• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

契約は慎重に

交渉は毅然とした態度で

行儀はいいし、家賃の滞納もしない日本人は、大家さんに歓迎される。しかし、主張もしなければ文句も言わないとなると、はっきり言ってなめられやすい。真剣な話をしているときにやたらとニコニコしたり、相づち代わりにイエス、イエスを繰り返したりするのはやめよう。大家さんとの交渉には、毅然とした態度で臨むべきだ。

条件は何度でも確認する

設備や賃貸条件は、くどいほど念を入れて確認しよう。「早くしないと別の人に貸してしまう」と契約をせかされても、疑問点がはっきりしないうちは決めないこと。最終的な賃貸契約は書面で行われる。契約書の内容が確認したとおりか、重要な条件が抜け落ちていないかなどしっかりチェックしよう。特に、次のことは必ず確認しておく。

  • 家賃に含まれていない料金の有無
  • いつから入居できるのか
  • デポジットは確実に戻ってくるのか
  • 部屋を引き払うときは、どのくらい前に知らせるか

入居が決まると、デポジットdepositと呼ばれる保証金を要求される。金額は、家賃1ヵ月分程度。入居中に備品を壊した場合は、このなかから修理代が充当される。

デポジットの領収証は必ずもらう

デポジットは、部屋を傷つけたり備品を破損したりしなければ、部屋を引き払うときに全額戻ってくる。ところが、借り手の無知をいいことに返金に応じない大家も稀にいる。デポジットを支払う際には、必ず「返金可 Refundable」かどうか契約書を確認すること。

物件の見学や交渉には友達を同伴する

部屋の見学には、友達についてきてもらおう。自分だけでは見過ごしがちな細かい点も、2人、3人の目で見ればそれだけ気づく確率が高い。フラット暮らしの長い人やイギリス人が一緒なら、さらに好都合だ。

賃貸契約時の注意点

不動産屋を通す際には所定の契約書が用意されているので、サインをする前にていねいに読んで、不明な点はサインをする前に確認してください。大家さんとの直接契約の場合、あとでトラブルになる危険性があるので、契約書の作成を申し出てください。契約書を作ってくれない場合は、支払ったデポジットの領収書に、「デポジットは契約終了時に、物件の破損などがない限り返金します」と一筆加えてもらうようにしましょう。キャッシュで支払いを要求されたら、領収書に、何の費用か(家賃の場合、いつからいつまでの分か)を明記してもらい、大家さんの名前、住所、電話番号も記入してもらいましょう。また、光熱費以外にカウンシルタックスCouncil taxを別途支払う必要があるかどうか、忘れずに確認してください。

イギリス留学の実現に向けて、まずは相談してみよう!

無料留学相談

イギリス留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

契約についてのページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート