お急ぎの方はお電話で!

お問い合わせ0120-945-504

オーストラリアの銀行

オーストラリアの主な銀行

オーストラリアのおもな銀行は、オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行、ナショナルオーストラリア(National Australia)銀行、オーストラリア・コモンウェルス(Commonwealth)銀行、ウエストパック(Westpac)銀行など。日本と同様に全国各地に支店を構えている。

なかでも、ANZ銀行は東京、名古屋、大阪に、ナショナルオーストラリア銀行は東京に支店をもっており、口座があれば日本から円送金をしてもらうときに、仲介の金融機関を必要としない。現地でも簡単に開設できるが、日本の支店に必要書類を郵送、または直接出向いて、渡航前に口座を作っておくことも可能だ。

自宅や学校の近くに支店があるかどうかは要チェック。銀行によって、利率や開設できる口座の種類、条件が異なるのはもちろんのこと、学生向けのサービスやインターネットおよびテレフォンバンキングが充実しているなどの特徴もある。

銀行口座の種類

オーストラリアの口座の種類は大きく分けてふたつある。

普通貯蓄口座(Savings Account)

普通貯蓄口座は、日本の普通預金口座と同じく出し入れ自由。通常は毎月の口座維持手数料がかかるが、銀行によって一定額以上の残高を維持していれば手数料が無料になることもある。公共料金や家賃の自動引き落としなどもこの口座で対応できる。

当座預金口座(Cheque Account)

当座預金口座は、銀行によって条件は違うが、基本的に居住者でないと作れないことが多い。また、学生が小切手での支払いを求められることは多くない。そのほか、利率の高い特別貯蓄口座(英語名は銀行によって異なる)や、定期預金口座(Term Deposit)は、条件を満たしていれば学生でも開設できる。現在、日本と比べてオーストラリアの利率は他国に比べ高いため、貯金のある人にはおすすめ。

キャッシュカードの使い方

普通口座を開設するときに希望すれば、キャッシュカード(英語名は銀行によって異なる)を発行してもらえる。申し込み用紙に4桁の数字を暗証番号(PIN Number)として書き込むのは日本と同じだ。キャッシュカードは、口座を開いてから通常1週間ほどで指定した住所に郵送されてくる。このカードがあれば、24時間365日、街のいたるところに設置されたATMに暗証番号を打ち込み、現金(1日あたりの上限額は銀行によって異なる)を引き出すことができる。他行のATMでも、手数料を払えば利用可能。

EFTPOS(R)の使い方

日本のデビットカードに相当する「EFTPOS(R)(Electronic Funds Transfer at Point of Sales)」システムが、コンビニエンスストアからレストランまで、ほとんどの店で普及している。現金を持ち合わせていないとき、銀行やATMに行かなくても、キャッシュカードを使って口座から支払い金額を直接引き落とせるので便利だ。会計時に店の人に頼んで、小額の現金を引き出すことも可能。利用の際には、店の人にキャッシュカードを差し出す、または自分で専用読み取り機にカードを通して読み取らせ、画面に表示された金額を確認してから暗証番号を打ち込む。このとき、後ろに並んでいる人などに暗証番号を盗み見されないよう注意したい。

通帳がない!?

オーストラリアの銀行では、預金通帳を作っていない。その代わり、希望によって、3ヵ月に1度、または毎月、使用履歴と残高照会の書類(Bank Statement)が送られてくる。EFTPOS(R)や自動引き落としの機能を使った記録も、いつどこで使われた金額か明記されている。大切に保管して生活費をやりくりしよう。

オーストラリアの銀行

オーストラリア・ニュージーランド銀行

電話番号(03)6212-7788(東京)

ナショナルオーストラリア銀行

電話番号(03)3241-8781(東京)

オーストラリア・コモンウェルス銀行

ウエストパック銀行

営業時間は各銀行や支店によって異なる。だいたい月曜が9:30~16:00、金曜が9:30~17:00。大都市の中心部にある大きな支店では土曜営業も。

小切手が必要な場合は

学費やビザの申請料、中古車の購入費など、大金を払うために小切手が必要な場合は、A$5ほどの手数料を払えば、銀行小切手(BankCheque)を発行してもらえる。

暗証番号に注意

ATMなどで間違った暗証番号を3回続けて入力すると、第三者による不正使用と見なされてカードがロックされてしまうので、忘れてしまったら銀行に問い合わせよう。

銀行口座開設に必要なもの

新規の口座を開くには、銀行や口座の種類によっても異なりますが、複数の身分証明書が必要です。身分証明書になるのは、パスポート、現地の運転免許証(日本の国際免許証は無効とされることが多い)、クレジットカード、光熱費や電話の請求書など。また、口座の種類により一定額以上の入金が求められます。

オーストラリアのサポートオフィスで、あなたの留学生活をサポート

無料留学相談

オーストラリア留学

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

広い選択肢から留学を検討する

アメリカ国旗 アメリカの留学情報
カナダ国旗 カナダの留学情報
オーストラリア国旗 オーストラリアの留学情報
ニュージーランド国旗 ニュージーランドの留学情報
フィリピン国旗 フィリピンの留学情報
マレーシア国旗 マレーシアの留学情報
イギリス国旗 イギリスの留学情報
アイルランド国旗 アイルランドの留学情報
マルタ国旗 マルタの留学情報
フランス国旗 フランスの留学情報
スペイン国旗 スペインの留学情報
イタリア国旗 イタリアの留学情報
ドイツ国旗 ドイツの留学情報
オーストリア国旗 オーストリアの留学情報
シンガポール国旗 シンガポールの留学情報

オーストラリアの銀行のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
キャッシュパスポート