• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年5月 春 東京・大阪・名古屋で開催!

2017/06/30 Fri.

僕の愛するロンドンの交通事情

イギリス・アイルランド
成功する留学スタッフ

巨大都市ロンドンは、留学先として最も人気のある都市のひとつ。ロンドンの交通事情について、イギリス、ロンドンの3ヵ所で住居付き語学学校を展開しているTSA Englishの、ロンドンをこよなく愛するスタッフに聞いてみました。


londontransportationmap

僕はロンドンに3年住んでいますが、この街のありがたみを毎日ヒシヒシと感じています。ショッピングには事欠きませんし、食事も美味しい。美しい建物が立ち並び、文化は多様性に富んでいます。歴史探索や無料イベントも盛り沢山です。
その中でもとりわけ、公共交通機関が素晴らしい!
文字通り24時間365日いつでもどこへでも行くことができます。

車なしで生活できる

イギリスの一般的な移動手段は自家用車。でもロンドンは違います。車を持っていない人、持っていてもほとんど使わない人が多いのです。人々の足になっているのは巨大公共交通網です!ロンドンの地下鉄は運賃別に9つの地域(Zone)に分類されていて、中心部がゾーン1です。路線図を見ると、ホームステイやレジデンスが、ロンドン中心部や学校、大学から遠いとがっかりする人もいるかもしれませんね。

lodonstation

けれども、実際の距離と通学のしやすさは別問題なのでご安心ください!公共交通機関を使えばロンドンのほぼ全域にアクセスできますし、どこに行くにも色々な行き方があるんですよ。

ロンドンの移動手段の種類は

tube

まずは、一番有名なロンドン地下鉄(London Underground)です。より親しみを込めてチューブ(Tube)とも呼ばれています。154年前に開通した世界最古の地下鉄で、どこに行くのでも地下鉄が一番速いです。ただ、海外の地下鉄に比べて運賃が高めなのが難点です。それでも便利なのでロンドンの移動手段としては無視できません。トラベルカードを週単位か月単位で購入すれば割引があるので節約できますよ。

londonbus通学費用はできるだけ安くおさえたいですよね。それにはバスがお勧めです。ロンドンはバス路線も充実しているんです!ただ、渋滞で地下鉄より時間がかかるので、時間に余裕を持てる人に向いているでしょう。それから、ロンドン鉄道もあります。ロンドン郊外から通学する人が、時折、外の景色を眺めたり、ブライトンやオックスフォード、ケンブリッジ、ヨークなどに少し遠出したい時に利用するとよいでしょう。ロンドンブリッジ駅やヴィクトリア駅などは大変混雑するので、電車通学はあまりお勧めではありません。
blackcab
もちろんタクシーもあります。ロンドン名物の「ブラックキャブ」が市内をいくらでも走っています。ロンドン中のどこへでも、絶対に迷わず最適ルートで行ってくれます。ただ、値段は高めです。ライドヘイリング(ライドシェアリング)のUber、Lyft、Hailo、Grab、Gettなどのアプリも沢ありますが、ブラックキャブではない会社のタクシーになります。ブラックキャブのドライバーほど道に詳しくないので、運転手が行き方を知らずにイライラするかもしれませんよ。

いつもの交通手段に飽きてしまったら

boat

少し違うものを試してみましょう。市内の道を下って行くと川に突き当たります。そうです、テムズ川です。そこで水上バスに乗り、ロンドン西部のプットニーから、または東部のグリニッジからセントラルロンドンへ行ってみましょう。 

cablecar

もっと違うものを試したい時は、300フィート上空をエミレーツエアライン(ケーブルカー)で空中散歩するのもお勧めです。テムズ川を渡ってグリニッジからエクセル展覧会センターのあるロイヤルビクトリアまで移動できます。

 
環境に優しくありたいあなたなら

ロンドンを歩いて散策するのもいいでしょう。私自身、3年たった今でも散歩のたびに新しい発見がありますよ。
bike

貸自転車もあります。これは、ロンドン探索に最適です。市内には何百ものドッキングステーションがあるので、東部で借りて西部で返却することもできます。てとても便利ですよね!

オイスターカードをお忘れなく

そして、忘れてはいけないのがオイスターカード。ロンドンに着いたらまずこのカードを買ってください。

oystercard

オイスターカードはロンドンのほとんどの交通機関で利用できます。特に、ロンドンのバスは現金が使えないので、オイスターカードを十分チャージしておくか、バスで利用できるトラベルカードが必要になります。

ロンドンの交通機関がどれだけ便利かご理解いただけましたか?当校のようなレジデンス付きの学校にしても、ホームステイにしても、交通機関は全て試して、この素晴らしい都市をあらゆる角度から満喫してください!
ロンドンの交通機関の詳細:Transport for London(TFL)


記事提供
■TSAイングリッシュ / コリンデール校
モダンでセキュリティの高いレジデンス付き語学学校で勉強しませんか。

学校のこと、宿泊先のことなど…

留学で心配なことは無料留学カウンセリングでご相談ください!

気になる留学中の滞在先!ホームステイvsレジデンス★イギリスの場合

選べる!宿泊スタイル「ホームステイ」or「シェアハウス」

航空券・滞在先が含まれる!1週間からの短期留学プログラム

無料留学相談

関連する記事

2018/05/16 イギリス・アイルランド 語学留学 ワーキングホリデー

まだまだ穴場!アイルランド留学がオススメな3つの理由

2018/05/01 イギリス・アイルランド

ケルト文化に浸るならここ!注目のイギリス留学スポット

2017/12/29 ヨーロッパ 語学留学

イタリア、ボローニャで過ごす 初めての海外3ヶ月 ~ホームステイと学生寮、その違いは…??~

2017/12/19 中・高校生 グローバル人材 イギリス・アイルランド

トビタテ!留学JAPAN[高校生]偏差値30の僕が国家プロジェクトに参加した

2017/12/13 オーストラリア・ニュージーランド 語学留学

早大生が行く!はじめてのケアンズ短期留学~Cafe~