• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
成功する留学フェア 2017年10月 秋 東京・大阪・名古屋で開催!

盗難・紛失に遭ったとき

現金

第一に、多額の現金は持ち歩くのも、家に置くのも非常に危険だということを肝に銘じてほしい。盗られた現金は、まず戻ってこない。万一全財産をすべて盗まれてしまったら大変だ。現地生活を継続することが不可能になるばかりか、明日の生活や帰国にも困りかねない。警察にすぐに届けを出し、当面のお金の捻出方法を考えなければならない。最も手っ取り早いのは、クレジットカードでのキャッシング。次は日本からの送金。その国に支店のある銀行からなら、最速で翌日には振り込まれる。

クレジットカード、銀行カード

盗難や紛失に気付いたら、すぐにカード会社や銀行に連絡をし、他人が利用できないようにしてもらおう。これはとにかく迅速に。連絡が遅れた分だけ、他人に利用される可能性が高くなる。連絡をしたら担当者の指示に従って再発行の手続きをする。カード番号や緊急連絡先をあらかじめ控えておけば、いざというとき、迅速に対応することができるだろう。

パスポート

まず、警察へ。そこで「紛失・盗難届受理証明書」をもらう。その書類と、パスポート再発行のための必要書類(①大使館・総領事館備え付けの一般旅券再発給申請書②写真(45mm×35mm)2枚③ 大使館・総領事館備え付けの紛失届④その他本人と確認できる書類)を持って、大使館か総領事館で再発行の手続きをとることになる。紛失に備え、コピーをとっておくかパスポート番号や発行日などを控えておくとよい。帰国直前に紛失した場合は、「帰国のための渡航書」の発行を受ける。これは帰国のためのものなので、途中他国に立ち寄ったりすることはできない。他国で乗り継ぎをして帰国するような場合は、大使館/総領事館に相談しよう。

所持品

盗難に遭ったら、警察に届けよう。海外旅行保険で携行品盗難の保険をかけていた場合、警察で発行してもらう「紛失・盗難届受理証明書」が必要になる。これを保険会社に提出すれば、規定に従って補償されることになる。

海外旅行保険の資料請求・申し込み

「成功する留学」のウェブサイトから、「留学&ワーキングホリデー特別仕様保険」の資料請求や申し込みが可能。※オンライン申し込みは留学期間が1年までの場合のみ

ワーキングホリデー総合案内

どの国でワーホリする?

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

盗難・紛失に遭ったときのページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
成功する留学フェア
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート