今いける留学先、語学学校の最新情報 今できる留学準備

お急ぎの方はお電話で!

お問い合わせ0120-945-504
今いける留学先、語学学校の最新情報 今できる留学準備
  
  

ライプツィヒに行ったら必ず訪ねたい!バッハが永眠するトーマス教会

    
小野 雅子
小野 雅子
トーマス教会を背にするバッハ像

ドイツの一地方都市ライプツィヒは、規模そのものは小さいけれど長い歴史を誇る文化と芸術の街。森鴎外もここの大学に留学していた事もあって、日本人にも馴染みのある学術都市だと思います。

ドイツ・ルター派のトーマス教会

そして何より、この街には・・・ドイツが生んだバロック音楽家の頂点ともいえる、ヨハン・セバスティアン・バッハの永眠するトーマス教会があるんですよ!

美しい装飾が施された正面入り口

ここには12世紀から教会がありましたが、今もある建物は15世紀末期に完成したもの。その後も修復・改築を重ねて今に至る、ルター派の教会です。

白が基調で静粛な雰囲気 ひときわ目立つパイプオルガン

バッハがトーマス教会の音楽監督に就任したのは1723年、彼が38歳の時でした。それからバッハは毎週のミサのために、なんと年間50ものカンタータを作曲!代表作のひとつ「マタイ受難曲」も、ここで初演されました。

祭壇に祀られたバッハの墓

この教会に多大な貢献をしたバッハは、祭壇の中央で永眠しています。

今も訪れる人々の献花が絶えないバッハの墓

教会にはお土産ショップも併設。もちろんバッハ関連グッズが沢山あるので、記念に何か買っておきたいですね♪

お土産選びに悩んでいる我が娘(^^)

そしてトーマス教会の前には、こちらも由緒ありそうな店構えのカフェ「カンドラー」が。ちょうど良い頃合いだったので、私たちもお茶してみました。

素敵なカフェ「カンドラー」

美味しい珈琲とバッハ・トルテ

ここで私が注文したのは、「バッハ・トルテ」という名前のケーキでした。ケーキ生地もクリームもコーヒー風味で、とても美味しかったです!

数々の素晴らしい曲を世に遺してくれたヨハン・セバスティアン・バッハ。彼の音楽をこよなく愛する人々にとって、正に聖地といえるトーマス教会なのです。

【データ】
トーマス教会(Thomaskirche)
住所:Thomaskirchhof 18, 04109 Leipzig
電話:+49 341 222240
URL:https://www.thomaskirche.org/r-index-en.html

カフェ・カンドラー(Cafe Kandler)
住所:Thomaskirchhof 11, 04109 Leipzig
電話:+49 341 2132181
URL:http://www.cafekandler.de/

  
小野 雅子

小野 雅子
ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら

    

この記事をシェアする

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ページ上部に戻る