• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年10月 秋 東京・大阪・名古屋で開催!

カナダでアパート生活

アパート暮らしってどんな生活

上階ほど家賃も高い

留学してある程度時間が経つと、何となく「自由」な感じのアパート暮らしに憧れるようになる。長めの留学を予定している人なら、現地の生活に慣れたところで、アパート探しを始めてみてもいい。アパート(Apartment)は通常数階建ての集合住宅で、地階もある。建物の入口はほとんどがオートロックで、建物内にはカギを持った住人しか入れないようになっている。同じ建物でも、通常地下と地上階では家賃が違う。都会の高層アパートなどでは、見える景色のよさでかなり値段が違ってくる。見晴らしも値段のうちということだ。大都会の地下の部屋は安いが、治安上おすすめしない。

どんなに狭くてもリビングとキッチンは別

カナダではいわゆるワンルームマンションのようなアパートは少ない。部屋は基本的にベッドルームとリビングルーム、キッチン、バスルームがセットになっている。バスルームとはトイレと浴室のことだ。3ベッドルーム以上になると、バスルームも複数存在することがある。日本と比べて比較的ゆったりした造りで、デッキ(ベランダ)や暖炉が付いていることもある。キッチンのストーブ(料理用コンロ)やオーブン、食器洗い機はアパートに備え付けられていることが多く、冷蔵庫も備え付けのことが多いので、自分で用意する必要はない。洗濯機・乾燥機は室内に備え付けのこともあるが、アパートの建物内に有料コインランドリーが設置されている場合も多い。

家具付きを選ぶほうが経済的

アパートには家具付き(Furnished)と家具なし(Unfurnished)があるが、短期で滞在するには家具付きが便利。また、前の住人が使っていた家具を有料で引き継ぐ(TakeOver)場合もある。もちろんこれは義務ではないので、必要でなければ断ってもよい。退去時には、引越先に持っていってもよいし、次の入居者にTake Overしてもらうか、ガレージセールなどで売り払うこともある。家賃以外の経費としては、入居前に家主に預けるダメージデポジット(D.D.)、光熱費(Utilities)がある。その他、禁煙(NS)、ペット禁止(NP)、パーティ禁止(No Party)などが入居条件として科されることがある。自分のライフスタイルに合った物件を探す有効な情報として使おう。

地下の部屋

地下といっても実際は上部に窓のある半地下が多い。地方都市だと多少暗いことをがまんすれば、安上がりで経済的だが、バンクーバー、トロントなどの大都会では低層階を狙った空き巣やレイプ事件があるので、おすすめしない。

一般的に付いている家具

家具付きの物件には、ベッド、たんす、机、イス、照明、ソファなどが付いていることが多い。とりあえず、スーツケースひとつで入居しても最低限の生活ができるような家具が備え付けられている。ときには電子レンジやテレビが含まれることも。何が付いていなくてはならないというような法律があるわけではなく、各物件により異なるので入居前に確認しよう。また、部屋を見に行くときには、前の住人がまだ住んでいることも多く、その人の家具や持ち物も混在しているので、どの家具が残るのかはしっかりと確認しよう。

光熱費

セントラルヒーティングの国カナダでは、光熱費は、冬季はかなりの料金になる地域もあるので注意が必要。実際の冬の光熱費の料金請求書を見せてもらえば目安になるだろう。家賃に光熱費がすべて含まれているところや、まったく別になっているところ、水道代は含まれるがその他は含まれない、などいろいろなパターンがあるので、契約の前に確認しよう。

カナダのアパート生活について気になることは留学相談でなんでも聞いてみよう!

無料留学相談

カナダ留学

カナダでアパート生活のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート