• 成功する留学へのステップ
  • 留学への目的
  • 留学する国
  • セミナー・イベント
  • 語学学校を探す
サイト内検索

語学学校の授業内容

語学学校で英語力を多角的に磨く
オーストラリアの語学学校のコースは、大きく分けて2種類。“General English Course”などと呼ばれる一般英語コースと、ビジネス英語やTOEFL(R)準備など目的別の専門英語コースがある。

語学学校の基本スタイル

学校やコースによって多少の違いはあるものの、語学学校はおおむね以下のような形で運営されている。

授業時間
1レッスン45~120分、1週間あたりの授業時間数は15~30時間が一般的。私立の語学学校では、週15、20、25、30レッスンなど、各種のコースを設定している学校が多い。大学や専門学校の付属校では週20~25レッスンが中心。基本的に土・日曜は休み。
期間
私立の語学学校は最短で1週間、2週間、もしくは4週間から受講可能というところが多く、上限は特にない。大学や専門学校付属は、1セッション(4~5週間)単位のところが多い。
授業レベル
通常、初級から上級まで3~10段階のレベルが設定されている。どのレベルに入るかは、入学時に行われるクラス分け英語テスト(Placement Test)によって決定。クラス分けテストでは、たいてい筆記と面接が行われる。

出発前に自分の英語力を把握しよう

特に現地で進学や専門コースに挑戦したい人は、出発前に英語検定を受けるなどして、自分の英語力を把握しておくといい。現在の英語力と留学期間や予算を踏まえて、今回の留学でできることとできないことを把握しておくと、現実味のある計画を立てやすい。

レベル分けの目安

入門“Beginner”
まったくの初心者レベル。
初級“Elementary”
英語を母国語とする人たちからの簡単な質問や指示が理解できる。簡単な日常会話ができる。
中級“Intermediate”
普通の速度での質問や話のほとんどを理解できる。自分になじみのある話題について、英語を母国語とする人たちと話し合うことができる。
上級“Advanced”
母国語で表現できることを英語でも明確に表現できる。英語による会話や講義などをほぼ問題なく理解できる。

コースの種類

全般的な英語力を高める一般英語コース

一般英語コース(GeneralまたはIntensive EnglishCourseという名称であることが多い)では、英語の基本的かつ必要最低限の知識から、英語を使いこなすまでを学ぶ。文法(Grammar)をはじめとして、読解(Reading)、作文(Writing)、リスニング(Listening)、会話(Speaking)の4つの基本的技能をまんべんなく高めていく授業内容だ。基本能力の習得のほかに、発音矯正や語彙、スピーチなどの選択クラスが用意され、目的に合わせて履修できる場合もある。

専門英語コース(プラスαプログラム)

語学学校では、一般英語コース以外にも、ビジネス英語コース、各種試験対策コース、英語教師用コースなど、さまざまな目的別の専門英語コースを設けている。

全日制と半日制

フルタイムコース(Full-time Course) は全日制コースで、授業時間数が週20時間以上のものを指す。この場合、だいたい朝9:00から夕方16:00くらいまでのスケジュールになる。

パートタイムコース(Part-time Course)は半日制コースのことで、授業時間が週20時間より少ないもののこと。通常9:00くらいに授業が始まり、12:00から13:00くらいまでの午前中のみの授業となる。

学生ビザを取得するならフルタイムコース

オーストラリアは、学生ビザを取得するには、週20時間以上のフルタイムコースへの登録が条件となっている。 ただし、3ヵ月未満の滞在の場合は、オーストラリアなら観光ビザを取得が必要となる。

修了証の授与

最上級レベルを修了した学生には、各校とも独自の修了証であるサーティフィケート(Certificate)を授与してくれる。たとえ最上級レベルを修了しなくても、各学生がコースを終えた時点での英語力を証明する認定証を発行してくれる学校もある。

修了証はどう使えるか

語学学校が発行してくれる学校独自の修了証は、大学の学位などとは異なるので、それのみで公的な資格や能力を証明するものではない。しかし、ごくわずかな数の大学や専門学校では、入学申請の際、提携している語学学校が発行したコース修了証やレベル証明書を英語力の証明として認めてくれることもあるようだ

成功する留学のカウンセラーより

  • 留学カウンセラー写真

    「会話」の授業にこだわらない

    語学留学する日本人の多くは、「英会話コンプレックス」があることが多いようです。だから、学校を選ぶときも「会話を中心とした授業」を行うところにこだわりがち。けれど、会話力は文法や語彙、リスニングなど総合的な力を得て、ようやく完成するものです。生の英語にただ「触れている( 聞いている)」だけでは、会話力は身に付きません。

  • 留学カウンセラー写真

    コースの期間や種類は多種多様

    一般英語コースの場合、自分の留学期間に応じて最短1週間から受講可能です。期間の上限はありませんが、長くても48週間(1年間)勉強すれば、初級からスタートした方でも上級レベルに到達するでしょう。また、一般英語コースを長めに申し込んだとしても、途中でビジネスコースなどに変更することも可能です。その場合、未消化分の授業料は新しいコースにシフトしてもらえます。ビジネス英語コースや進学準備コースに入るには、中級レベル以上の英語力が必要なので、英語力が足りない人は、まずは一般英語コースからスタートしてください。

あなたにあったコースの選び方を相談してみよう

無料留学相談

オーストラリア留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

地球の歩き方「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

カウンセリング予約

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

留学用持ち物リスト&おすすめグッズ

旅行グッズ専門通販サイト「地球の歩き方ストア」

留学におすすめサイズのスーツケースは?変圧器は必要?などの疑問に答える留学持ち物特集!
準備から帰国まで、留学経験者が選んだ留学グッズを留学失敗談とともにご紹介!!
留学用持ち物リスト&カウンセラーオススメグッズはこちら!

語学学校の授業内容のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート