高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

成功する留学トップ > 海外高校・大学・大学院進学 > 海外大学進学・MBA > 条件付入学制度

進学セミナー

語学留学個別相談会
2016/12/10(土)【東京】

語学留学個別相談会
2016/12/14(水)【東京】

語学留学個別相談会
2016/12/17(土)【東京】

語学留学個別相談会
2016/12/21(水)【東京】

【Christmas Eveも開催!】語学留学個別相…
2016/12/24(土)【東京】

条件付入学制度
(TOEFL・IELTSなしの進学)

地球の歩き方「成功する留学」では、海外の大学・大学院への進学サポートを行っています。

出願時、英語力が足りないと悩まれる方もいらっしゃいますが、TOEFLやIELTSのスコアがなくても、高校・大学の成績やエッセイなどで合格内定を貰うことができる制度があります。

すべての学校がこの制度を持っているわけではありませんが、この制度を条件付入学制度といいます。この制度を利用する場合、実際の入学は、規定の英語力を満たしてからとなります。

英語力がまだ足りないけれども内定を早い段階で貰い、語学の習得に専念したいという方にお勧めの制度で、地球の歩き方「成功する留学」ではこの制度を利用してのサポートもしています。


日本の大学と併願が可能です

英語力がないと海外の大学への留学が出来ないと思っている方がいますが、多くの海外の大学や大学院は、TOEFLやIELTSのスコアが無くても出身校の成績やエッセイを提出することで合格内定がもらえます。このようにTOEFLなしで大学から合格がもらえるシステムを条件付入学制度といい、アメリカ、イギリス、オーストラリアにはこの制度を利用できる大学が多くあります。ただしトップレベルの有名大学の多くは、出願時にTOEFLのスコアが必要です。

このように多くの海外の大学はある程度の成績があれば、英語力がなくても合格内定を出してくれます。審査にあたっては、上記で述べた出身校からの成績証明書、志望動機を記したエッセイのほかに、推薦状や財政能力証明書などの書類が必要です。そして大学から合格内定が出てから、入学時期に向けて英語の勉強をしても間に合います。

日本の大学と併願する場合は、最初に海外の大学に出願をしておき合格通知をもらったあとに、日本で受験をして国内で進学するか、海外に留学するかを決めることが出来ます。

まずは大学から合格内定をもらおう

出願先の大学から合格内定をもらったあとは、大学が指定している語学学校に通い、そこでの英語レベルが上級に達すると大学への正規入学が出来ます。学校によっては英語レベルが中級以上になると、あまり英語力を必要としない簡単な正規授業を大学で取りながら、並行して英語の勉強が出来るところもあります。大学によっては、入学までにTOEFLスコアの提出を求める場合もあります。

TOEFLが無くても取りあえず語学留学という選択をしてしまうと、大学の出願締め切りまでに英語力がつかずに間に合わず、結局大学への入学時期を逃してしまうことがあります。 確実な留学の方法として、まずは大学から合格内定をもらってから留学をすることをお勧めします。

TOEFLですが、iBT方式になってから以前と比べとても難しくなっています。英語に自信の無い方は上記の方法で、事前に大学から合格内定をもらい留学して英語力とカレッジスキルを身に付け、大学に入学するのが早道と言えるでしょう。

一人ひとりに合わせたキャリアプランを明確にすることから始めます。
将来を見据え、目的に則した進路選択をご提案します。

カウンセリング予約

海外進学、高校留学の詳しい専門パンフレットがございます。
資料は5冊まで無料でお届けします!

資料請求


  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート