お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア
  
  

わからない単語に出会ったとき

    
大瀧綾子
大瀧綾子

英文を読んでいてわからない単語に出会ったときは、皆さん どうしていますか?
辞書を使って調べる人、文脈から推測していく人、様々だと思います。


以前サンフランシスコの大学院で学んでいたときに、 1学期間毎週3回、地元の短大で教育実習をする機会がありました。
私の担当クラスは、中級のリーディングクラス。 学生のほとんどが成人してからアメリカに移民して来た学生たちで、
単語がなかなか覚えられないと頭を抱えていました。


そんな中、私に与えられた時間が授業開始後15分の「単語増強 タイム」。
担当の先生が、接頭辞や接尾辞を使った効果的な教え方を アドバイスしてくれたのでそれを続けたところ、
4ヵ月後にはかなりの 効果があったのを覚えています。

わからない単語に出会ったとき


接頭辞というのは、たとえば否定の意味をあらわすdis-をつけると、 honest「正直な」がdishonest「不正直な、いいかげんな」と 反意語になりますよね。
接尾辞は分かりやすいところでは-erがつくと「~する人」となり ますよね。
職業的な意味を表すことが多いですが、たとえば teach「教える」→teacher「先生」など。


前置きが長くなりましたが、接頭辞や接尾辞を頭に入れておくと 語彙がグーンと増えます!
わからない単語に出会っても推測できる 範囲がどんどん増えるからです♪

  
    

この記事をシェアする

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ページ上部に戻る

  
  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
キャッシュパスポート