お急ぎの方はお電話で!

お問い合わせ0120-945-504
  
  

【ニュージーランド短期留学希望者必読】NZeTAとIVLの事前申請が必須に!

    
成功する留学スタッフ
成功する留学スタッフ

201910071200.png

2019年10月1日以降、ニュージーランド政府は訪問者に対し、NZeTA(New Zealand Electronic Travel Authority:電子入国許可証)と観光税(IVL:International Visitor Conservation and Tourism Levy)を導入しました。

日本はこれまでビザが免除されていたため、3カ月以内の観光や短期留学、ニュージーランドの空港を経由して乗り継ぐ場合、ビザなど事前に申請するものはありませんでした。

しかし、2019年10月1日以降に3カ月以内の観光や短期留学でニュージーランドへ渡航する場合、もしくはニュージーランドの空港を経由して乗り継ぐ場合は事前にNZeTAの申請を完了することが必須となります。

NZeTA は滞在ビザではなく、ニュージーランドへの入国を保証するものではありません。今回、NZeTAが導入された背景には「犯罪者などリスクがある者の入国を未然に防ぐ」「入国時のセキュリティーを強化する」という目的があります。

<Before>
・日本国民で3カ月以内の観光や短期留学が目的=パスポートのみで渡航することができた

<After>
・日本国民で3カ月以内の観光や短期留学が目的=事前にNZeTAを申請&取得が必須に

渡航する前にNZeTAを申請していない場合、ニュージーランドに入国拒否される可能性がありますので、注意しましょう。
なお、ビザを取得する場合、NZeTAを申請する必要はありません。

<NZeTAが必要>
・日本を含むビザ免除国、トランジットビザ免除国のパスポートを所持しているニュージーランドへの渡航者(乗り継ぎでオークランド空港を経由する場合も含む)

・クルーズ乗船客(国籍問わず)

・オーストラリア永住者(オーストラリア国民は除く)

<NZeTAが不要>

・ビザ(学生ビザ・ワーキングホリデービザ・ワークビザなど)を取得している人

・ニュージーランドパスポート保持者

・ニュージーランドの永住者

・オーストラリアパスポート保持者

<NZeTA申請方法>

NZeTAはWebサイトと専用モバイルアプリ(Android/iOS)から申請することができます。Webサイトから行う場合、料金は12NZドル(1NZ=約70円:約840円)。専用アプリから申請をする場合、料金は9 NZドル(約630円)。専用アプリを使うと、Webサイトよりも3NZドル(約200円)安く申請できます。

申請するには、パスポートとクレジットカードが必要になりますので、事前に準備しましょう。

手続きを行う所要時間は5分~10分ほど。有効期限は2年。有効期限内に複数回渡航することができます。承認まで最大で約72時間かかりますので、余裕をもって申請しましょう。

<観光税(IVL)導入について>

今回のNZeTA改定にあわせて同じく導入された観光税(IVL)はNZeTAやビザを申請する際、同時に徴収されます。学生ビザやワーキングホリデービザを取得している場合でも、同じく徴収されます。料金は35NZドル(約2,450円)。有効期限はNZeTAと同じく2年間で複数回渡航可能。
観光税(IVL)は、観光インフラの整備と自然保護を目的としています。

  
    

この記事をシェアする

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ページ上部に戻る

  
  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
キャッシュパスポート