• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

ポイント3 滞在スタイル

自分に合う滞在スタイルを選ぶ

留学先での滞在スタイルは、“ホームステイ”、“学生寮”、“フラット”、この3タイプのいずれかになる。ホームステイや寮については、語学学校が紹介してくれるので、パンフレットなどで確認してみよう。フラットについては、現地で自分で探すのが原則だ。現地でどんな暮らし方をしたいのか、それぞれのメリット、デメリットを考慮しながら自分に合った滞在スタイルを見つけよう。

初めての留学にはホームステイが安心

初めて留学する人には、ホームステイがおすすめ。一般家庭に滞在し、英語や現地事情、生活習慣などに慣れ親しみながら、現地での生活のハウツーを身に付けることができるからだ。私立の語学学校なら、たいてい日本出発前にホームステイの手配をしてくれる。

学生寮は、運営母体によって3種類

寮には、大学やカレッジが運営するもの、私立語学学校が運営するもの、民間の企業や団体が運営するものの3 種類がある。寮滞在が可能かどうかは、学校のパンフレットでチェックする。

フラットはひとり暮らしよりシェアが人気

フラットflatとは、日本でいうアパートやマンションのこと。このフラット暮らしには、自分ひとりで部屋を借りて住む方法と、何人かと共同でフラットを借り、家賃や光熱費などをみんなで負担しあうフラットシェアの方法とがある。共同生活とはいえ、各自のペースで生活できるのが魅力だ。

各滞在スタイルのメリット・デメリット

ホームステイ

メリット
言葉以外の文化や習慣も学べる。食事や掃除、洗濯などの面倒をみてもらえる。1週間単位で申し込める場合が多いので、短期でも滞在できる。
デメリット
受け入れ先のペースに合わせた共同生活になる。通学に時間がかかることが多い。

学生寮

メリット
友達をつくりやすい。学生同士の共同生活なので気が楽。通学に便利。
デメリット
自分だけの時間や空間を確保しにくい。スペースに限りがあるので人数制限にあうことも。

フラット

メリット
自分だけの時間や空間を確保できる。地元社会の様子をのぞくよいチャンス。
デメリット
部屋探しや手続きなどが面倒。部屋代のほか、食費や光熱費など出費が多い。短期の滞在だと申し込みを受け付けてくれないことが多い。

大学付属の滞在手配

大学付属の英語コースの場合、正規の学生や長期の留学生が優先されるため、時期や滞在期間によっては学生寮に滞在できないケースもあります。また、学校が手配を行わず、アコモデーション・エージェントAccommodation Agentが紹介され、エージェントを通して各自手配ということも。

イギリス留学の実現に向けて、まずは相談してみよう!

無料留学相談

イギリス留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ポイント3 滞在スタイルのページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート