今いける留学先、語学学校の最新情報 今できる留学準備

お急ぎの方はお電話で!

お問い合わせ0120-945-504
今いける留学先、語学学校の最新情報 今できる留学準備
  
  

【コロナ禍】イギリスから日本への帰国体験談 ~日本政府指定ホテル滞在記~

    
成功する留学スタッフ
成功する留学スタッフ

2021051701.jpg

今回はCeltic English Academy CEOのドハティ祥子さんの「イギリスから日本への帰国体験談」をご紹介します。

日本政府指定ホテルでの3日間の隔離生活について、詳細にレポートいただきました。

3人の小さなお子様連れということもあり「帰国まで正直本当に日本へ帰れるかどうか不安でいっぱいだった」とのこと。

今後の留学生の皆様のご参考になれば・・・と、リアルな滞在談を送ってくださいましたので、ぜひご覧になってみてください!

※本情報は2021年3月時点での体験談です。

空港から政府指定ホテル着までは「長時間の覚悟が必要」

2021051702.jpg

羽田には15時過ぎに到着しましたが、到着後の検査・結果待ち・ホテル移動のバス待ちで空港を出れるまでに4時間半かかり、ホテル到着からも順番にチェックインということで1時間待ち、結局部屋には21時半までチェックインすることが出来ませんでした。

2021年3月2日より水際強化措置で、アイルランド、イスラエル、英国、ブラジル(アマゾナス州)及び南アフリカ共和国 に加え、多数のヨーロッパの国々を含む 13 の国・地域を「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に指定されたため、検疫所が確保する宿泊施設に宿泊しなければならない人たちの数が大幅に増えたようで・・・

私たち以外に同時間に到着した乗客のほとんどが1人での帰国者、家族連れて帰国した日本人でした。

イギリス出発前にオンラインで入国後の滞在先の申請をしなければならないということでしたが、その厚生省のシステムがダウンしており、ヒースロー空港内での登録ができず、結局日本に到着してからオンライン申請書、そして書式の自己隔離をする点や健康状況の報告をするという誓約書、書式での自己隔離場所の確認書など、どれも同じような内容の書類やオンライン・フォームを何度も記載しました。(しかも家族連れでも一人一人記入しなければならないので、私の場合は同じ作業を4回しました)

その後、3日間の検疫隔離施設に行く人たちは緑色のタグカードを身につけるように言われ、空港内で、同じ内容のようなことを何度も役所の方に聞かれるチェックインポイントを通り・・・唾液を使ったPCR検査を受け、検査結果が出た人からバスで隔離施設への移動という流れでした。

検査結果が出た後、入国審査→荷物取り→検疫→移動バスへ乗るまでは、数人の乗客のグループにつき、1名の係官の方が付き添って誘導して下さいました。

写真は撮れないと書いてあったので撮りませんでしたが、正直この一連の流れに関わられる係官の方の人数の多さに大変驚きました。(係官の方達からクラスターが起きてしまいそうなほど大変な数でした)

日本政府指定ホテル滞在中のルール

2021051703.jpg

ホテルチェックインの際には、食べ物のアレルギーなどの確認などがあり、部屋への移動は係員の方の付き添いのもと移動、そして、部屋に入室した後は原則外に出ることは絶対禁止です。

到着時に「検疫所宿泊施設滞在のしおり」というものを貰います。しおりにはかなり詳細に何ができて何ができないのか(差し入れの貰い方・洗濯の仕方なども含まれています)が記載されています。

私の場合、大人1人+子供3人で帰国したのですが、家族用の部屋がなかったため、2部屋に分かれて滞在していて、子供が1歳半・9歳・11歳とまだ幼いため、隣同士の部屋の移動は最小限に抑えつつOKとしてもらえるように交渉しましたが、この交渉はかなり粘らなければOKして下さいませんでした。

12歳未満の子が、滞在中の健康状態を随時報告できるとは思えませんし、安全面を考えても子供の様子見をするという観点からも部屋の行き来はOKするべきだという理由、そして私たち4人は同じ世帯から来ているから感染リスクは同じという理由は理解して下さいましたが、検疫隔離マニュアルに部屋の行き来ができないと書いてあるため、それに反することをすることがダメという理由で頑なにダメとおっしゃっているという印象でした。

おそらく、親1人+子供3人での帰国は想定外だったんだと思います。部屋の外には警備員の方が24時間待機していらっしゃり、かなり厳しい目を光らせていらっしゃいます・・・。

ホテル内では下記のような案内放送が日本語と英語で何度も流れます。

6:30 滞在3日目の方向けにコロナ検査のキットを部屋の外に置くので、7時までに唾液の摂取をして下さいという内容

7:00 これから検査キットの回収をしますという内容

7:15 これから朝食を部屋の外に配り始めますが、「次の案内が出るまで、絶対外に出ないで下さい」という内容

8:00 - 8:30 食事の配布が終わったため「マスクをして部屋のドアノブにかけてあるお弁当を取って下さい」という内容

11:00 次の日に退所予定の人たちは、「バスの時間を選べる書類を13時までに部屋のドアにマグネットで付けて提出して下さい」という内容

11:30 昼食配布開始の放送

12:00 - 13:30 昼食を取ってよいという内容

17:30 夕食配布開始の放送

18:00 - 20:00 夕食を取ってよいという内容

食事は朝食7:30頃、昼食12:00頃、夕食18:00頃と事前にチェックインの際に知らされていましたが、滞在者数の数が多いからか、かなり食事を配って下さる時間に幅があります。2日目の晩は2時間以上遅れました。

隔離施設滞在中は、毎朝検温をしオンラインで体温と健康状態の報告(多分これは3日間の隔離期間のみ)、そしてLINE・またはEmailでも同じような内容の健康状態の報告(こちらは入国後14日間する分)をしなければなりません。

政府指定ホテル内の環境や食事は?

2021051704.jpg

ホテル部屋内でのインターネットは、私が滞在していた両国のアパホテルはWi-Fiがとても良いですが、なかにはとてもWi-Fiが弱いホテルもあるそうです。

アパホテルですので、普通のビジネスホテルのように基本的な洗面用具、ケトルはありますが、レンジ等はないです。

毎回の食事例

毎回食事はお弁当でした。2回分の写真を紹介しますね。

【朝食】

2021051705.jpg

【夕食】

2021051706.jpg

私はグルテン・フリー、娘はベジタリアンで、食事のリクエストはチェックイン時に聞いてくれましたが、実際の食事はリクエストしたものではなく、全く同じ食事が提供されています。

この点に関しては、事前にインターネットで調べていて、イギリスから大量に食料を持ってきていたため、私たちは大丈夫でしたが、もし特別な食事が必要な方はご自分で準備されることを強くお勧めします。

赤ちゃん用の離乳食も提供して下さいます。また食事は全て冷たいので、インスタント・スープやカップ麺なども持参されると良いかもしれません。贅沢は言えませんが、野菜やフルーツも少ないです。

ただ、日本の場合、全て日本政府が費用を負担しコロナ対策として全て隔離は税金でまかなわれている為、あまり贅沢は言えませんし、コロナ禍の中、日本へ無事に帰国し安全な滞在ができるようにして下さっていることに感謝しています。

また、日本入国の際の検疫が厳しくなっており、検疫探知犬が何匹かいました。食料が大量に入ったスーツケースの1つの内容を確認されました。

私の場合、持ってきてはいけない物は持ってきていなかったため大丈夫でしたが、細かくチェックされました。

ホテルから直接自宅へは帰れない

2021051707.jpg

私たちは対処予定日に、朝7時までに検査キットの提出をして、14:30のバスで羽田空港へ戻るという希望を出しましたが、これも移動バスが大変混雑している関係で、最大2時間ほど遅れる可能性があると言われました。

滞在ホテルから直接お迎えに来てもらうことはダメと言われており、全員羽田空港に戻ることになるそうです。

空港からは公共交通機関が使えないので、家族のお迎え・コロナ専用のタクシー会社・レンタカーの手配などが必要ですが、2時間以上も到着が遅れる可能性があるので、タクシーの事前予約が大変難しいと感じました。

まとめ

2021051708.jpg

慣れない業務ということもあり、日本政府側の混乱も見て取れますね。情報がとても流動的なので、コロナ禍の留学は急なルールの変更などもあり臨機応変な対応が必要になります。

日本から海外に留学する際にも、多くの国で隔離措置をとっています。各国異なる規定やルールがありますので、私たち「成功する留学」では渡航前にしっかりご案内をさせていただいております。

コロナ禍で通常の留学より手続きのステップが多くなっておりますが、1つ1つクリアにしていけば大丈夫です。

お気軽にご相談ください!

▼この滞在記を送ってくれたスタッフさんの学校はこちら▼
https://www.studyabroad.co.jp/online/3/gb6/172/265/

物価の安いカーディフというイギリスの若者に人気No1の人気の都市にある学校です。質はよいですが、費用も安くおされることができ寮もリーズナブルできれいな物件です。

▼学校HP▼
https://www.celticenglish.co.uk/

皆様からのご相談・お問い合わせをお待ちしております!

counseling_btn.png

  
    

この記事をシェアする

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ページ上部に戻る