• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

STEP5 お金の準備をする

留学にはかなりまとまった額のお金が必要だ。しかし、すべて現金で持っていくのはとても危険。ここではクレジットカード、銀行送金などの上手な活用方法を紹介しよう。

キャッシュ

現金は少しだけ持っていくと便利

若干のイギリス・ポンド、ユーロの現金を日本で用意して持っていくと便利。空港から滞在先までのタクシー代と食事代くらいは、用意しておこう。
両替は銀行に目的国の通貨(イギリス/ポンド)の現金があるかどうか確認してから出かけよう。もちろん、事前に用意できなかった場合は、空港の両替所を利用できる。成田空港、関西国際空港の外貨両替所は年中無休。フライトがある時間帯は営業している。
現地入国時、空港にある両替銀行でも両替えできる。ただ、一般に空港の両替所は交換率が悪いので、当面必要な最低額だけを両替するようにしよう。

クレジットカード

1枚あると便利なクレジットカード

クレジットカードを1枚持っていると、ホテルに泊まるとき、ちょっと大きめの買い物をするとき、食事をするときなどに多額の現金を持たずにすむので大変便利。使った分の金額は、日本円に換算されて日本の銀行口座から引き落とされる。

利用は計画的に

クレジットカードはサインひとつで買い物ができるという手軽さがあるが、くれぐれも使いすぎないようにしたい。1ヵ月の利用限度額を超えたり、支払いが間に合わなくなったりすると、使えなくなるので注意しよう。

身分証明書代わりにもなる

クレジットカードは一種の身分証明の役割も果たす。ホテルのチェックイン時やレンタカーを借りるときは、たいていクレジットカードの提示が求められるはずだ。クレジットカードがないと、現金でまとまった金額の保証金を要求されることになる。

クレジットカードでキャッシングも

クレジットカードのなかには、いざというときキャッシングができるものもある。カード会社の提携銀行の窓口で行う場合とATMを利用する方法がある。銀行の窓口でお金を受け取る場合は、カードでキャッシングしたい旨を伝え、カードとパスポートを提示。所定の用紙に希望金額を記入し、サインする。ATM利用の場合は、カードを入れて暗証番号と金額を打ち込む。

クレジットカードは国際的に通用するものを

イギリスで通用するおもなカードはVISA、マスター、JCBなど。所得のない学生の場合は、親の家族会員としてカードを取得するか、使用限度額が比較的低め(月額15万円くらい)の学生用カードをつくることになる。申し込んでからカード発行までに、通常は3週間~1ヵ月ほどかかる。

おすすめ!

カード紛失・盗難時の対処法をチェック

カードを紛失したり、盗難にあった場合、どこに連絡して、どのように対処すればいいのか、また、海外サポートオフィスの有無などは事前に調べておこう。

国際キャッシュカード

日本の口座から現地通貨を引き出す

海外で、日本の口座から預金を外貨換算して引き出せるキャッシュカードもある。いくつかの銀行や郵便局(シティバンクなどと提携)が発行している。現地支店、提携金融機関のATMから現地通貨で引き出せ、1回ごとに手数料がかかるが、銀行所定換算レートで24時間、365日利用可能。引き出し方法はクレジットカードによるキャッシングの方法と同じだ。

利用上の注意点

現在使っている口座のお金をそのまま海外の ATMで下ろせるので、短期留学には便利な国際キャッシュカード。ただし、海外のATMでも使えるカードを発行してもらうためには、口座をもっている日本の銀行窓口での手続きが必要。また、現地のATMを使うごとに手数料がかかる。

銀行の利用

現地で銀行口座を開く

留学が長期にわたる場合は、現地で銀行口座を開いたほうがいい。渡航の際に持っていくのは当面必要な額だけにして、残りは日本から送金してもらおう。この場合は日本にいる家族の協力が必要となるので、日本を出発する前に、海外送金の方法などをきちんと調べ、説明しておこう。

日本で開設も可能

銀行口座は日本のシティ・バンクなどでつくることも可能。英国銀行協会 (BBA) のウェブサイトで留学生の銀行口座開設に関するパンフレットをダウンロードできる。

成功する留学のカウンセラーより

  • 留学カウンセラー写真

    便利な両替所

    観光客の多い大都市には、街の中心部に両替所があります。銀行より営業時間が長く、土・日も開いている場合もあるので便利です。ただし、夜間や祝日は営業していないこともあり、いつでも気軽に現金化できるわけではありません。また、一般に両替所の手数料は銀行よりも高いところが多いです。身分証明としてパスポートの提示が求められます。

  • 留学カウンセラー写真

    持参するキャッシュと金額の目安

    日本を発つとき、とりあえず現地通貨のキャッシュを4~5万円分ぐらい用意しておきましょう。イギリス・ポンド建てのものを最低でも15万円分は用意して行きましょう。30万円あればさらに安心。また、日本円のキャッシュも4~5万円もあればいざというときに役に立ちます。

銀行口座の開設

普段の買い物は現金やクレジットカードでも事足りるが、学校の授業料や家賃、電気代などの支払いについて、長期滞在の場合は現地で口座を開いたほうが便利。

安全にお金を準備、管理する方法

  • 身分証明にもなるクレジットカードは1枚あると心強い
  • 短期留学の人は、国際キャッシュカードが便利
  • 1年以上の長期留学の人は、現地銀行の口座開設を

キャッシュパスポートは安全で便利!

海外210カ国MasterCard(R) ATMで現地通貨を引き出すことが可能で、海外のMasterCard(R)加盟店でデビットカードとして残高分まで買い物やレストランで決済ができる。

イギリス留学の実現に向けて、まずは相談してみよう!

無料留学相談

イギリス留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

Step5.お金の準備をするのページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート