• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年10月 秋 東京・大阪・名古屋で開催!

2018/01/19 Fri.

TOEIC200点代の僕がオーストラリアで稼ぎまくった話[後編]

ワーキングホリデー オーストラリア・ニュージーランド グローバル人材
成功する留学スタッフ

東京デスクの清宮です!前編からの続きです。

大学1年次、TOEIC200点代。英語公用語のゼミにて辛い日々を送り、一念発起して挑んだ短期留学を経て、TOEIC500点代まで成長。

そこから休学してワーホリに挑みます。

語学研修3ヵ月。各種資格を取得

語学学校には3ヵ月通学しました。この間、英語力を上げて現地に慣れたら、カスタマーコース*という仕事に役立つコースに切り替えました。 

*カスタマーコースは英語力中級レベルから受講可

ここでオーストラリア国内で働くうえで活かせる可能性のある各種資格を取得しました。

僕が取得したのは次のようなものです。

・酒類取扱い 
・バリスタ 
・衛生管理 
・ギャンブル就業資格 

そのほか、学校でインターンとして働いた分の就業証明3種類

friends

さあ、オーストラリアで働く準備ができました。

絶対に見返してやる!その一心

オーストラリアに行くときに、反対した人たちを絶対に見返してやる!という強い気持ちを抱いていました。絶対にワーキングホリデー滞在を自分の価値を高めるものにしないといけない。その一心で行動しました。

すぐに少しでも多くの人に会いに行き、色んな集まりに顔を出しました。

friends

出会う人たちには「働きたい!」「成長したい!」「自分はこんなことができる!」ということを伝え、そこから広がったチャンスが多々ありました。

人脈・資格を活かした数々の仕事

すぐに得られた仕事はホテルでの仕事。知人の紹介です。収容人数300人くらいの小規模なホテルで、文字通り「ホテル全般業務」に従事します。

すなわち、予約受付、フロント、ベル、客室、レストランのキッチン補助、ウェイター、コーヒーバリスタ、バーテンなど。ここで自分の持つ各種資格や英語力がフルに活かされました。

仕事が終わるとオーストラリア人の同僚と1時間くらいおしゃべりして帰っていましたので、会話力もかなり磨かれたと思います。

清宮ケアンズ

次に始めたのは、旅行会社での仕事です。ここでは、ツアーの視察や企画、ツアーコンダクターなど。気球ツアーやマラソン、クルーズやグレートバリアリーフなどケアンズの様々なアクティビティを体験したりご案内する仕事です。

清宮ケアンズ

ビジネス起業のチャンスが舞い込む

オーストラリアで働き、暮らすなかで、オーストラリアでは数少ない「日本式コンビニエンスストアの立ち上げ」の話が舞い込んできました。オーストラリアにもコンビニらしきものはありますが、本当に最低限の日用品を置くのみ。日本のコンビニのような食品・清涼飲料水・生活雑貨の最新ラインナップが揃い営業時間が長い店というのはなかったのです。

ビジネスの起業に関わるチャンス!とすぐに飛びつきました。マーケティング、商品構成、仕入れ、プロモーション、店舗デザインなど、ゼロベースから考え行動しました。

清宮ケアンズ

地元の人がどのような商品を好むか、どうしたら顧客が付くのかなど様々な思考を巡らせて取り組んでいくのです。オープン前の勤務時間は1日17時間。

オープン後にお客様に「こんなお店欲しかったんだよ!」と喜んでいただけたときに、苦労の全てが報われました。日本では当たり前の「ポイント制」これを自分で提案し、お客様が早速利用してくださっている姿などはほんとにうれしかったですね。

結局”人”がカギになる

オーストラリアは全て時給制で、ホテルの仕事が時給24~36ドル、旅行会社が時給16ドル位。最後のコンビニ立ち上げのときは時給18ドルの勤務でした。そこから税金が32.5%*引かれた額が手取り額となります。

お金

一時ダブルワークもしており、体力にまかせてガツガツ働いていたので、多い時の月収は6000ドルくらい。オーストラリアの4人家族のお父さんより稼いでいました。稼いだ分、たくさん遊び、手取りの給与はほとんど使い切ってしまいました。ところが、帰国時に給与からひかれた税金が戻ってくる制度があり、働きながら自然に貯まったお金と併せて90万円ほどが手元に残りました*。オーストラリアワーキングホリデー参加の初期費用が100万円くらいかかっていたので、この分がほぼ精算できた計算です。*2016年前の税率(年収18500ドル未満は非課税)に基づいています。現在この制度はありません。

帰国して受けたTOEICは900点を超えました。

このようにたくさん働き、遊び、様々な経験をしましたが、一番学んだこととしては、ひとりでは何もできないということです。掴んだ仕事も、友人やホストファミリーが紹介してくれたからであり、自分で見つけた仕事はひとつもなかったのです。

清宮

反対した人を見返してやる!という気持ちでオーストラリアに行きましたが、強い気持ちで行動することができたのは、反対してくれた人たちがいたから。

周囲の人たちのお陰で、この1年で大きな成果が得られました。

ワーキングホリデーは学び、遊び、働くと色々な要素を詰め込むことができる素晴らしい制度です。自分が目標とするゴールを定め、しっかりした気持ちで行動すると大きく成長できると思います。

もしも迷いや、不安があるようでしたら是非一度ご相談に来てください!全力でお話しさせていただきます!!

東京デスク:清宮亮太(きよみやりょうた)

カウンセラーは留学経験者

無料留学相談


併せて読みたい

なぜ、留学をすると就活に有利なのか?

早大生の交換留学-ハワイ大学へ!

アメリカ休学留学体験記

無料留学相談

関連する記事

2018/10/26 カナダ 語学留学 ワーキングホリデー

世界最長の街道!?ヤング・ストリート

2018/10/25 イギリス・アイルランド 語学留学 ワーキングホリデー

在住者が教える!アイルランドで必ず訪れてほしい場所5選

2018/10/25 オーストラリア・ニュージーランド 語学留学 語学プラスα

ワーホリも長期留学も!TOEICコースで帰国後に備えよう

2018/10/23 オーストラリア・ニュージーランド ワーキングホリデー 語学プラスα

留学生も絶賛の住みやすさ!在住者が語るシドニー暮らしの魅力3選

2018/10/12 オーストラリア・ニュージーランド 語学留学 ワーキングホリデー

英語+ファームスティでニュージーランドの大自然を満喫!