• 成功する留学へのステップ
  • 留学への目的
  • 留学する国
  • セミナー・イベント
  • 語学学校を探す
サイト内検索

フランスのワーキングホリデービザ申請

滞在期間の計画に注意、期間途中や終了後のビザ切替は不可

フランスでのワーキングホリデーの滞在は最長1年間。多くのワーホリ対象国とは異なり、就労ビザや学生ビザへの切り替えが認められていないことに注意しよう。
以下の表は、2016年度の募集要項です。ただし、ビザの規定は変更になることもあるので、希望者は「フランス大使館」サイトをこまめにチェックしておきましょう。

フランスのワーキングホリデー制度

申請時の年齢が18~30歳の者が参加することができ、就労は滞在費用を補うために許可されている。ワーキングホリデー・ビザの有効期限はフランスに入国してから1年間で、入国日はビザ申請時に決まっていることとしている。滞在は、ヨーロッパにあるフランス本土でのみ可能で、南太平洋諸島のフランス領などでは滞在できない。また、滞在の延長やほかのビザへの切り替えも認められていない。

対象年齢満18歳以上30歳以下(申請時点)
滞在期間フランスに入国した日から1年

申請の条件

  • フランスを知るための渡航で、かつ仕事に就く意思があること
  • フランスへワーキングホリデー・ビザを過去に取得していないこと
  • 子ども同伴ではないこと
  • 入国する日付はビザ申請時に決まっていること
  • 3,100ユーロ以上の、本人名義の残高証明書(帰国航空券を購入できる金額を含む)
  • 健康診断書(過去1ヵ月以内に医師が作成したもの)
  • 海外旅行保険の加入(航空券に記載される到着日と同じフランス入国日から1年間有効なもの。クレジットカードに付帯される保険は不可)

成功する留学のビザ申請サポート

フランスのワーキングホリデービザ申請は本人申請のみとなり、代理申請はできません。地球の歩き方「成功する留学」では当社有料プログラムにお申込みの方のみにビザ申請手引書をお渡しします。

ビザ申請についてなど、留学デスクでご案内します。無料相談を予約しよう!

無料留学相談

申請方法

フランス大使館ホームページより予約し、同大使館にてご自身で申請してください。申請はフランス入国日の3カ月前から可能ですが、遅くとも渡航4週間前までに申請してください。

フランス大使館

申請先・資料請求先

住所〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44
フランス大使館・領事部 ワーキングホリデー・ビザ係
MAILメールアドレス
FAX03-5798-6094 ※問い合わせはメール、FAXのみ
営業時間営業時間

審査の動向

動機作文の提出で審査却下となるケースも増加しているようだ。審査では「何故フランスなのか」という点が重視されていることに加え、ワーキングホリデーの動機は、あくまで観光を主体とした本来の趣旨に適合することが求められている。例えば、語学を目的とした動機作文を提出したところ、学生査証の対象となるため却下されているケースや、各種専門職での就労そのものを目的としている場合は却下される傾向が強まっている。職業経験者は「専門職での就労はしない」という趣旨の宣誓書を提出する規定も作られているほどだ。なお、フランス語の知識は審査には関係ない。

ワーホリ経験があるカウンセラーに、わからないことを聞いてみよう

無料留学相談

ワーキングホリデー総合案内

どの国でワーホリする?

ワーキングホリデービザ申請のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート