高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

成功する留学トップ  >留学ガイド  >留学基礎講座トップ  >留学基礎講座(Step1-2)

留学基礎講座(Step1-2)

地球の歩き方が提供する留学サイト「成功する留学」へようこそ。 こちらは留学基礎講座のページです。
こちらは留学基礎講座のページです。留学が初めてという方へのHow toです。


1.留学の目的を考える2.留学先(国)を決める3.出発までのスケジュールを立てる4.留学期間を決める
2.留学先(国)を決める
英語留学〜イギリスで学ぶかアメリカで学ぶか
 英語を身につけるために留学する人の、最初の選択は国選びだ。アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、マルタが英語圏の国である。
気候の違いもチェックしよう
 留学先の国選びにはさまざまな要素が絡むが、過ごしやすい気候の国や都市を選ぶ傾向がある。寒さが苦手な人は、アメリカ・フロリダやオーストラリア・ケアンズなどがよい。逆に、暑いのは苦手という人はイギリス北部やカナダ、日本が夏の期間なら南半球のオセアニアは冬に当たるため、ニュージーランドという選択もある。ただし、同じアメリカ大陸でも、シカゴの冬は零下10度、20度という寒さだし、海沿いのカナダ・バンクーバーは北に位置する割には真冬でも厳寒になることは少なく、雪の日よりも雨の日が多い。

趣味や相性でも国選びができる
 スキーやダイビングなどのスポーツがしたいとか、観光も楽しみたいとか、英語の勉強以外にやりたいことがあるなら、その目的に合わせた国を選べばよい。また、英語を習得したあと専門的な勉強をするために、専門学校や大学へ進学することを考えているなら、その分野が進んでいる国を選ぶべきだ。

文化や民族性で、相性のいいところを選ぶということもある。アメリカ人の明るさが好きという人、カナダの大自然にあこがれる人、イギリス文化の落ち着きがいいという人、アイルランドの素朴さが魅力という人、オーストラリアの開放感に触れたい人、ニュージーランド人の暖かさにひかれる人。しかし、すぐに気がつくように、アメリカ人はこう、イギリス人はこう、と決めつけるのは乱暴だ。日本人にもいろいろなタイプの人がいるように、人柄は個人に帰属しているもの。また、交通や生活に便利な都会がいいか、広々とした自然に囲まれて勉強に打ち込める環境がよいかというのも選択のポイントだ。

留学手続き面では各国の特徴がある
 ビザ(査証)など手続き面はどうだろう?アメリカは、短期間の語学留学でも週18時間以上の授業を受講する場合は学生ビザの取得が必要。オーストラリア政府に登録されている語学学校にフルタイムで3ヵ月以上通う場合、カナダとニュージーランドに3ヵ月以上留学する場合にも学生ビザが必要となる。 イギリスは6ヵ月までの観光学生ビザ、6〜11ヵ月の長期観光学生ビザ、12ヵ月以上も可能なTier 4ティヤフォーなどがある。手続きの時間がない場合や、書類を揃えるのが面倒という理由で国を絞り込むこともできるが、賢明な方法ではない。やはり留学目的を考えた国選びをしたいものだ。

都市と地方で予算は異なる
 留学先選びの大きな要素には、予算もある。留学の費用は学校によっても異なるが、全体的に見ると、国によっての違いと、都会と地方の違いが大きい。国によっての違いは、為替レートによって変わる。都会と地方の違いは、はっきりしていて、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンの大都市では東京より物価高。バンクーバー、シドニーなども高い。都市部では、授業料だけではなく、滞在費などの生活費も高いからダブルパンチだ。だったら地方の方がいいのかというと、地方では学校の選択肢が少ないから、学校選びのリスクが高くなる。短期のコースがあまりないし、小規模校が多いのだ。試験準備コースでは、都市部の学校のほうが水準が高いという例もある。

つまり、どこを選んでも一長一短であることがわかる。はじめての留学で英語を習得する目的の留学なら、どの国を選んでも大差はないということだ。ある程度英語力がついたら、可能性はグンと広がる。その時はじめて、国選び、学校選びをする価値が見えてくるはずだ。

各国ごとの情報を見る
英語を学ぶ
アメリカ留学 イギリス留学
カナダ留学 オーストラリア留学
ニュージーランド留学 アイルランド留学
マルタ留学
英語以外の語学を学ぶ
フランス留学 イタリア留学
スペイン留学 ドイツ・オーストリア留学

短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート