高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

成功する留学トップ  >留学ガイド  >留学基礎講座トップ  >留学基礎講座(Step2-4)

留学基礎講座(Step2-4)

地球の歩き方が提供する留学サイト「成功する留学」へようこそ。 こちらは留学基礎講座のページです。
こちらは留学基礎講座のページです。留学が初めてという方へのHow toです。


1.留学費用を考える2.学校を選ぶ3.コースを選ぶ4.滞在形式を選ぶ
4.滞在形式を選ぶ
滞在方法のいろいろ
留学生活をスムーズにスタートさせるためにも、なるべく滞在先は日本出発前に確保しておこう。多くの語学学校が滞在先を手配してくれるので、学校の入学と同時に申し込むのが安心で確実だ。はじめての留学ならホームステイを選ぶのが無難だろう。

ホームステイ、学生寮、アパート(フラット)のそれぞれのメリットとデメリットを知っておこう。
ホームステイ
メリット デメリット
ホストファミリーとのコミュニケーションを通じて、教科書では学べない生きた会話表現に触れられる。
生活を通して文化や習慣を学ぶことができる。
家族の一員として扱われることによって、家庭的な生活環境が確保できる。
地元の事情に詳しいファミリーに、相談にのってもらえる。
食事や掃除、洗濯などの面倒をみてもらえる。
1週間単位で申し込めるので、短期間の滞在でもOK。
ホストファミリーの生活ペースに合わせて生活しなければならない。
食事が口に合わなかったり、家族と相性が合わないことがある。
必ずしも一人部屋とは限らない。
通学に時間がかかることがある。

学生寮
メリット デメリット
大学のキャンパス内なら、思う存分キャンパスライフを楽しめ、通学にも便利。
学生同士の共同生活なので、気楽。
二人部屋がほとんどで、自分だけの時間や空間を確保しにくい。
バスルームやキッチンは共同使用。
数に限りがあるので早目に、申し込みしなければいけない。

アパート(フラット)
メリット デメリット
自分だけの時間や空間を確保でき、自分のペースで生活できる。
地元社会の様子をのぞくよいチャンス。
すべて自分の責任で行うため、社会勉強になる。
部屋探しや手続きが面倒。賃貸契約には英語力も必要。
家賃のほか、食費や光熱費などすべて自己負担。
洗濯や掃除も自分で。
短期の滞在だと申込みを受け付けてくれないこともある。

短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート