• 成功する留学へのステップ
  • 留学への目的
  • 留学する国
  • セミナー・イベント
  • 語学学校を探す
サイト内検索

成功する留学トップ > 留学先を国で選ぶ > フランス留学 > 南仏ニースでフランス語学留学を実現

フランス留学体験談南仏ニースでフランス語学留学を実現

N.M.さん(39歳)

滞在都市
ニース
学校名とコース名
alpha.b  Continuous French
出発前の職業
旅行会社(ヨーロッパ担当)
留学を決めたきっかけ
仕事をしながら、素敵な都市を見つける度にいつか住んでみたいと思っていました。勤務年数とともに住みたいと思う都市はどんどん増えていきました。「いつか、きっと」と思いながら7年が過ぎ、いよいよ決断する機会があったので、実現させました。
なぜフランスを選んだのか?
南仏を選んだ理由は、快晴の空と青い海があるところがよいと思ったからです。行きたいと思う学校は実はアンティーブにありました。その語学学校は、日本人学生もある程度いて、課外活動も豊富にあり、南仏を楽しむための多彩なコースもありました。しかし、9週間という期間を考えると、南仏をあちこち旅行もしたいと思い、その点では、ニースが便利かと判断しました。しかし、ニースの語学学校はドイツ語圏の学生が多く、日本人が少ないと聞いていたので、私のフランス語力でやっていけるかという心配もありました。随分と悩んだのですが、結局、課外活動が比較的多そうなニースの語学学校を選びました。
フランス留学成功!N.M.さん(39歳)

留学中の滞在都市と簡単な滞在スケジュール

1〜5週目:
ニースの語学学校 alpha.b でホームステイしながらフランス語の研修
6〜9週目:
フランス国内を旅行

留学してよかったこと、一番の思い出など全般的な感想

留学のおもしろい点は、いろいろな国籍の人々との出会いでしょうか。本当にさまざまな人生があるのだなと思いました。フランスは労働者が法律によってかなり守られているようで(世界で一番労働者が守られている国ではないかと思います)、労働者の権利や労働条件などをチェコからの留学生(彼女は弁護士でした)とお互いの国の現状を話し合ったりしました。EU各国の現状やEUがこれから進もうとしている方向などについてEU圏内の人々がどのように考えているか意見を聞くことができたので、これまでほとんど無関心だったEUに関する記事も興味深く読むことができると思います。また、ほんの一時ですが、その土地の人間になって過ごすことができるのが留学の醍醐味でしょうか。ニースに滞在していた期間にちょうどサッカーのワールドカップがあり、フランスが決勝まで進んだこともあって、最後まで楽しむことができました。決勝戦はニースの旧市街にある広場のレストランで観戦しました。フランス人に混じって一緒に「ラ・マルセイエーズ」(フランスの国歌)を歌ったのはいい思い出です。研修期間中に2日ほど祝日があり、授業がない代わりにニース近郊への遠足がありました。エズという山の上に隔離されるように造られた中世の街から海辺までのハイキングや、サンジャンカップフェラという半島一周のウオーキングと、地中海の素晴らしい景色を眺めながら歩く楽しいツアーでした。

フランス イメージ

トラブルや悩みはありましたか?その解消法は?

授業は午前中だけでしたので、午後は毎日のようにビーチへ行っていました。ビーチでの昼寝は本当に気持ちが良く、ニースへ来て良かったと思う瞬間ですが、問題は公共のビーチにはまったく日陰がないということです。まるで甲羅干しのような状態です。たった1日で手足はテラコッタ色になってしまいました。日本から持参した日焼け止めは1週間でなくなってしまいましたので、ニースの薬局でSPF50の日焼け止めのボトルを1本購入しました。毎晩日焼け後のための乳液としみを残さないための美容液を欠かさずつけていました。

ビーチ

近況や、帰国後の進路、また留学の経験が、今どう役にたっているか?

旅行ではなく住んでみるという体験はその国や地域の実情を垣間見ることができて、私にとっては非常に貴重なものとなりました。当初の予算をはるかにオーバーしましたので、ただ今、就職活動中です。フランス語はこれからも習い続けていこうと思っています。今回の留学で発音がいかに大事かわかりましたので、発音を学べるコースを受講したいと思います。11月にはフランス語検定にチャレンジする予定です。

フランス イメージ

わたしの留学ひとこと情報!

留学中の節約術

円とユーロの為替レートが過去になく円安の状況でしたので、ただでさえ物価の高いニースなのに、さらに高く感じました。ホストマザーの話では、フランからユーロに移行してから物価が上がったようです。年金の金額はそのままで、物価だけが上がるので、結構生活が苦しくなっているようです。私も、初めは中華料理やベトナム料理のレストランでテイクアウトをして食べたりしていましたが、このままでは当初の予算では足りなくなってしまうと気づき、旅行中は別として、研修中は食材を買って毎日自炊をしていました。また、フランスでは文具用品が高いと聞いていたので、必要になるだろうと予想されるものは日本から持参しました。

住まいは?
ホームステイ先

滞在形式は食事なしのホームステイを選び、1泊19ユーロでした。食事は台所を借りて自炊していました。学校から徒歩20分くらいの比較的静かな住宅街にあるアパートメントの5階でした。ホストマザーの部屋と私の部屋、そして台所とバスルームとトイレという2DKのアパートメントでした。夏休みのため、アメリカから孫が遊びに来ており、3人で過ごすには少し手狭でしたが、部屋には眺めの良いバルコニーもあり、快適に過ごすことができました。何度か花火大会(10分くらいの短いものですが)がありましたが、部屋のバルコニーから真正面に花火が見えたので、ホストマザーの孫と写真を撮ったりしながら見物しました。私は日本食しか食べられないためこのタイプを選びましたが、フランス料理に抵抗のない方には2食付きのホームステイをおすすめします。学校の友人の話では、前菜、メイン、チーズ、デザートとまるでレストランのコース料理のような夕食だったそうです。

洗濯事情は?

洗濯はどうすればいいか、ホストマザーにたずねたところ、「洗濯機を使いたいなら1回5ユーロよ」と言われました。コインランドリーのほうが安いようでしたが、面倒なので、5ユーロ支払ってホストマザーにお願いしました。

おすすめのスポット
フランス おすすめスポット

MULTARI というパンとお菓子のお店がおすすめです。ニースに何店舗あるのか定かではありませんが、私は4店舗見つけました。ニース・エトワール(ショッピングセンター)の裏手とノートルダム聖堂の近くのお店は喫茶のためのスペースがあります。バゲットやクロワッサンがとてもおいしかったです。プロムナード・デザングレに面したマクドナルドの2階からは海が見えます。雨が降っているけれど、海が見たいという時には最高の場所です。ニースから1週間くらいで旅行をするなら、コルシカ島がおすすめです。「美の島」と言われているそうで、ニースの人々には夏休みを過ごす場所として人気があります。ニースの港から船が毎日出ています。私はコルシカ島で渓流下りを体験しました。コルシカの自然を100%体感できるツアーでした。アジャクシオの各ホテルで申し込むことができます。

語学力

フランス語を初めて習ってからかなりの年月が経ちますが、実際に語学学校へ通っていた期間は短く、思っていたほど話せなかったので、留学を決めてから少し不安になり、日本にあるフランス語の語学学校へ留学直前まで3ヵ月通いました。その甲斐あってか、比較的授業にはついていけていたと思います。5週間の研修で、これまであやふやに記憶していた文法が頭の中でかなり明確になったと思います。ただ、やはり感じるのは発音の悪さでしょうか。簡単な単語でも正しく発音しないと通じないということを改めて知ることになりました。帰国後は正しい発音をしっかりと身につけたいと思いました。

わたしの留学費用

留学期間(9週間)
1 学校にかかった費用(食事なしのホームステイ代を含む) 約23万円
2 航空券代 約14万円
3 現地での食費とお小遣い(学校に通っていた5週間) 約15万円
4 学校が終わってからの旅行4週間 約27万円
  合計 約260万円
  • 留学についてカウンセラーに相談しよう!
  • 詳しい情報を記載したパンフレットをお届け!
  • お電話でのご相談はこちら!
  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • 留学セミナー
  • お電話でのお問い合わせ(全国共通)0120-945-504

留学用持ち物リスト&おすすめグッズ

旅行グッズ専門通販サイト「地球の歩き方ストア」

留学におすすめサイズのスーツケースは?変圧器は必要?などの疑問に答える留学持ち物特集!
準備から帰国まで、留学経験者が選んだ留学グッズを留学失敗談とともにご紹介!!
留学用持ち物リスト&カウンセラーオススメグッズはこちら!

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート