高校・大学進学はこちら 企業・法人の方はこちら

デスクトップ 東京 大阪 名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504

成功する留学トップ  >留学ガイド  >留学基礎講座トップ  >留学基礎講座(Step3-1)

留学基礎講座(Step3-1)

地球の歩き方が提供する留学サイト「成功する留学」へようこそ。 こちらは留学基礎講座のページです。
こちらは留学基礎講座のページです。留学が初めてという方へのHow toです。


1.学校の入学手続きをする2.渡航準備をする3.荷物をそろえる
1.学校の入学手続きをする
 学校によって多少順番が変わることもあるが、語学学校への入学手続きは大体以下の順番で行う。
1.入学願書に記入する 2.入学願書、申込金の送付
3.学校から入学許可証が届く 4.費用を送金する
1.入学願書に記入する
 学校のカタログに添付されている入学願書“Application Form”を使用し、ボールペンやペンで必要事項を記入しよう。書式や内容は学校によってまちまちだが、記入事項はだいたい次のようなものになる。
申込者について
(1) 氏名 Name
(2) 性別 Sex
(3) 未婚、既婚の別 Marital Status
(4) 生年月日 Birth Date
(5) 国籍 Nationality
(6) 母国語 Language
(7) 英語のレベル English Language Level
(8) 身体上の特徴 (*アレルギーや食べられないもの) Medical Condition
(9) 喫煙 Smoking
(10) 取得予定ビザ Visa Type
(11) 日本の連絡先・電話 Address/TEL
学校に対する要望
(1) 希望コース名 Course Name
(2) 希望コースの週あたりレッスン数 Number of Lesson per Week
(3) コースの希望開始日と終了希望日 Course Date
(4) 滞在先の希望 Accommodation Type
(5) 部屋の希望 Room Type
(6) 食事の希望 Meal Type
(7) 滞在希望日程 Accommodation Date
(8) 空港出迎えの希望 Airport Pick-up Request
その他
 
2.入学願書の送金、申込金の送付
(1) 学校への質問および伝言 Message to School
(2) 申込日 Date
(3) 署名 Signature
 願書を送付する前に、入学金や申請料と呼ばれる申込金を支払う(→支払方法の詳細は「支払い方法いろいろ」)。 送金依頼書のコピーと一緒に入学願書をはじめとした必要書類を学校に送ろう。送付は、国際書類郵便で送ることをおすすめする。
3.学校から入学許可証が届く
 学校から入学許可証のほか、請求書、滞在に関する情報などの書類が届く。
入学許可証は、ビザの申請をするために必要な書類。請求書に、コース開始日までに費用を支払うよう指示されている場合は、送金の手続きをしよう。請求書が同封されていない場合は、現地到着後、コース開始初日に学校に直接支払うことになる。
4.費用を送金する
支払い方法のいろいろ
銀行口座送金 学校の取引銀行口座が明記され、直接その口座に振り込むように指示がある場合には、銀行送金を利用しよう。外国為替を取り扱っている銀行に行けば教えてくれる。手数料と所要日数は銀行によって異なる。そのほか、現地受取銀行の手数料がかかるので、送金する金額に上乗せして払わなければならない。国は多少制限されるが郵便局からも銀行送金が可能だ。送金依頼書の控えを保管して現地へ持っていくこと。
国際郵便為替 国際送金取り扱い郵便局の「国際送金依頼書」で行う。受取人と差出人の名前や住所、送金目的などを記入する。手数料は、住所宛に送金する証書送達扱いの場合、金額が10万円以下なら1,000円、10万円を超え20万円以下なら1,500円、20万円を超え50万円以下なら2,000円、50万円を超え100万円以下なら2,500円、100万円を超える場合は、50万円ごとに500円を加算した料金となっている。
送金の控えを保管して現地へ持っていくこと。
クレジットカード カードでの支払いを受け付けている学校もある。カードナンバーや有効期限、支払い金額とサインを記入しよう。後日カード会社から送られてくる利用明細書を確認すること。
為替レート 送金額が多くなればなるほど、為替レートも気になるところ。最新の為替情報はここでチェックしよう!
手続き無料!留学サーチオンラインを利用する
留学費用を抑えたい方にピッタリなのが留学手続き無料の留学サーチオンライン!
入学手続きがスピーディーで、銀行送金も自分でするから英語力がつく!自信もつく!
詳細はこちら

短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート