お急ぎの方はお電話で!

お問い合わせ0120-945-504

オーストラリアでワーキングホリデー(ワーホリ)費用・予算

オーストラリアのワーキングホリデーはいくらかかる?

金額はあくまでも目安です。都市や学校、滞在方法、現地収入額などによって大きく異なります。語学学校も行かずに格安で出発したい方(初期費用60万円以下)は、到着時の2週間分の宿泊と現地サポートを受けられるオーストラリア シドニー滞在の格安ワーホリサポートプラン(大人のワーキングホリデー)がお勧めです。

お見積事例(概算)  初期費用1年間の費用収支(費用-収入)
語学研修3ヶ月の場合
(お見積事例1)
100万円100万円
格安プランの場合
(お見積事例2)
58万円0万円

無料説明会・セミナー情報

東京・大阪・名古屋などでワーキングホリデー説明会を開催!まだ決めかねている方もお気軽にご参加ください。

開催日 時間 内容 詳細
4月8日(水) 11:00~ 大阪初めての留学!個別相談会

留学する国や期間の相談からOK!

個別相談会に参加

▲ページトップへ戻る

お見積もり事例1(語学学校3ヶ月研修の場合)

  • 語学学校研修期間:3か月
  • 滞在形式:ホームステイ3か月、フラットシェア9か月
  • アルバイト:8か月
  • 設定為替レート:77円

出発前に必要な費用

ワーキングホリデーサポート料金(税込)11万円
ビザ取得代金4万円 
往復航空券16万円 
海外旅行保険(1年間)22万円 
留学費用42万円
通学期間中の滞在費(ホームステイ3か月)30万円 

小計a:約125万円


内訳の詳細

ビザ取得代金:A$487となります。別途健康診断が必要な場合があります。

航空券:航空券の価格は、時期によって価格が変わります。(空港税、出入国税、燃油サーチャージなどを含む)。※成田シドニー往復

海外旅行保険:東京海上日動HJタイプ・1年です。保障プランの内容によって金額が変わります。

留学費用:入学金、12週間授業料、空港出迎え料などの諸費用を含みます。

通学期間中の滞在費:1日2食付きの料金となっています。

出発後に必要な費用

フラットシェア(9か月)54万円
生活費(12か月)45万円

小計b:約100万円(99万円)


フラットシェア:シェアアパート(シティ)で、2~3人が一緒に住む場合の家賃相場として、6万円/月を想定しています。

食事等生活費:食費、通信費、交際費など月4万~5万円弱で計算しています。

費用計(a+b):約225万円

収入

現地でのアルバイト(8か月):約130万円

時給A$19.5(1502円※日本食レストランの場合)で、1日6時間・週5日・35週(8ヶ月)働いた場合の収入の目安、税金を15%として計算してます。

【支出】から【収入】を引いた合計:約100万円

※価格は 2019年9月現在の情報及び「成功する留学」換算レートでの参考料金です。

※費用は留学する都市や学校、時期、滞在方法、授業時間数などによって異なるため、あくまでも目安の料金です。

アルバイトでの収入が130万円、現地の滞在費が100万円なのでアルバイトで十分生活することができます。

詳しい内容はカウンセラーにお問い合わせください

お問い合わせ・無料相談

▲ページトップに戻る

お見積もり事例2 格安プラン(語学学校なしサポート付)

  • 語学学校:なし
  • 滞在形式:フラットシェア12か月
  • アルバイト:9か月
  • 設定為替レート:77円

出発前に必要な費用

プログラム費用(税込)22万円
ビザ申請料4万円
片道航空券10万円
海外旅行保険(1年間)22万円

小計a:約58万円


内訳の詳細

プログラム費用:大人のワーキングホリデープログラム費用です。

ビザ申請料:インターネットでビザ申請する際に必要な申請料でA$487です。お客様で申請していただくことになります。

航空券:成田シドニー片道

海外旅行保険:東京海上日動HJタイプ・1年です。保障プランの内容によって金額が変わります。

大人のワーキングホリデーはビザ取得サポート、英会話レッスンは別料金となります。詳しくはカウンセラーにご相談ください。

出発後に必要な費用

滞在費72万円
生活費48万円
片道航空券10万円

小計b:130万円


内訳の詳細

就労先滞在費:フラットシェアで滞在することを想定して費用を算出しています(月6万円)。

就労先生活費:月4万円で計算しています。

費用計(a+b):約190万円

収入

就労先での収入(9か月):約190万円


※194万円は時給A$19.5(1502円※日本食レストランの場合)で、1日8時間・週5日・39週(9ヶ月)働いた場合の収入の目安、税金など諸経費15%として計算してます。

【支出】から【収入】を引いた合計:0円

大人のワーキングホリデープログラムで9か月間平日働けば、現地での生活費だけでなく、出発時の金額も貯金できる計算になります。語学力に自信があって学校は必要ないけど現地サポートが欲しいという方にはピッタリのプランです。

注意事項および補足

価格は2019年9月現在の情報及び「成功する留学」換算レートでの参考料金です。費用は留学する都市や学校、時期、滞在方法、授業時間数などによって異なるため、あくまでも目安の料金です。為替レートの変動でお見積金額が変わります。

大人のワーキングホリデープログラムを使い、1ヶ月で職が決まる場合でのお見積です。

合計金額は、ワーホリ期間の収支概算であり、出発前に必要な費用(約100万円)および現地到着後にビザ申請の条件である滞在資金A$5,000(約40万円)は必要となります。

詳しい内容はカウンセラーにお問い合わせください

お問い合わせ・無料相談

▲ページトップに戻る

オーストラリア 最低賃金(2019年11月現在)

最低賃金A$19.49

2019年7月からA$19.49$に値上がりしました。

カジュアルワーカーは最低時給が25%増し$24.36になります。土日は、20~50%増し、祝日は2倍になります。レストランによっては、最低賃金以下で働かされるところも少なくありませんが、最近は、最低賃金を支払ってくれるところも増えてきています。

アルバイトの時給の目安(2019年9月現在)

オーストラリアのワーホリでは、日本食レストランなど飲食関係のウェイトレスやキッチンスタッフなどが多いです。シドニーは比較的すぐに仕事が見つかります。英語力があれば、現地人向けのカフェやレストランで働くこともできます。体力に自信のある方は、フルーツピッキングにチャレンジしてみるといいでしょう。

日本食レストランのスタッフ A$19.49

英語力 初級以上

比較的英語力を問われずにアルバイトが決まるのが日本食レストランです。

現地カフェやレストランのスタッフ A$24.36

英語力 中級以上

英語での日常会話ができれば、ウェイターやウェイトレスと呼ばれる接客ができます。ただし語学力が必要で、時給は、皿洗いなどに比べて高くなります。ただし、最初は最低時給からのスタートとなります。

お土産屋の店員 A$20

英語力 初級以上

日本人向けのお土産屋であれば英語力にあまりなくても、採用される可能性が高いです。ただし、英語が話せればその分時給が高くなる可能性があります。

ファーム A$24.36

英語力 初級以上

ただし、給料は歩合制が多く、収穫量で決まります。

オフィスワーク A$19.49

英語力 上級以上

オフィスワークの求人はなかなか難しいといわれています。日本の旅行代理店など無給インターンなどで数か月で働き、実力を認められて就職するケースもあります。いずれにしても高い英語力を求められます。

▲ページトップに戻る

オーストラリアの税金(2019年11月調べ)

オーストラリアの消費税は、Goods and Services Tax: GSTとよばれ、ほぼすべての商品、サービスに課税されます。税率は10%になります。食品材料、医薬品などは非課税対象となります。

バックパッカー税:は、ワーキングホリデーで働く人を対象にした税金です。基本的に収入に15%を課税します。ちなみに、年収がA$37,000-90,000の場合、32.5%の税率がかかります。

2019年11月にワーキングホリデーのビザで就労する外国人に15%の所得税が課されている「バックパッカー税」について連邦裁判所は、日本やイギリスなど、一部の国と結んでいる課税協定の無差別条項に対して違法であるとの判決を下しました。課税協定によると外国人労働者は同じ程度の収入がある自国民(オーストラリア人)より多く課税してはならないという内容です。今後どのようになるかはまだ不明です。

詳しくは、オーストラリア税務署のページをご覧ください。

また、7月に個人所得税を毎年申告しなければならないタックスリターンが義務付けられています。タックスリターンのために雇用主から貰ったPAYG Payment Summaryは、大切に保管しておきましょう。

▲ページトップに戻る

オーストラリアの物価(シドニー 2019年9月調べ)

シドニーは物価が高いといわれますが、最低賃金も上がってきているため、ワーホリワーカーにとっては、やさしい環境になってきています。一方で、日本のコンビニような便利で安いお店がありません。外食ばかりしているとお金がすぐに無くなるので、自炊して生活費を抑えるのがお勧めです。あと、スーパーなどでまとめ買いすると大幅な割引があったりします。

ビッグマックA$6.15
スターバックス カフェラテトールサイズA$5
カフェのコーヒーA$3-7
サンドイッチA$6-10
パブのビールA$8-10
ミネラルウォーターA$4(コンビニばら売り)
映画館の映画チケットA$20(一般)
フラットシェアの家賃(1人部屋1か月)A$1000~

ミネラルウォーターはスーパーのまとめ買いをすればA$1程度で購入できます。

こちらにもオーストラリアの情報があります。

▲ページトップに戻る

ワーキングホリデープログラムのお申込み・ご相談

「成功する留学」が信頼され選ばれる4つの理由

アジアNo1.留学エージェント殿堂入り

アジアNo1.留学エージェント殿堂入り

業界初!ST Star AwardsアジアNo1.留学エージェントを5回受賞。日本で唯一殿堂入りを果たしたエージェントです。

トロフィー

提携校17ヵ国、740校!提案力に自信あり

提携校17ヵ国、740校!提案力に自信あり

幅広いネットワークから、 一人ひとりの目的や語学力に合った留学プランをご紹介できます。

実績35年多くの人に選ばれている「成功する留学」

実績35年多くの人に選ばれている「成功する留学」

1984年創業、利用者累計25万人に選ばれてきた実績があります。

出発前から現地までワンストップでバックアップできます

出発前から現地までワンストップでバックアップできます

学校から航空券の自社手配、海外旅行傷害保険の手配、教育旅行の企画から主催まで実施することができる、最も要件が厳しい旅行業第1種に登録。その他複数の旅行・留学業界団体に加盟しています。現地サポートオフィスも9ヵ国15都市にあります。

お電話でのご相談
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
フリーコール0120-945-504

▲ページトップに戻る

ワーキングホリデー総合案内

国別ワーホリ情報

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ワーキングホリデーの費用のページ上部に戻る