• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

ワーホリメーカー向けの仕事って?

日本食レストランでのウエイター、ウエイトレス、キッチンハンド(厨房の手伝い)、みやげ物屋の店員、ツアーガイド、美容室のアシスタント、通訳、翻訳、日本語教師、家庭教師、農作業、ホテルのハウスキーピング、オ・ペア(住み込みのお手伝い)、ベビーシッター、パン屋やスノーボードショップの店員など、いろいろな種類がある。

選ばなければ仕事は見つけることができる

日本にいる感覚で仕事を選んでいるとなかなか見つからない可能性が高いが、何事も経験と思って、「来るもの拒まず」の気持ちでいれば、何かしら仕事は見つかるはずだ。ただし、時給面、その他の待遇面は、日本とは違うことを覚悟しておいたほうがいい。日本と比べて物価が安い国は、時給も低いのが普通だ。

語学力があれば、仕事探しは有利

日本人相手の仕事など、語学力にまったく自信のない人にもできる仕事はあるが、語学力があれば、可能性が広がる。さらに、パソコンのスキルなどの専門技能があれば、仕事探しはそれだけラクになる。

滞在費と食費がタダになるエクスチェンジ・ワーク

報酬目当てではなく、とにかく働く体験をしたいという人には、エクスチェンジと呼ばれる方法もある。これは、バックパッカーズや農場などで、無給で仕事をする代わりに住むところと食事が与えられるというもの。個人宅に住み込むオ・ペアに似ている。

日本人であることや特技を活かした働き方も

オーストラリア、ニュージーランドは特に日本語教育が盛んな国でもある。幼稚園や小学校、または語学学校で成人を対象に日本語を教えたり、剣道や空手、お茶、習字などの日本の文化を伝えたり、ピアノやそろばんを教えるなど日本人であることや、自分の特技を活かしてできることもある。ただし、実際はお金をもらって教えるということは少なく、ボランティアとして教える人が多いようだ。

実際話して得られる事は無限大。ワーホリ経験のあるカウンセラーに相談してみよう!

無料留学相談

ワーキングホリデー総合案内

どの国でワーホリする?

働くのページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート