今いける留学先、語学学校の最新情報 今できる留学準備

お急ぎの方はお電話で!

お問い合わせ0120-945-504
今いける留学先、語学学校の最新情報 今できる留学準備
  
  

絶対に守ろう!各国の飲酒事情

    
成功する留学 東京
成功する留学 東京

海外だから、と気を緩めてしまうのが飲酒です。高校生や大学生の間に留学する方は特に自分が留学に行く国の飲酒最低年齢と、その国のルールをきちんと守ってお酒を楽しく飲みましょう!

絶対に守ろう!各国の飲酒事情 

飲酒年齢

日本ではお酒を飲むことも買うことも、20歳からと法律で定められています。ですが日本と違い、飲酒ができる最低年齢とお酒を購入できる最低年齢が違う国も存在します。また、アルコール度数によって飲酒最低年齢が変わる国もあります。

*MDA minimum drinking age)=法的飲酒最低年齢

*MPA minimum purchasing age)=法的購入最低年齢

アメリカ

アメリカ国旗6

21歳(レストランやバー以外の公共の場での飲酒禁止)

イギリス

 イギリス国旗6

ワイン・ビールなどの発酵酒は16歳から、アルコール度数が高い蒸留酒(ウォッカ・ウィスキーなど)は18歳から。MPA18歳。

カナダ

カナダ国旗3

19歳(州によって18歳)

フランス

フランス国旗4

発酵酒の飲酒・購入は16歳から。蒸留酒の飲酒・購入は18歳から。

イタリア

イタリア国旗3

16

ドイツ

ドイツ国旗4

発酵酒の飲酒・購入は16歳から。蒸留酒の飲酒・購入は18歳から。

オーストリア

オーストリア国旗1

1518歳(州によって異なる)

マルタ

マルタ国旗3

16

スペイン

スペイン国旗3

16歳(州によって18歳)

アイルランド

アイルランド国旗3

18

ニュージーランドニュージーランド国旗5

18歳(親権者が同伴で許した場合は18歳以下も可)

オーストラリア

オーストラリア国旗4

18

フィリピン

フィリピン国旗4

18

マレーシア

マレーシア国旗2

21

特にヨーロッパでは16歳から18歳の間に飲酒できるようになりますが、アルコール度数や購入時の年齢などの要素が細かく法律で決まっています。

発酵したものをそのまま飲むのが一般的に言われる発酵酒(または醸造酒)で、それを蒸留させたものを蒸留酒といいます。蒸留酒の方がアルコール度数が高く、ウイスキー、ウォッカ、ソジュ、テキーラや焼酎などが代表的なものです。日本酒、ビールとワインは発酵酒に分類されます。

飲酒運転について

アメリカは車社会の地域が多いので、ビールを一本飲んだ後に車を運転する人も稀にいます。ですが、友達がそのように飲んだ後に運転をしようとしても絶対に止めましょう!未成年飲酒もそうですが、同乗した場合も罰金や罰則の可能性が高くなります。飲酒運転は絶対にだめです。

日本の高校生が海外で飲酒をしたら!?

海外滞在中は、その国の法令に従うことになります。例えば高校生でも18歳になっていれば、18歳飲酒可とするオーストラリアなどで罰せられることはありません。

とはいえ、高校生の場合日本の高校の規則や、参加している留学プログラムの規則で「飲酒を禁ずる」とされていることが多いため、そのルールに従う必要性があります。つまり「高校生は海外でも飲酒NG」が原則だと心得ましょう。


外国人の友達をつくる・増やす機会にもつながるお酒の場。積極的に参加して、楽しくお酒を味わいましょう♪

ワインの本場へ行ってみよう!フランス留学

  
    

この記事をシェアする

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ページ上部に戻る