お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

スペインビザの申請

ワーホリビザの申請は1年中可能

スペインとのワーキングホリデー制度は2017年4月よりスタート。

スペインのワーキングホリデー制度

2017年4月に始まったスペインとのワーキングホリデー制度。ワーキングホリデー・ビザの発給数は特に制限はなく、申請資格のある人はいつでも申請できるのが特徴だ。ただ、出発予定日の90日以上前からの申請は受け付けていないので注意が必要だ。

以下は、2017年度の募集要項です。ただし、ビザの規定は変更になることもあるので、希望者は「在日スペイン大使館」サイトをこまめにチェックしておきましょう。

対象年齢18歳以上であり、申請時に31歳に達していないこと
滞在期間最長1年

ビザ申請の条件

  • 日本国籍を有し、かつ日本に在住していること
  • 被扶養者を同伴しないこと
  • パスポートの残存有効期間がスペイン入国日より1年以上有効のもの及び、ビザ用の余白のページが最低2ページあること
  • 経済能力の証明。月額532.51ユーロ相当額以上、最低でも最初の3ヵ月分の1597.53ユーロ相当額以上のスペインでの滞在費を支弁する能力を証するもの
  • 往復航空券予約の証明書。もしくは往路の予約のみの場合は、往路の航空券代を残高証明書の金額にプラスすること
  • 過去にスペインへのワーキングホリデービザの発給をうけていないこと

※スペイン滞在の最初の期間の宿泊照明を提出することも可能

成功する留学のビザ申請サポート

スペインのワーキングホリデービザ申請は本人申請のみとなり、代理申請はできません。地球の歩き方「成功する留学」では当社有料プログラムにお申込みの方のみにビザ申請手引書をお渡しします。

スペインのワーキングホリデーについて留学デスクでご案内します。無料相談を予約しよう!

無料留学相談

日本でビザ申請する場合

スペインのワーキングホリデービザはご本人様のみ、申請が可能です。スペイン大使館のサイトから申請用紙を印刷し、記入します。ビザ申請のための予約は不要。 記入済みの申請用紙と、その他必要書類を持参し、直接スペイン大使館にて申請をします。大使館が申請を内容を確認するために必要と判断した場合は、追加の書類提出を要請したり、場合によっては領事館で面会をする場合もあります。なお、申請から発給までの必要日数や約8週間で、パスポートは発給時まで預けます。申請中に旅行などを希望の場合は、条件に応じて返却が可能です。

  • スペイン大使館(東京)のウェブサイトで必要事項を確認する
  • 必要書類の準備をする
  • スペイン大使館へ出頭し必要書類を提出する
  • 審査(提出書類に不備や追加提出がない限り、ビザ発給までの目安は約8週間)

ワーキングホリデー総合案内

どの国でワーホリする?

ワーキングホリデービザ申請のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート