お急ぎの方はお電話で!

お問い合わせ0120-945-504
新春お年玉キャンペーン
  
  

こちらでお召し上がりですか?お持ち帰りですか?

    
大瀧綾子
大瀧綾子

アメリカ英語→"For here or to go?"
イギリス英語→"For here or take away?"


人によって多少言い方が異なることもあるので、これは あくまでよくある言い方に過ぎませんが、「お持ち帰り」 の言い方がアメリカ英語とイギリス英語では異なります。

こちらでお召し上がりですか?お持ち帰りですか?

ちなみにニュージーランド英語では、For hereがEat inに なると聞きました。NZに行かれたことのある方、実際 どうでしたか?


オーストラリアではイギリス英語の言い方"take away" を使うのですが、最初慣れるまでは戸惑いました。 レストランで「 TAKE AWAY」と書いてあれば、持ち帰りができるということです。


日本語では「テイクアウト」と言いますが、もし この言い方を使う場合は、"I want to take it out."と 言うことになります。 ただ、アメリカであれば"To go, please."、オーストラリア でも、"Take away, please."で済んでしまうので、 実際使ったことはあまりなかったように思います。

  
    

この記事をシェアする

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ページ上部に戻る