• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年5月 春 東京・大阪・名古屋で開催!

フラットの部屋探し

学校に相談してみる

学校のアコモデーション担当者に相談してみよう。空き部屋情報や情報の入手方法などを教えてくれるはずだ。ただし、あくまでも部屋探しの相談窓口となる程度なので、設備や立地条件は自分で確認してから、検討しよう。

学校の掲示板をチェック

学校のステューデント・オフィスや図書館などには、「部屋貸しますRoom for Rent」の告知がよく出る。大規模な学校や大学であるほど、学生同士でハウスシェア/フラットシェアをしているケースが多く「ひとりがフラットを出るので、新しいシェアメイト募集」といった告知も豊富だ。このような情報は、張り出されたその日に決まってしまうことも少なくない。よさそうな物件を見つけたら、すぐ連絡しよう。ただし、契約は条件を確認して慎重に。

口コミを活用する

クラスメイトや友達にも、部屋を探していることを宣伝しておこう。運がよければ帰国する人の後がまや、フラットを出る人の代わりとして声がかかるかもしれない。知り合いの紹介なら前の住人から住み心地などについて聞くことができるし、大家さんも好意的だ。

フラット周辺の治安には気を配る

住居探しで何より気をつけたいのは、周辺の治安だ。家賃は安いほうがいいと思うのはもっともだが、身の安全はお金で買わなくてはならない。あまりに安いところは、何かあると思ったほうがいい。昼間は平和そうに見えても、夜は危険な地域に変貌することもある。地元の人たちのアドバイスをよく聞いて、住まいを決めるようにしたい。

契約期間は6ヵ月以上が原則

2週間や1ヵ月など、短期で借りられるフラットは非常に少ない。基本的に、フラットの契約期間は6ヵ月以上。つまり、フラット滞在は長期留学の学生向けだ。契約途中で解約すると違約金を取られたり、契約のときに支払ったデポジットが戻ってこないこともあるので、注意したい。

ベッド・シット

ベッド・シットBed-sittingという滞在スタイルは、1階に住んでいる大家が2階の3~4部屋を人に貸すという民家の間借り形式。部屋で自炊もでき、また、多くが住宅地にある。

不動産広告用語

ALL MOD CONSAll Modern Convinience(全完備)
availavailable(空いている)
BILL光熱費
G/Fground floor(1 階)
EXCLexclusive(縲怩ヘ別)
furnfurnished(家具付)
GCHGas Central Heating(ガス暖房)
grdngarden(庭)
INCLinclusive(縲怩ワむ)
M/Fmale or female(男性、女性を問わず)
momonth(1ヵ月)
MWMicrowave(電子レンジ)
N/Snon smoking(ノンスモーカー希望)
nrnear(近い)
PCMPer Calender Month(月極)
secsecurity(防犯装置/デポジット)
sepseparate(別々)
unfurnunfurnished(家具なし)
WMWashing Machine(洗濯機)

フラット探しあれこれ(入居前編)

フラット探し

フラットの探し方は、自分でいろいろな媒体の広告を見て探すか、不動産屋(エステートエージェト)を介して探すことになる。希望のエリアがあれば、そのエリアの図書館やニュースエージェントの掲示板の張り紙を見て、直接、大家さんとコンタクトを取り下見の日時を決める。また、ローカルの新聞やフラット情報専門誌(LOOTルート、週3回発行 6 www.loot.com)で探すこともできる。不動産屋を介して探す場合、物件の紹介は無料だが、契約の段階で手数料がかかる。ロンドンには日系の不動産屋もある。まず、契約手数料などの条件を確認してから、自分の希望に合った物件を探してもらおう。

契約

フラットの契約は通常 6ヵ月以上だが、大家さん(ランドロードLandlord)によっては、6ヵ月未満の任意の期間で貸してくれることもある。ランドロードによっては、書面での契約(コントラクトContract)がないこともあるが、後でトラブルにならないよう、できる限り書面で契約すること。また、契約時に学校の在籍証明書、家賃の支払い能力を証明する書類などが必要になる場合も。

家賃・デポジット

入居前に支払う費用は、通常、家賃(Rent)1ヵ月とデポジット(Deposit)。デポジットはレントの 1ヵ月分が通常で、契約期間が終了し退去後に返却される。また、レント以外の支払い(光熱費、電話代、カウンシルタックスなど)もきちんと確認すること。フラットシェアの場合、光熱費が、大家さんの負担なのか入居者で分担して支払うのかなども、事前に確認しておこう。

フラット探しあれこれ(入居後編)

インベントリーチェック

インベントリーチェック(Inventory Check)とは、入居時・退去時に行われる付属家具および建物内部の状態を確認し記録すること。入居者(Tenant)、ランドロード、専門業者、不動産屋の間で行われる。退去時のチェックで何か破損していた場合には、デポジットから差し引かれることがある。通常、物件のメンテナンスは大家の責任なので、外装、内装の損傷や電気器具の故障などがあったら、すぐに大家さんまたは不動産屋に報告して対処してもらうようにしよう。

問題が生じた場合

普段から大家さんや不動産屋とは仲良くし、何か問題が生じた場合は、すぐに連絡をして対応してもらうのがベストだが、契約前に退去しなければならない、デポジットをなかなか返してくれないなど納得がいかない問題が生じることもある。話がこじれて解決できない場合は、法的なアドバイスを無料で得られる、シチズン・アドバイス・ビューローに相談してみるのも方法だ。相談する前に、事情を英語で説明できるように要点をまとめておこう。最寄りのシチズン・アドバイス・ビューローは、ウェブサイトで調べることができる。

フラットシェアの注意点

事前にシェアメイト全員と面接を
入居を決める前に、シェアメイト全員と会うことをおすすめします。バスルーム、キッチンなど、共有スペースの掃除は誰がどのようにしているのか、チェックも忘れずに。日本人のようにきれい好きな人は少ないので、結局、気になる自分がいつも掃除をするはめになることもあります。
部屋にカギがあるか確かめる
自分の部屋に鍵が付いていない場合は、付けてもらうよう要求するか、初めから借りないほうがベターです。自分の部屋は自分が管理するものです。いくら信用のおける人たちだけで住んでいても、その人たちを訪ねて出入りする人の数がそれだけ多くなるのですから、お互い嫌な思いをしないため、自分の部屋の中には人が勝手に入らないようにしておくべきでしょう。電話などもできるだけ共有は避け、自分用の回線を引くか、携帯電話を利用するほうが後々のトラブルを防ぐことになります。
住民税は個人にかかる
フルタイムの大学生や専門学校生、または、週21時間以上、13週間以上(地域により規定が異なります)の受講申し込みをしている語学学校の生徒以外は、Council taxと呼ばれる地方税の納税義務が生じます。他の住人は全員免除であったとしても、住んでいる個人にかかるものですので、注意してください。学生は免除とは言うものの、Council(区役所)から請求が来た場合は、学校書類を証明として提出する必要があります。

イギリス留学の実現に向けて、まずは相談してみよう!

無料留学相談

イギリス留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

フラットの探し方のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
成功する留学フェア2018年5月
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート