• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

安全のための10ヵ条

海外だからとハネを伸ばすのもいいが、「自分の行動には自分で責任をとる」のは必要最低条件。学校や滞在先から一歩外に出たら、常に身を守ることを考える。具体的に気を付けるべき点を挙げてみよう。

1.夜遅くに出歩かない

夜は人気のない所を歩かない。夜の外出から帰るときは、迎えに来てもらうこと。男女とも注意が必要。

2.多額の現金を持ち歩かない

多額の現金を無防備に持ち歩くのは危険。銀行口座からこまめに引き出そう。

3.貴重品を放置しない

財布をダッシュボードなど車内に置いたまま車を離れるようなことは絶対にしない。

4.常に周囲に気を配る

見知らぬ人と接近する場所は要注意。銀行のATMを利用するときは背後で待っている人に気を付けるこ
と。

5.飲みすぎない

慣れない土地で酔っ払うのはとても危険。酔った勢いで交通違反でもしようものなら実刑は間違いなし。

6.無理をしない

旅行やスポーツなどで、自分の体力と能力を過信するのは事故のもと。

7.ホメ言葉に驚かない

あなたは魅力的だ、などという異性の言葉に素直に感激するのは考えもの。下心を見抜く眼力をつけよう。

8.派手な格好をしない

ブランド物の洋服やバッグなど、日本のOLファッションは現地ではかなり浮いてしまう。いいカモと思われるのがオチ。

9.ドアは不用意に開けない

ノックの音がしたからといって、相手を確かめずにドアを開けるのはもってのほか。

10.ドラッグには手をださない

マリファナなど、ドラッグの誘いがあっても、絶対に手を出さないこと。「周りがやっていたので、つい」は言い訳にならない。

海外旅行保険の資料請求・申し込み

「成功する留学」のウェブサイトから、「留学&ワーキングホリデー特別仕様保険」の資料請求や申し込みが可能。※オンライン申し込みは留学期間が1年までの場合のみ

ワーキングホリデー総合案内

どの国でワーホリする?

安全のための10ヵ条のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート