を同時に専攻し、複数の学位取得を目指すコンバインド(ジョイント)・オナーズ・コースCombined/Joint Honours Courses、専攻する学科にしばられず、さまざまな学科での単位取得が可能なモジュラー・ディグリー・コースModular Degree Courses などがある。

授業形態

大学の授業は、「レクチャー(講義)」、「セミナー(ゼミ)」のほか、指導教官と学生1~3人で行われる「チュートリアル」などの組み合わせから成っている。もちろん、自然科学系や芸術系の分野では、これに実験、実習が加わる。

成績

コース修了時の最終的な成績は、年度ごと、もしくは学期末ごとに行われる各試験の総合的な評価によって下されるのが一般的だ。最終成績は、上からFirst class honours、Upper second-class honours、Lower second-class honours、Third class honours、Passの5段階評価となっている。

イギリス大学の授業料は安くない

イギリスの大学は、イギリス/EU圏内からの学生用と、International Students用の2種類の学費を設定している。イングランドとウェールズの大学の学費が大幅に値上がりしたため、かつてほどの差はないものの、やはり留学生向けの授業料は安くはない。授業料は大学や学科によって異なるが、人文科学系よりも、実験等を行う自然科学系のほうが高いのが通常だ。人文科学/社会科学系で9,000~15,000ポンド、自然科学系は9,500~19,000ポンド、医学/歯学/獣医学の臨床課程だと10,000~37,500ポンドくらいが目安。また、大学準備コース(ファウンデーション・コース)は6,000~12,000ポンド程度。

大学のレベルは?

イギリスの大学には日本の偏差値にあたるものは存在しないが、大学によって格差があることは事実だ。なかでも、オックスブリッジ(オックスフォード大学とケンブリッジ大学の総称)は、世界的に知られた別格の存在。

大学ランキング

大学のランキングは、新聞社The Timesの“The Times Good University Guide”などで参照することができる。また、各大学が入学基準として要求する、統一試験GCE-Aレベルの結果、すなわち受験した科目のグレード(AからEまである)でも、大学のレベルを図ることが可能だ。当然、Aレベルのポイント数を多く要求する、また高いグレードを要求する大学(学科)ほど、難易度が高い。
大学が要求するグレードを知るにはUCASの“The Big Guide”、Trotman 社刊の“Degree Course Offers”を参考にするとよい。

自分に合った大学を選ぶことが重要

一般に長い伝統をもつ大学のほうがレベルは高いと思われがちだが、「環境学」や「開発学」といった新しい学問は、新しい大学でも高い水準を誇っているところが多い。大学のランキングは8つのカテゴリーごとのポイントの合計で出され、毎年変動するものなので、大学選択の際、ランキングにこだわりすぎる必要はない。また、どの大学でも最終成績は一律の基準で評価されるため、出身大学の名前以上に、どの成績を修めたかが重視される傾向もある。大切なのは、自分が具体的に何を学びたいかということ。このことを明確にし、その分野を学ぶための学科がどの大学にあるのか、その大学には進学準備コースがあるのかなどから、どの大学が最も自分に適しているのかを見極めよう。

大学の評価がわかる、イギリス大学関連オフィシャルサイト

イギリス留学の実現に向けて、まずは相談してみよう!

無料留学相談

イギリス留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

イギリスの大学(学士号コース)のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
成功する留学 ミニ留学フェア
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート