• 成功する留学へのステップ
  • 留学への目的
  • 留学する国
  • セミナー・イベント
  • 語学学校を探す
サイト内検索

成功する留学トップ > 海外体験・目的で選ぶフランス留学 > 本場パリでパン・お菓子作り体験コース > パリで伝統のパン作りコース参加者体験談

TOP パン作り体験コース お菓子作り体験コース プログラム概要 パン作り体験談

本場で体験した本当の美味しさ

伝統のパン作りコース(バケット中心)
名前
宮城 陽子さん
滞在都市
パリ
コース名
伝統のパン作りコース(バケット中心)

このコースに決めたきっかけ

パンは普段からよく作っているのですが、家庭ではなかなか美味しいバゲットを焼くのが難しくて、また美味しいパン屋さんはたくさんあってもやはりバゲットとなると、本場には叶わないだろうな…と思ったから。1度自分の目と舌で体験したい!と思った。


このコースに参加してよかったこと、一番の思い出などこのコースに参加してよかったこと

本場で!と思っていても1人ではなかなか難しいので、このコースに感謝です。 ほんの短い期間でしたが、「Parisで生活できた」というのがうれしい!是非また近いうちに行きたいです。 でも行ったその日に迷子になり、グルグルしてしまったのですが、そのおかげで変に度胸がつきました。。。。


ブーランジュリーでの体験 ブーランジュリーでの体験

全てが勉強になりました!粉・水・塩・湿度と全く日本とは違うのですが、より美味しく豊かな味にするために低温発酵していること。その分イーストが減らせるので、材料のそのままの味を引き出していて、その美味しさに本当に感動しました。自分が作ったパンが店頭に並び、実際にお客様が買っているのを見た時のうれしさは忘れられません!!長い行列でも並んで買っていく姿に、生活の一部に常にパンがあるんだなーって実感しました。


滞在先のホームステイについて

ホテル滞在とは違い、旅行というのではなく、実際に住んでいるように過ごせたことが何より良かったです。とても料理上手なママで、毎日ご飯の時間が楽しみでした!フランス語が分からない私のために、丁寧にゆっくり話してくれたり、絵を書いてくれたりと本当に申し訳ないな…と思ったのですが、逆に仲良くなれたし、とても貴重な時間でした。小学生の娘さんと一緒にスゴロクやカードゲームで遊んでいる時、家族のようになれて楽しかった。

今後コースへ参加する人へ今後コースへ参加する人へのアドバイス

何より最大の不安が言葉の問題だったのですが、フランスの人はとても優しいですよ。身ぶり手ぶりで一生懸命理解してくれようとするし、カタコトでも積極的に会話することがすごく大切だと実感しました。とても人間的に生活している感じがして、みんな楽しそうな表情をしているのが印象的でした。



パリのブーランジュリー (パン屋さん)で本格パン作りを体験

伝統のパン作りコース(お菓子とパン)
名前
大浦美鈴さん
滞在都市
パリ
コース名
伝統のパン作りコース(お菓子とパン)
職業
自宅でパン教室を主宰

このコースに決めたきっかけ

パリの有名な教室へはすでに通っていたので、世界一おいしいといわれるフランスのパンの現場で働いてみたかった!

このコースに参加してよかったこと、
一番の思い出など全体的な感想
お店に並べる販売用に作ったものを食べさせてくれました。

シェフのヴァンソンが、ミルフィユでもチョコレートケーキでも何でも、お店に並べる販売用に作ったものを食べさせてくれました。本当においしかった! 働いている人たちと10時頃のコーヒブレイク。皆でお店から好きな食べ物を自由に持ってきて、コーヒーを飲みながら輪になっておしゃべりしたこと。またホストファミリーの作ってくれるディナーが実においしくて心温まりました。ディナーの後の団らんも写真を見せてくれたりと、素敵な時間を過ごしました。


滞在スケジュール 実際にお店に並べるパン作りのお手伝い

午前中8時から12時までは、街のブーランジュリー(パン屋さん)で、実際にお店に並べるパン作りのお手伝い。午後はフリータイムなのでギリシャ料理やアラブ料理などのランチをとり、散策や買い物などをしてホームステイ先に7時頃戻りました。ディナーは8時頃からみんなでいただきました。


またコース参加の経験が、今どう役立っているか日本へ戻ってから生徒に作らせたので、皆、大喜びでした。

本場の天然酵母(ルヴァン・リキッド)で作る本格フランスパンを学んだことは大きな体験でした。粉やイースト、塩などすべて買ってきて、日本へ戻ってから生徒に作らせたので、皆、大喜びでした。いただいたレシピで作ったクロワッサンもおいしかったです。 でもフランス語のレシピなので大変でした。日本語に訳したレシピが欲しい(要望)


私の留学術 【留学中の節約術】

タクシーは1回しか乗りませんでした。カルネ(メトロの回数券)を買って、すべてメトロと徒歩で回ったのがおもしろかったです。

【住まい】

やや駅から遠かったのを除けば、勤勉なよい家庭でした。
夫婦と2歳になる子供ひとりの 3人家族でした。住居はいわゆる2LDK、わたしには、子供部屋を使わせてくれました。

【洗濯事情】

6泊の滞在だったので、結局、下着類の手洗いだけですんでしまいました。

【おすすめのスポット】

アラブ街のイスラム寺院の隣にあるハマム蒸し風呂、併設されているレストランもGood.

【語学力】

なまじフランス語がまったくわからないのが幸いして、帰りの飛行機などは耳の中にフランス語がこだましていました。本気でやれば「いいかも?!」なんて気になってしまいました。


わたしの留学費用

わたしのコース参加費用(1週間)

研修費用
約20万円

航空券
約7万円

保険代
もともと入っているので

その他交通費
約1万円

現地でのお小遣い
約5万円

 
合計 約33万円


私の生き方も変えた1週間

パリで伝統のパン作り体験コース(バケット中心)
名前
HIROMIさん
滞在都市
パリ
コース名
パリで伝統のパン作り体験コース(バケット中心)

このコースに決めたきっかけ

以前からフランスでホームステイをすることや本場のパン作りの職場で働くことに興味がありました。
ただ、ひとりで海外というのは不安でなかなか踏み出せないでいましたが、1週間という短期だったので気軽に行けるということで決めました。パン屋さんをめぐることができることに魅力を感じたからです。

このコースに参加してよかったこと、一番の思い出など全般的な感想このコースに参加してよかったこと

言葉がわからず不安や苦労があったのですが、何よりもフランスの職場で自分が加わって仕事ができたことは本当に貴重な経験だと思います。そして、ホームステイをして実際にフランスの生活をしたことで、人のやさしさや温かみを感じられるようになったことがとてもよかったです。この経験を通して自分の中の変化を感じ、今までより成長できた気がしています。


滞在中のスケジュール1日のスケジュール

研修の1日目は体験が12時〜17時。2、3日目は研修が8〜12時にありました。2、3日目の午後は自由時間なのでショッピングに行ったり、自分の好きなように過ごすことができました。夜の外出は危ないので毎日18時か19時に帰宅し、ファミリーと食事、団らんを楽しんで23時くらいには就寝しました。


トラブルや悩みはありましたか? その解消法は?トラブルや悩みはありましたか?

1番の悩みは言葉です。聞くことも話すこともまったくできなかったので、到着した日は日本に帰りたくなるほど不安になってしまいました。すごく弱気なっていた私を救ってくれたのがコーディネーターの石川さんです。どうしたらわたしの不安がとれるか考えてくれたり、一緒にいて話を聞いてくれたりしたおかげで不安は解消され、楽しくなってきました。


私の留学術 【住まい】

3人家族で1歳の男の子がいました。大きなベッドがあって落ち着ける雰囲気です。まるで本当に自分の部屋のように鍵もかけられるし自由に使わせてもらいました。

【洗濯事情】

1週間の滞在だったので洗濯はしていません。

【語学力】

出発前は、挨拶程度でしたけれど、少し勉強した文法や単語が使えれば大丈夫と思って行きました。ファミリーも、研修先のスタッフも全く日本語が話せないと知り、とても不安になりました。毎日、みんなの会話を聞くことで精一杯で、自分で話すなんてできませんでした。しかし、聞いたことをすぐ訳したり、どうしても自分でも話して会話をしたいと思って頑張りました。そのおかげで研修が終わるころは聞いた言葉の意味がわかるようになったりしました。


わたしの留学費用

わたしのコース費用(1週間)

研修費用
約20万円

航空券
約10万円

保険代
3000円

その他交通費
約1万円

現地でのお小遣い
3万7000円

 
合計 約35万円

  • 留学についてカウンセラーに相談しよう!
  • 詳しい情報を記載したパンフレットをお届け!
  • お電話でのご相談はこちら!
  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート