• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

アメリカでの語学学校での過ごし方

授業初日は早めに教室へ

通常、授業が始まるのは、2日目からになる。朝、学校へ行くと、掲示板かなにかにクラス分けテストの結果が貼り出されているはず。指定された教室には早めに行って、いい席を取ろう。いよいよ授業開始だ。授業はもちろんすべて英語だが、先生は外国人に英語を教えるプロなので、心配はいらない。

沈黙は美徳ではない

アメリカの学校では、黙って授業を聞いていることは美徳でも何でもない。ちょっとくらいうるさい学生のほうが、授業に積極的に参加していると思われるくらいだ。一般的に日本人は授業中に質問するのが苦手だし、自分の意見を積極的に表現することもうまくないと言われる。まして英語で話すとなると、ついつい言葉少なになる人が多い。

積極的に発言しよう

日本人をはじめ、アジア系の学生は全体的におとなしい印象を持たれる。それに比べて、中南米やヨーロッパから来ている学生は実に積極的に授業に参加する傾向がある。彼らを見習って、授業中もどんどん発言してみよう。最初のひとことはものすごく緊張するだろうが、そのあとはだんだんリラックスしてしゃべれるようになるはずだ。「言うべきことははっきり言い、自分の意見を主張する」。この姿勢こそ、アメリカでは重要になる。ただし、相手の意見を聞いて理解することも同じくらい大切だ。

クラス別の様子

※各学校によって内容は異なります。

初級クラスは、まず基本から

授業内容は学校やコースの種類によっていろいろだが、一般英語コースの初級レベルでは、基本文法をしっかり押さえるとともに、グループやペアに分かれての日常会話のロールプレイングやクイズ形式の授業などもあり、楽しく英語が勉強できるはずだ。

中級以上は、教材もバラエティ豊か

中級以上のレベルになると、新聞や雑誌の記事などをリーディングの教材に使ったり、TVニュースを見てクラスメイトとディスカッションをしたりと、授業内容もかなり豊かになってくる。授業中に自分たちの国の歴史や文化、風習、社会情勢などを紹介しあうことも多いので、アメリカ以外の国の情報にも詳しくなれる。また、TOEFL(R)準備の授業が始まるのも、たいてい中級レベル以上からだ。

上級レベルではカレッジ・スキルも学ぶ

上級レベルになると、授業で扱う教材のテーマも、アメリカの政治や経済、社会問題、文化、歴史など難しくなってくる。大学付属の英語コースでは、大学の学部授業を意識して、レポートを書いたり、大量の文章を読んだりという、いわゆるカレッジ・スキルの養成も行われる。

はじめての留学に心配はつきもの。わからないことは何でもカウンセラーに相談してみよう!

無料留学相談

アメリカ留学

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談

まずは無料ですぐに届くデジタルパンフレットで成功する留学の安心サポートが丸わかり!

資料請求

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

語学学校での過ごし方のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート