• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年10月 秋 東京・大阪・名古屋で開催!

2018/04/09 Mon.

セブってぶっちゃけどうなの? 〜生活編その1〜

フィリピン 語学留学 2ヵ国留学
学生クリエイター おざき

こんにちは。

前回の投稿から少し時間が空いてしまいましたが、久しぶりに新しい投稿をしたいと思います。 

前回の記事にもあったように、僕の留学計画としては1カ国目にフィリピンのセブへ行き、その後カナダのバンクーバーに移る2カ国留学をしています。

今回の記事では、僕が初めて留学である,フィリピン、セブでの体験について、自分の経験に基づいて出来る限り詳しく書ければな~と思っています。結構長くなってしまいましたが笑 

なので、今あなたがセブへの留学を少しでも考えている方は、「セブってこういう感じなのねー」と少しでも知るきっかけになれば幸いです。

僕はセブにてSMEAG (キャピタルキャンパス)という語学学校に通っていました。一つに生活と言っても施設、授業は学校によって大きく変わると思いますので、一つの学校としての生活という感じで読んでいただけると助かります。

(今回は、セブでの普段の生活に絞った内容を書きたいので、今回の記事では旅行や娯楽についてはほぼ書いておりません。ただこの内容に対しても後々書きたいなと考えています。)

はじめに、「セブって治安が悪そう」といった声をよく聞くのですが、正直に言うと僕が6ヶ月で危険を感じたことはありません。 

 

 ただ違いとして挙げれば、日本と比べてしまうと衛生、交通規則など日本ほど徹底はされてはいません。道路の汚さとかトイレの性能とかね。日本はすごいです。(カナダと比べても日本はすごいなと思います。)

またスリなどの軽犯罪は耳にすることもあるので、貴重品はしっかり守りましょう。海外に行く際の基本的なことさえ気を付けていれば問題はないですよ。

 

では早速、普段の生活について書いて行きたいのですがこれを書く上でまず欠かせないのが、初日です

僕がセブに着いた日、元々の飛行機の到着時間は22時頃だったのですが遅延により実際に着いたのは次の日の1時過ぎ。何が何だか分からないまま空港を出ると、いきなりモワッとした蒸し暑い空気を感じます。 

その後待機してくれていた学校のスタッフと合流。

バスに乗ると予想よりも外は真っ暗で、外の景色は夜ということもあり、今まで見たことの無いような雰囲気で、これから自分はここに住むのかと不安を抱いたのを覚えています。

学校に着くと、門に警備の方がいて、部屋まで案内をしてくれます。その途中で施設の説明を受けるのですが、もちろん英語なのでほとんど分からない笑 

そんな時もなんとなく情報をつかみ取れば平気です。

そんなこんなで部屋に着くと夜中の2時近かったので、もちろん中は真っ暗。僕の部屋は三人部屋だったので、僕以外の二人と共同でした。何人かも分からない人達を起こしてしまわぬよう、恐る恐る部屋に入りコソコソと荷物を整理していると、ルームメイトの一人が眠そうに起きてきて話しかけてくれました。

彼は韓国人で、「遅いね〜22時時ごろだと思ってたのに」だとか、「もう一人の奴は絶対起きないからシャワー浴びなよ」と言ってくれるとまた寝てしまいした。

こうして、僕の6ヶ月の留学生活はスタートしたのですが、状況も状況で期待よりも不安が大きかったです。ぶっちゃけ初日は本当に怖かった恐ろしかった。マジです(笑) 

ただこの時僕を迎えてくれた韓国人は僕の緊張を解いてくれ、この先6ヶ月の留学生活を忘れることの無いものになり、生活面、英語面で大いに成長させてくれた、かけがけのない友達になります。

そして僕がたどり着いたこの部屋は、実家を離れ初めて暮らす場所として生涯忘れない思い出の部屋になりました。部屋から見える色、匂いをいまだに思い出します。      

というようにこの記事はエピローグみたいに、実際の生活についてほとんど書かずに終わってしまいましたが、留学に実際に自分の身体で行くことには、必ず不安がつきまといます。それほど僕には大きな決断で、体験でした。

海外で生活できるか不安、一人で行くのが不安と感じている方は、全く特別なことではないと思います。現地に着いた時点でスタッフの方が案内をしてくれるので心配いりませんよ。

その気持ちがあったこそ、セブでの生活を終えた時来てよかったと心の底から思えました

まとめ

  • 基本的なルールさえ身に着けていれば問題なし

 

  • 住んだことのない国に滞在するのに不安を持つのは当然のことその先に貴重な経験が待っている 

 

そんな訳でセブでの初日についてなるべく詳しく書こうと思ったらこんなに長くなっちゃいました笑

次の記事では、普段の生活についてドンドン、書いていこうと思うのでまたその時に

プロフィール

おざき
地球の歩き方「成功する留学」公認の学生クリエーター。現在バンクーバーに留学中の21歳。大学3年次に一年間休学し、フィリピン、セブにて6ヶ月間語学学校へ通う。その後カナダ、バンクーバーで現在まで滞在中。趣味は映画、音楽鑑賞。


●フィリピン留学についてさらに詳しく知りたい方はこちら

●大好評プログラム!2018年夏出発!!

「フィリピン・セブ島 語学研修+NGOでのインターンシップ」について詳細はこちら

●短期留学プログラムについてさらに詳しく知りたい方はこちら

無料留学相談

関連する記事

2018/10/26 カナダ 語学留学 ワーキングホリデー

世界最長の街道!?ヤング・ストリート

2018/10/26 アメリカ 語学留学

語学学校TALK English Schoolの生徒が選ぶ!ボストンの美味しいレストラン5選

2018/10/25 イギリス・アイルランド 語学留学 ワーキングホリデー

在住者が教える!アイルランドで必ず訪れてほしい場所5選

2018/10/25 オーストラリア・ニュージーランド 語学留学 語学プラスα

ワーホリも長期留学も!TOEICコースで帰国後に備えよう

2018/10/24 フィリピン 2ヵ国留学 語学留学

安さだけで選ぶと危険?!格安フィリピン留学、気になる講師のレベルとは