• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

ドイツ留学

ドイツといえば、ソーセージにビール、そしてサッカー!それだけで、留学生活が楽しくなりそうですが、各地の都市にそれぞれの魅力があります。古き良きドイツを感じるならミュンヘン、歴史と現代アートを満喫するならベルリン、国際的な都市で暮すならフランクフルト、そして、日本人が多くて安心の生活はデュッセルドルフ。短期・長期留学でも、ワーキングホリデーでも、どのような滞在にしたいか、まずはご相談にお越し下さい!

ドイツでできる留学

ドイツ留学おすすめ情報

ドイツ語学学校検索

ドイツおすすめの語学学校

ドイツの語学学校をエリアで絞り込む

お電話でのご相談
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
フリーコール0120-945-504

人気都市&観光スポット

ベルリン

ベルリンはドイツの北東部に位置するドイツの首都です。近代的な街として、また文化都市、緑豊かな都市としても知られています。1999年の東西統一とともに首都になったベルリンは日々変貌を遂げており、世界で一番ホットな街のひとつだと言えます。

ベルリン

ドイツで押さえておきたい魅力的なスポット

ポツダム広場(ベルリン)

世界屈指のオーケストラやオペラ、博物館を抱えるドイツ最大の都市ベルリン。激動の現代史の舞台ともなり、常にその姿を変えてきました。ポツダム広場はベルリンの新しい魅力を放ち、今最もホットな場所として市民で賑わっています。

オクトーバーフェスト(ミュンヘン)

「ドイツといえばビール、ビールといえばミュンヘン」。そんな方におすすめのお祭りが世界最大のビール祭り、オクトーバーフェスト。歴史的な建築物や美術品を目で楽しんだ後は、特設の巨大ビアホールで現地の方と一緒にビールを満喫しませんか!?

ライン川(ドイツとフランスの国境沿い)

ドイツ観光のハイライトの一つでもあるライン川下り。フランスとドイツの国境間を流れ、その流域にはまるでおとぎ話に出てくるような小さな可愛らしい町が続きます。現在は宿泊施設となっている「古城ホテル」もあるので、ロマンチックな雰囲気を味わいたい方におすすめです。

ライン川(ドイツとフランスの国境沿い)

ドイツ留学の費用

留学費用は、留学する都市や学校、授業時間数、滞在方法などによって大きく異なります。ここでは、ベルリンの私立語学学校に半年(24週)間通った場合の費用例をご紹介します。
都市部に比べ、地方都市は生活費を抑えることが可能です。夏期の滞在は追加料金が発生することもあるため、他の時期に比べると高めとなります。

6ヶ月にかかる費用(目安)(2017年3月現在)

学校関連費用

授業料(週20レッスン)€2,880
空港出迎え料金€60
<小計>€2,940(約382,200円)

生活関連費用

ホームステイ(2食付)€7,056
現地交通費€450
おこづかい€1,650
<小計>€9,156(約1,190,280円)

その他

航空券(直行便往復)約175,600円
保険費用123,810円
留学サポートプログラム費用109,800円
送金手数料4,500円
<小計>約413,710円

合計金額

約1,986,100円

※現地でにて就学許可申請(約€60)が必要です。

ドイツの基本情報

ドイツの基本情報

国名ドイツ
正式国名ドイツ連邦共和国 Bundesrepublik Deutschland
国歌ドイツ人の歌 Deutschland-Lied
面積約35万7000km2(日本の約94%)
人口約8,050万人
首都ベルリン Berlin
元首ヨアヒム・ガウク大統領
政体連邦共和制。16の連邦州からなり、それぞれ州政府をもち、学校、警察、土地利用計画などの権限をもつ。EU加盟。
民族構成ドイツ系がほとんど。ソルブ人、フリース人など少数民族も。総人口の10%弱は外国人。
宗教キリスト教(プロテスタントとカトリックがほぼ半数ずつ)
祝祭日2018年
1月1日 元日
1月6日 *三王来朝
3月30日 ※聖金曜日
4月1日 ※復活祭
4月2日 ※復活祭翌日の月曜日
5月1日 メーデー
5月10日 ※キリスト昇天祭
5月20日 ※聖霊降臨祭
5月21日 ※聖霊降臨祭翌日の月曜日
5月31日 ※*聖体節
8月15日 *マリア昇天祭
10月3日 ドイツ統一の日
10月31日 *宗教改革記念日
11月1日 *諸聖人の日
11月21日 ※*贖罪の日
12月25、26日 クリスマス

キリスト教に関わる祝日が多く、年によって異なる移動祝祭日(※印)に注意。一部の州のみの祝日(*印)もある。

ドイツの全体地図

ドイツの全体地図

ドイツ留学の住まい

住居選びは学校選びと同じくらい重要です。語学留学生の一般的な滞在スタイルはホームステイ。語学学校によっては、ホームステイ以外の住居も手配可能です。学生寮またはアパートに滞在する留学生も多い。学生寮の魅力は安さと現地の学生と友達になりやすいところです。アパートは独立した生活を望む方には最適の環境でしょう。

ドイツのアクティビティ

その国や地方の文化を理解し、実際に体験できるよう、市内観光や博物館・美術館の見学、エクスカーション、ビデオや映画の上映、パーティなどさまざまな課外活動が放課後や週末に企画されています。建築物見学、ビール工場見学、オペラ、マイセンなどの陶磁器工場見学、ドイツサッカー観戦などドイツならではの楽しみも。また、ぶどう摘みなどのボランティアもあります。

ドイツ留学の食事

ドイツ料理をイメージするとソーセージとポテトになりますが、ドイツのホームステイでの一般的夕食はパンとコールドミール(ハム、チーズなど)のことが多い。週末にいろいろなレストランで行われるビュッフェを楽しむことができる。一方、オーストリアはなんといってもお菓子類が最高。有名なザッハトルテなどお菓子の種類は数限りない。

カウンセラーは全員留学経験者。わからないことを何でも相談してみよう!

無料留学相談

ドイツの都市情報

ドイツ北部

ハンブルク
人口165万人
平均気温[1月]3℃(最高)、-1℃(最低)
[7月]21℃(最高)、12℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴ドイツ第2の都市。ハンザ同盟都市でもある歴史ある港町。
観光スポット市庁舎、オールドハンブルク、ブラームス博物館
主な交通手段Sバーン、Uバーン、バス:1.35ユーロ〜
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金1260ユーロ

ドイツ北東部

ベルリン
人口350万人
平均気温[1月]7℃(最高)、-12℃(最低)
[7月]24℃(最高)、16℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴激動の現代史の舞台となったドイツ最大の都市。
観光スポットブランデンブルク門、ドイツ連邦議会議事堂、ペルガモン博物館
主な交通手段Sバーン、Uバーン、市電、バス:1.20ユーロ〜
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金810ユーロ

ドイツ中部

ケルン
人口101万7700人
平均気温[1月]5℃(最高)、0℃(最低)
[7月]23℃(最高)、13℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴ローマ時代からの古い歴史を誇る文化都市。
観光スポット大聖堂、ヴァルラーフ・リヒャルツ博物館、アウグストゥスブルク城
主な交通手段Sバーン、Uバーン、市電、バス:1.25ユーロ〜
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金660ユーロ
フランクフルト
人口65万人
平均気温[1月]5℃(最高)、-7℃(最低)
[7月]30℃(最高)、20℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴ドイツの商業、金融の中心地で、中世からの見本市都市。
観光スポットゲーテハウス、ゲーテ博物館、旧市庁舎レーマー
主な交通手段Sバーン、Uバーン、市電、バス:1.55ユーロ〜
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金740ユーロ

ドイツ南部

ミュンヘン
人口130万人
平均気温[1月]3℃(最高)、-8℃(最低)
[7月]20℃(最高)、15℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴バイエルン地方の中心地。ビールと芸術の都。
観光スポット新市庁舎、ホーフブロイハウス、アルテ・ピナコテーク
主な交通手段Sバーン、Uバーン、市電、バス:1ユーロ〜
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金1000ユーロ
フライブルク
人口130万人
平均気温[1月]3℃(最高)、-8℃(最低)
[7月]20℃(最高)、15℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴バイエルン地方の中心地。ビールと芸術の都。
観光スポット新市庁舎、ホーフブロイハウス、アルテ・ピナコテーク
主な交通手段Sバーン、Uバーン、市電、バス:1ユーロ〜
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金1000ユーロ
シュトゥットガルト
人口59万人
平均気温[1月]3℃(最高)、-2℃(最低)
[7月]23℃(最高)、13℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴“黒い森”の町々を訪れる起点ともなる南ドイツ第2の都市。
観光スポットメルセデス・ベンツ博物館、ルートヴィヒスブルク城
主な交通手段Sバーン、Uバーン、市電、バス:1.15ユーロ〜
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金820ユーロ
テュービンゲン
人口8万3000人
平均気温[1月]5℃(最高)、0℃(最低)
[7月]22℃(最高)、12℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴ヘッセなどドイツの詩人、哲学者の多くが若き日を過ごした大学都市。
観光スポットヘルダーリンの塔、ホーエンテュービンゲン城(博物館)、マルクト広場、ヘルマンヘッセ記念室
主な交通手段Uバーン、バス:1.75ユーロ〜
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金780ユーロ
アウクスブルク
人口27万2000人
平均気温[1月]2℃(最高)、-3℃(最低)
[7月]23℃(最高)、12℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴ローマ帝国時代からの歴史を感じさせるロマンティック街道最大の都市。
観光スポット市庁舎、モーツァルトハウス、大聖堂、シェッツラー宮殿、フッゲライ
主な交通手段市電、バス:0.9ユーロ〜
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金750ユーロ
リンダウ
人口2万4000人
平均気温[1月]2℃(最高)、-2℃(最低)
[7月]23℃(最高)、12℃(最低)
時差-8時間(夏時間-7時間)
都市の特徴ボーデン湖に浮かぶ小さな島の上の町。
観光スポットライオンの像、旧市庁舎、市立博物館
主な交通手段徒歩
1ヵ月あたりのホームステイ平均料金740ユーロ

ドイツの気候・気温

ドイツは冬の寒さが厳しい。南のミュンヘンでさえ、まだ札幌よりも北に位置する。したがって服装を考えるときは、北海道よりもやや寒いくらいのつもりで用意するといい。夏は、猛暑の年もあるが、雨が降るとかなり冷え込む日もあるので、カーディガン等の防寒着は必携。

■ベルリンの気温と降雨量

ベルリンの気温と降雨量

■ミュンヘンの気温と降雨量

ミュンヘンの気温と降雨量

ドイツの時差とサマータイム

日本との時差は-8時間。日本が午前7:00のとき、ドイツは前日の午後11:00。これがサマータイム期間は-7時間の時差になる。サマータイム期間は3月の最終日曜AM2:00〜10月の最終日曜AM3:00。

ドイツの物価

ドイツ北部
やや高め
ドイツ中部
やや高め
ドイツ南部
高め

ミュンヘンの物価目安(都市や地域により物価は異なります)

  • アパートをシェアした場合シングルルームの家賃:月300〜450ユーロ
  • 映画館で観る映画チケット:1枚4.6〜9ユーロ

物価は都市によって様々

同じ南部の留学都市でも、ミュンヘンのような都市に比べ、フライブルクのような地方都市は、 生活費を抑えることが可能です。また、学校によっては、アクティビティーの一環として、オペラなどのチケットを安く手配してくれるところもあります。

ドイツで電話をかける

ドイツの電話事情について

ドイツから日本へかける場合
  • 00(国際電話識別番号)
  • 81(日本の国番号)
  • 相手先の電話番号(市外局番の最初の0はとる。)
日本からドイツへかける場合
  • 国際電話会社の番号 001(KDDI)※1、0033(NTTコミュニケーションズ)※1、0041(ソフトバンクテレコム)※1、005345(au携帯)※2、009130(NTTドコモ携帯)※2、0046(ソフトバンク携帯)※3
  • 010(国際電話識別番号)※2
  • 49(ドイツの国番号)
  • 相手先の電話番号(市外局番の最初の0はとる。)

※1「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。詳細はURL www.myline.org 
※2 NTTドコモは事前登録が必要。auは、010は不要。
※3 ソフトバンクは事前登録が必要。0046をダイヤルしなくてもかけられる。

市内へかける場合は市外局番は不要。市外へかける場合は市外局番からダイヤルする

公衆電話のかけ方
  • 受話器を持ち上げる。
  • テレホンカードを、カードに示された矢印の方向に入れる。
  • 相手先の電話番号を押す。
  • テレホンカードの残りが画面に表示される。通話が終わったら、受話器を置き、カードを取る。

留学体験談・レビュー

ドイツ留学サポートプログラム

出発前から帰国後の就職までトータルに留学をサポートします。

  • 成功する留学の「授業料保補償制度」
  • 専任カウンセラーがオーダーメイドの留学プランをご提案 など…
お電話でのご相談
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
フリーコール0120-945-504

ドイツ留学のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート