• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

アメリカ留学におすすめの期間

語学習得には最低3~6ヵ月、1年あれば大学進学準備も
予算を立てるうえで、留学期間を定めることは重要なポイントになる。また、留学期間によって、語学留学の成果も変わってくる。一般的にはどのくらいの期間で、どの程度の成果が上がるのか、その目安を説明しよう。

留学期間に合った目標を

2週間~1ヵ月なら「アメリカ見聞留学」

1ヵ月以内の短期留学は、夏休みや長期休暇を利用して“留学体験”をしてみたい、という人向け。語学を習得するというよりは、休暇や旅行のひとつとして海外生活を体験する、いわば「アメリカ見聞留学」がこのタイプ。1ヵ月で英語がペラペラになることはないが、英語に「慣れる」ことはできる。また、1ヵ月でもその地に住んでみることは、旅行とはまったく違った海外体験になるはずだ。

将来の長期留学に備え、まずはその下調べの意味で1ヵ月以内の短期留学を体験してみる、という手もある。これは、将来1年以上の留学・進学を考えている人にぜひおすすめしたい方法。本番の長期留学の際にともなうであろう不安を、少なからず緩和してくれるはずだ。

3ヵ月~6ヵ月あれば語学習得に成果が

渡米して、飛躍的に英語力が伸びる時期がやってくるのが、3ヵ月~6ヵ月頃。したがって、英語力アップが目的なら、少なくとも3ヵ月以上は留学にあてたい。上達度は人それぞれ異なるが、だいたいまじめに半年ほど勉強していれば、アメリカ人との会話にもそれほど不自由を感じなくなるケースが多い。

6ヵ月~1年以内なら目標を設定しよう

半年以上経つと英語力の伸び悩みの時期に入り、英語の勉強そのものにも飽きてくる。ちょうど生活がマンネリ化する時期なのだ。半年以上の長期留学の場合、この時期をどう過ごすかが大きなカギとなる。「英語の習得」という漠然としたものから、もう少し具体的な目標を自分に課す、というのが効果を上げるポイントだ。進学するしないにかかわらず、TOEFL(R)のスコアアップを目指して勉強する。大学付属の英語コースに通っているなら、学部の授業を聴講してみる。あるいは、大学の生涯教育センターや地域のアダルト・スクールなどで、アートや音楽、コンピュータなどの講座に参加したり、ボランティア活動に参加してみるなど、学校の外に人間関係を築くことで、英語力がさらに伸びるきっかけになることも多い。

大学進学、専門学校入学の準備には1年

アメリカの大学や専門学校への進学を見据えた語学留学なら、1 年ほどの期間を見込んでおこう。1年間勉強すれば、ある程度の語学力が身につくはず。進学に限らなくとも、今度は「英語を使って何をやるか」を見つける時期になる。

ケース別留学期間

アメリカ生活を体験してみたい!2週間~1ヵ月
長期留学のための下見と情報収集2週間~1ヵ月
留学にそれなりの成果を求めたい3ヵ月~6ヵ月
アメリカの大学への進学準備6ヵ月~1年
使える英語を身につけたい6ヵ月~1年

カウンセラーは全員留学経験者。わからないことを何でも相談してみよう!

無料留学相談

アメリカ留学

留学期間の目安のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート