お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
  
  

ミャンマーに来たら「ロンジー」を着てみよう

    
キャサリン
キャサリン
ロンジー姿で市場の中を歩く女性たち

ミャンマーの伝統衣装といえば、ロンジーです。いわゆる腰巻きスカートのことで、男女ともに着用します。正確にいうと、男性用はパソー、女性用はタメインといいますが、その総称がロンジーなのです。

ボージョーアウンサンマーケットで売られている女性用の上下ワンセット

ミャンマーの人々の間でも少しずつ着用率は減っているとはいえ、学校や会社の制服はロンジーですし、お寺に行くときもロンジーを着ていくことが多く(寺によっては、ロンジーを着ていないと入場できないところもあり)、また、仕事中はロンジーではないが自宅でリラックスするときはロンジーに履き替えるなんてこともあり、生活の中にロンジーは根付いています。

スーパーマーケットで売られている女性用ロンジー
インドネシアバティックの布で出来たロンジー

ロンジーはスーパーマーケットで手軽に買えます。女性用で、刺繍入りのものは5000Kyatから15000Kyatほど。バティック布は20000Kyatから30000Kyatと、少し高価になります。

腰紐付きの外国人向けロンジー

ロンジーは布を筒状に縫製して、その中に両足を入れ、腰骨のところで締めるだけ。小さい頃から履きなれているミャンマーの人々は、とても綺麗に着こなしていますが、我ら外国人にとってはコツがいり、慣れないとすぐに落ちてきます。
そんなズレ落ち事故をおこさないために、写真のような紐付のロンジーも売られています。これなら、普通の巻きスカートのように着用できて安心です。

  
キャサリン

キャサリン
香港・マカオ・広東省などで十数年過ごしたあと、2012年よりミャンマーのヤンゴン在住。初海外旅行は、まだソ連時代にシベリア鉄道で大陸を横断したこと。ミャンマーを中心に、近隣のアジア諸国の情報を発信したいと思っております。

    

この記事をシェアする

カウンセラー

カウンセラーは留学経験者なので、気兼ねなくご相談いただけます。
豊富な経験と知識で、一人ひとりに合った留学プランをご提案します。

▼ご質問やご不明点はお気軽にご相談ください!

通話無料0120-945-504

▼留学デスクで個別相談する日程を予約しよう

▼ご来店が難しい方にはメール相談も承ります

無料メール相談
パンフレット請求

「成功する留学」ならではの読み応え!
留学の基礎から語学学校まで、情報満載のパンフレットを無料でお届けします。

資料請求

留学セミナー

成功する留学ではさまざまな留学セミナー・イベントを開催!
留学に興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください。

カウンセリング予約

ページ上部に戻る

  
  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
キャッシュパスポート