お急ぎの方はお電話で!

お問い合わせ0120-945-504
  
  

~2018年は前年比で日本人留学生が増加~留学先はアメリカ一強からマルタやフィリピンが台頭(JAOS調査)

    
成功する留学スタッフ
成功する留学スタッフ

iStock-1003047758.jpg

去る2019年12月11日、海外留学協議会(JAOS)は留学事業者42社を対象とした日本人留学生数調査の結果を発表しました。この調査によると、2018年の年間留学生数は8万566人と、前年より2,447人増加しています。

留学渡航を国別にみると、1位:アメリカ/1万7,894人。2位:オーストラリア/1万7,076人。3位:カナダ/1万2,573人。4位:フィリピン/6,755人。5位:イギリス/6,648人。6位:ニュージーランド/5,672人と続いています。

JAOS統計2019国別円グラフ.png

IIE(国際教育協会)の調査でも、アメリカへの留学数は3年連続で減少。JAOSでは、2017年にトランプ大統領が就任して以降、外国人向けのビザ規制によって、世界的にアメリカへの留学生数が減少傾向にあると分析しています。

アメリカへの留学生数が減少している一方で、マルタやフィリピン、アイルランドなどへの留学が増加。アメリカ一強ではなく、新たな留学先が増え始めていることがわかります。

留学の目的別では、前年に比べてもっとも数字が伸びているのは「語学留学」。「語学留学3カ月未満」4万3,627人、「語学留学3カ月以上」9,704人と、"語学留学"が7割を占めています。

JAOS統計2019目的別円グラフ.png

JAOS統計2019国別留学目的比率.png

JAOS統計2019国別目的詳細表.png

語学留学が増えている背景としてJAOSでは、「企業が新卒採用で企業応募時に求める英語力が年々上がっている」「グローバル市場を目指す日本企業の管理職への昇進基準に英語力が課せられつつある」など、会員各社の声を紹介しています。

※「日本人留学生数調査2019」は、JAOS会員である留学事業者42社を対象に、留学事業者42社を対象に2019年8月に実施。統計調査の対象期間は2018年1月1日~12月31日。

  
    

この記事をシェアする

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ページ上部に戻る