高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

成功する留学トップ  >留学ガイド  >留学基礎講座トップ  >留学基礎講座(Step2-2)

留学基礎講座(Step2-2)

地球の歩き方が提供する留学サイト「成功する留学」へようこそ。 こちらは留学基礎講座のページです。
こちらは留学基礎講座のページです。留学が初めてという方へのHow toです。


1.留学費用を考える2.学校を選ぶ3.コースを選ぶ4.滞在形式を選ぶ
 
2.学校を選ぶ
語学学校の種類と特徴
 語学学校には、大きく分けて3種類ある。

(1)  私立
(2)  私立キャンパス
(3)  大学付属

(1)私立の語学学校は、語学を勉強したい人なら誰でも受け入れてくれ、入門から上級まで幅広いレベル設定がある。一般英語コース以外にビジネス英語コース、TOEFL・TOEIC・ケンブリッジ英語検定などの各種試験準備コースが用意されていることが多い。

年間を通して毎週月曜日や2〜4週間おきに入学できる学校が多く、いつでも都合のいい時期に入学できるように設定されている。最低受講期間も2〜4週間という学校が多く、短期間で集中的に勉強したい人にも向いている。授業時間は、週15時間、20時間、25時間、30時間とさまざまで、しっかり勉強したい人、フリータイムを楽しみたい人など、ニーズに合った選択が可能だ。

アクティビティーと呼ばれる課外活動が充実しているのも特徴で、放課後には映画やスポーツ観戦、週末には観光地への小旅行が企画されている場合もある。教室での勉強だけではなく、クラスメイトとの交流を深め、現地の生活を体験できる貴重なチャンスだ。

通常、私立語学学校の場合、ホームステイや寮などの滞在先の手配は希望に応じて日本出発前に行っている。現地到着時には空港での出迎えサービスを提供している学校がほとんど。


(2)私立キャンパス(3)大学付属の語学学校では、一般英語の授業に加えて大学進学希望者を対象とした進学準備型の授業を行ったり、進学相談を行ったりすることが大きな特徴だ。ただし、(3)大学付属の学校の進学相談は、付属している大学へ進学することを前提としているのに対し、私立キャンパスで、特に各地にセンターを持つ学校の場合は、情報量も多く、進学カウンセリングも充実していることが多いようだ。

私立キャンパスでも大学付属でも、図書館やスポーツ施設など、大学内の施設が自由に使えることは共通。また、なかには、大学の正規授業を聴講できる制度を持つところもある。

大学付属のコース期間は、大学の学期スケジュールに合わせているため、1学期が8〜16週間と長めであることが多い。普通、コースの途中から入学することはできないため、入学日に合わせて早めの準備が必要だ。でも、私立キャンパスなら大学の学期制とは関係なく独自のスケジュールを組んでいることが多いので、2〜4週間単位での研修もOK。

また、大学付属や公立の語学学校では、授業料や滞在費が私立よりも安めに設定されているのも魅力。ただ、滞在先の手配を自分で行わなければならない場合があるので、注意が必要だ。
その他の条件は?
規模
アットホームな小規模校から各地にセンターのある大規模校まで、語学学校の規模もさまざま。小規模校は学生数も少なく、一人ひとりのニーズに対応したきめ細やかな指導が期待できるが、大規模校では施設やカリキュラムが充実しているなど、それぞれ特徴がある。

ロケーション
同じ国でも地域によって、環境や気候、文化や物価などに違いがある。都心部に住みたいのか田舎町に住みたいのか、どれくらいの規模の町なのかも考慮しよう。大都市には語学学校がたくさんあるので選択肢も多いが、田舎町にはもともと学校が少ないので、選択の幅が限られてしまうことも忘れずに。

予算
予算が限られていると、授業料の安い学校に注目しがちだが、やはり安いなりの理由がある。たとえば、クラスの人数が多く発言のチャンスが少ない、レベル数が少なくて自分に合ったレベルがない、図書館やLL教室、コンピュータなどの設備が整っていない、など。
でも、いちばん問題なのは、先生のレベルが低くて授業の質が悪いこと。いい授業を受けるためにはそれなりの費用が必要なのだ。

短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート