今いける留学先、語学学校の最新情報 今できる留学準備

お急ぎの方はお電話で!

お問い合わせ0120-945-504
今いける留学先、語学学校の最新情報 今できる留学準備
  
  

RearとBackの違い

    
成功する留学 東京
成功する留学 東京

どちらも「後ろ」や「背面」の意味を持つ英単語、RearBack。同じ意味だけれど、どのように使い分ければいいのでしょうか?

RearとBackの違い

同じ意味なので、どちらも同様の場合に使えるのですが、かすかな違いが二つあります。一つは、backよりもrearの方がフォーマルなときに使われることが多いのです。そしてrearは乗り物の後部を表すことが多いのです。

Rear

たとえば飛行機の客室乗務員がこのようにアナウンスしているのを聞いたことがあると思います。

"The exit is at the rear of the plane." (出口は機内後方にございます。)

この例文の場合、機内の後方という乗り物の後部を表していて、かつ、丁寧に話さなければいけない場面なのでrearを使います。

"The rear window broke for some reason." (後ろの窓がなぜか割れている。)

"He had to fix the rear tire." (彼は後ろのタイヤを直さなければいけなかった。)

Back

Backはよりフランクに言うときに使われ、どのような場面でも「後方」という意味を持ちます。

"Please get in from the back door." (裏口から入ってね。)

"The person at the back raised her hand." (部屋の後ろの方にいた女性が手を挙げた。)


このように同じ意味を持った英単語でも、シチュエーションによって使い分けることができますよ!

併せて読みたい!

失礼にならない「断り方」

  
    

この記事をシェアする

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ページ上部に戻る