高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

成功する留学トップ > 海外高校・大学・大学院進学 > 海外大学進学・MBA > ニュージーランド大学進学サポート

進学セミナー

語学留学個別相談会
2016/12/10(土)【東京】

語学留学個別相談会
2016/12/14(水)【東京】

語学留学個別相談会
2016/12/17(土)【東京】

語学留学個別相談会
2016/12/21(水)【東京】

【Christmas Eveも開催!】語学留学個別相…
2016/12/24(土)【東京】

ニュージーランドの大学へ
進学しよう!

地球の歩き方「成功する留学」では、ニュージーランドの大学へ進学したい方のサポートを行っています。

ニュージーランドには、大学が8校あり、すべてが国立です。実用的な専門課程が多く、日本の高校を卒業したばかりの方は、専攻分野の勉強やアカデミックスキルをファウンデーションコースで勉強する必要があります。

大学だけでなく、公立の専門学校であるPolytechnicへの進学も含め、地球の歩き方「成功する留学」ではサポートします。


ニュージーランド大学留学について知る

ニュージーランドの大学進学事情

ニュージーランド大学 ニュージーランドには、大学が国立の8校のみ。公立の職業訓練を主とした専門学校(Polytechnic)が23校。専門学校を修了した後、単位認定してもらって大学へ編入することも可能です。

日本人の入学基準

日本人留学生の場合、大学へ進学する条件は高校を卒業していること。そして、以下の3つのうちいずれかの方法があります。

  • ファウンデーション・コースを受講する
  • 日本の大学・短大を1年以上修了している
  • 専門学校で修了証書(Diploma)を取得し、大学へ編入

イギリス教育制度からの影響

イギリスの大学同様に、オーストラリアやニュージーランドの大学では、専門課程のみを勉強する場と認識されています。そのため、日本人が進学する場合は、教育制度の違いをファウンデーション・コースなどで補わなければなりません。オーストラリア、ニュージーランド、イギリスは、教育制度だけでなく文化や習慣にも類似点が多いので、物価が安いニュージーランドでファウンデーション・コースを受講し、オーストラリアあるいはイギリスへ進学するということも可能です。

ニュージーランド大学留学プログラム

親日家の多いオセアニアですが、教育制度の違いはあまり知られていません。
「成功する留学」海外大学進学プログラムでは、以下の3つのなかからあなたに最適な方法を選び、
語学力がない方でも着実に進学に結びつくように、あなただけの留学をアドバイスします。

日本の高校を卒業してファウンデーション・コースを目指す方

日本の高校卒業生はファウンデーション・コースに入学する必要があります。ファウンデーション・コースでは、専門分野の予備知識を習得するだけでなく、英語でディスカッションしたり大学で使うコミュニケーション能力を向上することもできる、まさに大学で成功するための準備コースです。

ファウンデーション・コース

大学に1年以上在籍して直接入学を目指す方

イギリス同様、日本で大学に1年以上在籍していた方は大学へ直接出願することができます。
ただし、要求されているTOEFLやIELTSをすでに取得していることが最低限必要です。英語力のない方は、語学コースで勉強してから入学する方法もあります。アメリカと比べて、留学生に対してかなり高い英語力を要求する大学がほとんどです。

ファウンデーション・コース

大学院を目指す方

大学院への入学は、学部レベルでの成績や職歴、エッセイ、英語力により入学が許可されます。
学校によっては、論文提出を義務づけるところもあります。大学院教育は、1年から1年半のコースワークが中心で、自主性を尊重した論文などが多く、基礎的な学習はほとんどありません。リサーチ(研究)主体のコースが多く、最終的に論文審査にパスしなければならないため、かなり高いレベルの英語力が必要となります。

大学に1年以上在籍して直接入学

一人ひとりに合わせたキャリアプランを明確にすることから始めます。
将来を見据え、目的に則した進路選択をご提案します。

カウンセリング予約

海外進学、高校留学の詳しい専門パンフレットがございます。
資料は5冊まで無料でお届けします!

資料請求


  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート