お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

アメリカ語学留学中のアルバイトは禁止

アルバイトについて

原則はアルバイト禁止

学生ビザで入国した場合、原則的にアルバイトPart-timejobは禁止されている。アメリカ滞在中の費用が充分にあるという証明として銀行の残高証明書を提出したうえで学生ビザをもらい、アメリカで勉強しているのだから、働くことが違法とされているのは当然の理屈だ。

条件さえ満たせば可能な場合も

そうはいっても、アルバイトが全面的に禁止されているというわけではない。「成績がよく、授業にもきちんと出席」している人が、最高週20時間までのキャンパス内の仕事On Campus Jobに従事するのなら、OKなのだ。大学キャンパス内で図書館の貸出係をしたり、教授やそのほかのスタッフのアシスタントをしたりするのが一般的。ただし、英語ができなければまず仕事は回ってこない。運よく仕事が回ってきたとしても、時給はUS$6~10前後。
※留学内容によって条件は異なります。詳しくは留学相談でお問い合わせください。

学校外で働くのは不法就労

学校外の仕事に就くには移民局の許可が必要だが、語学留学生がこの許可を得るのはかなり難しい。正式な許可を得ないままアルバイトをすれば、不法就労ということになる。不法就労が見つかると強制国外退去を命じられるほか、その後アメリカへの入国が禁止される。留学生の本分は勉強だ。この時期くらいは働くことなど考えず、勉強に集中しよう。

はじめての留学に心配はつきもの。わからないことは何でもカウンセラーに相談してみよう!

無料留学相談

アメリカ留学

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

アルバイトは禁止のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
キャッシュパスポート