• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年10月 秋 東京・大阪・名古屋で開催!

フィリピン留学・セブ留学の特徴

独自の授業スタイル

スパルタ式かスタンダード式か

フィリピンの語学学校はバラエティーに富んだスタイルやコースを提供しています。とにかく勉強に集中したい、厳しい環境で鍛えて欲しいと考える留学生は、スパルタ(インテンシブ/集中講座)式を選択します。それに対し英語を勉強するのは久しぶり、またはしっかり勉強したいけれど、詰め込み型は避けたいという留学生はスタンダード式を選択するかもしれません。さらに、スパルタとスタンダードの間にある、セミスパルタ式もあります。
学校によって、スパルタ系の学校として統一しているところもあれば、ひとつの学校の中に、スパルタ式とそうでないスタイルを併設しているところもあります。自分の目的や性格、体力、精神力に合わせて選択できます。

スパルタ系の学校の特徴

スパルタ系の学校、スパルタ式の特徴として、以下のものがあります。

  • 毎日のコマ数が多い
  • 平日の外出禁止
  • テストが頻繁にある。テストに合格できないとペナルティー発生
  • 夜の自主学習が必須
  • 母国語禁止

このようなスパルタ式ルールを設けているのは、フィリピンの語学学校だけなので、自分を追い込んだ環境で、短期集中で英語を学びたいという方には向いています。
それに対し、英語はしっかり学びたいけれど、自分のペースも大切にしたいと考える方のために、上記のような規則のないスタンダード式も開設されています。

スパルタからスタンダードまで!フィリピンおすすめ語学学校

お電話でのご相談
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
フリーコール0120-945-504

どのコースにするかを決めよう

スパルタ式かスタンダード式、まずどちらのスタイルにするかを選択したら、次に豊富なコースからカリキュラムを選択できます。TOEIC®などの試験対策に重点を置いたコースは、特に学生さんに人気です。スピーキング力を向上させたいという目標なら、アウトプット学習を中心とした授業になります。テキストは学校によってさまざまですが、ピアソンロングマンやオックスフォードなど、欧米の出版社が発行している教材が主です。例えば、ピアソンロングマンの”Side by Side”は世界で最も使用されている英語教材で、フィリピンでも欧米の語学学校に通うのと同じ教材で学習することになります。さらに選べるコースとしてはビジネス英語、トラベル/サバイバル英語などがあります。通常フィリピン人講師は、学校の中で自分の専門分野や担当クラスがきまっているので、優秀な講師の下、1対1の指導が受けられます。

このようなマンツーマンの授業に加え、毎日2コマ~のグループレッスンが設けられています。グループレッスンといっても人数は4~5人が標準なので、話す機会は多くあります。グループレッスンは、マンツーマンで身に着けた英語を実践するロールプレイやディスカッションの場になります。他国の生徒さんとも雑談や会話ができるため、ヒアリングも鍛えられると留学生にたいへん好評です。

コースの選択に迷っても大丈夫

英語の勉強はしたいけど、具体的に何を学びたいかコース決めかねている場合でも心配はありません。出発前のカウンセリングや到着後に実施されるレベル分けテストの後にアンケートやインタビューがあるので、エージェントや学校と相談しながら最適なコースを選ぶことができます。留学生のニーズに合わせたバリエーション豊富なスタイルやコースが、フィリピンの学校の特色とも言えます。

フィリピン留学・セブ留学について説明するセミナー情報

まずは1週間!航空券&滞在費込みのフィリピン留学・セブ留学

授業料・航空券・滞在費込みなのでおトクで便利なパッケージプランです。

フィリピン留学・セブ留学についてさらに詳しく聞きたい方は

無料留学相談

独自の授業スタイルのページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート