高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

成功する留学トップ > 海外高校・大学・大学院進学 > 高校留学

進学セミナー

語学留学個別相談会
2016/12/10(土)【東京】

語学留学個別相談会
2016/12/14(水)【東京】

語学留学個別相談会
2016/12/17(土)【東京】

語学留学個別相談会
2016/12/21(水)【東京】

【Christmas Eveも開催!】語学留学個別相…
2016/12/24(土)【東京】

海外の高校へ留学しよう!

地球の歩き方「成功する留学」では、様々な期間の高校生向け留学プログラムを用意しています。

4つの留学タイプ
卒業留学タイプ 1年留学タイプ交換留学タイプ短期留学タイプ

「卒業留学」タイプ

個人が自分の意思で、外国の学校に進学して卒業を目指す留学。現地の教育課程を修了することになるので、相当な覚悟と努力が必要です。 もちろん、費用もそれなりにかかります。帰国後の進学や就職など、長期的な計画を立てることが重要となります。


期間 約2年以上
対象 誰でも、いつからでもOK。ただし、各国ごとに教育課程が異なります。たとえばイギリスの中学に1年次から入りたいという場合には、日本の小学校高学年から準備しなければなりません。
語学力 一般的な日本の中学・高校レベルの英語力があればOKです。数多くの学校には、ESLと呼ばれる留学生のための特別英語コースがあり、英語に慣れないうちは、そのクラスで学ぶことができます。
目的と成果 海外の教育課程で学びたい、海外の学校を卒業したいという人向き。英語に習熟することができます。
長所 学校やホームステイ先など、自分にぴったりと合うところを選べます。現地の生徒も含め、各国にたくさんの友達を持つことができ、留学するのが早ければ早いほど、外国語力は高まります。
短所 留学費用として年間100〜500万円もの費用がかかります。また、留学するのが早ければ早いほど日本人の価値観(ものの考え方)から遠ざかってしまう場合もあります。
費用 中学でも高校でも、学費と滞在費をあわせて年間100〜500万円。

このページのトップへ

「1年留学」タイプ

私費で指定の学校に1年間留学する方法です。留学中の取得単位を卒業単位に認定するかどうかの決定権が校長にあるなど、 ほとんどの日本の学校で、交換留学と同様の対応を取っています。留学後は復学するか、そのまま海外の学校で卒業留学を目指すことができます。


期間 9ヵ月〜10ヵ月
対象 中学1年生〜高校2年生(出願時)
アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・スイスなどのいずれかの学校を目指します。
語学力 一般的な日本の中学・高校レベルの英語力があればOKです。語学力がない場合、英語力初級でも学生を受け入れ、かつ、英語の補修クラス(ESL)を併設する学校を選ぶなどの選択肢もあります。
目的と成果 基礎語学力の養成、海外生活体験、異文化体験。
長所 学生の英語力、学習能力に応じた国・地域・学校を選択でき、日常英会話の修得、異文化体験も可能です。また、日本の高校卒業・現地の高校卒業・現地での留学継続など、1年終了時の選択肢が多いのが特長です。
短所 宿泊、授業料を自費で全額まかなうため、交換留学と比べて費用が高くなります。日本の高校に復学する場合、学校の方針によっては留年を余儀なくされることもあります。
費用 300〜500万円程度と、学校によって大きく異なります。

このページのトップへ

「交換留学」タイプ

交換留学とは、高校生だけに許された1年間だけの留学です。目的が「国際交流」であるため、交換留学ができる特定の留学・国際機関を 通さなければなりません。費用があまりかからないことや、本当の意味での異文化体験ができるといった長所があります。


期間 9ヵ月〜10ヵ月
対象 日本の高校に在学している人。
語学力 ゼロでは困りますが、むしろコミュニケーションできる力の方が大切です。留学後は、日常会話程度なら問題なくできるようになりますし、さらに美しい発音で話せるようになります。結果として美しい発音も手に入れることができます。
目的と成果 交換留学の場合、国際交流が大事な目的です。一般の家庭で暮らしながら現地の高校に通うことになりますから、本当の意味での異文化に触れることができます。結果として美しい発音も手に入れることができます。
長所 受け入れ先がボランティアですので費用が安いのがメリット。だいたい1年間に100〜150万円で行くことができます。また、日本での進路選択に大きな影響が出ない点もメリット。
短所 交換留学は取り扱い団体の管理下にありますから、留学先の希望はほとんど通りません。また、選考試験があり、誰でも望めば必ず行けるというわけではありません。
費用 交換留学は、授業料と滞在費を含め約10ヵ月で100〜150万円。

このページのトップへ

「短期留学」タイプ

学校の春休みや夏休みを利用して出かける1〜6週間の短い留学です。語学研修を目的としたものから、サマースクールやスポーツキャンプのように国際交流やスポーツを目的としたものまで、幅広いプログラムが揃っています。旅行感覚で気軽に行けるのも魅力です。 >>中・高校生のための語学研修&海外体験プログラム


期間 1〜6週間
対象 プログラムによって対象年齢が決まっています。中学生でも高校生でもOK。なかには小学生を受け入れているものもあります。
語学力 期間が短いので英語には慣れることができますが、語学力のアップまでは望めません。しかし、英語が得意な人が格段にリスニング力をアップさせて帰ってきた例もあります。不得意な人でも外国人とコミュニケーションができ、英語が好きになることも。
目的と成果 広い体験を積むのが目的です。「とりあえず外国に行ってみたい」、あるいは「卒業留学を目指して試しに行ってみよう」という人にはオススメです。
長所 選考試験や成績による参加資格などもないので、誰でも気軽に出かけることができます。
短所 英語を勉強するにはあまりにも短すぎる期間のため、語学力を上げようという人には不向きです。また、1日に換算してみると、費用は割高かもしれません。
費用 2〜4週間でおよそ30〜60万円。

このページのトップへ

一人ひとりに合わせたキャリアプランを明確にすることから始めます。
将来を見据え、目的に則した進路選択をご提案します。

カウンセリング予約

海外進学、高校留学の詳しい専門パンフレットがございます。
資料は5冊まで無料でお届けします!

資料請求


  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート