• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

カナダでの寮生活

寮生活ってどんな生活

学校により種類はさまざま

カレッジや大学にある寮にはいろいろな種類がある。ベッドルームスイート(日本のアパートやマンションのような建物。玄関がひとつで中に2~3部屋あり、キッチン、バス・トイレは共同)や、タウンハウス(長屋のような家の一部で地下1階、地上2階建てのことが多い。玄関がひとつで、中に5部屋前後あり、キッチン、バス・トイレは共同)、ドミトリー(日本にもよくあるいわゆる寮で、食堂、トイレ、バスルーム、テレビルームなどを大人数の生徒で共有する)など、学校によってさまざまな形態の寮があるが、基本的には、自分の部屋には個別にカギが付いており、部屋も男女別に分けられている。

寮生活のメリット

カレッジや大学の寮に住む最大のメリットといえば、学校に近いことである。ホームステイやルームシェアをしている学生の多くは学校まで車やバス、電車などで通わなければならないことが多い。その点、学校の敷地内の寮に住んでいる学生は、通学時間もかからず、駐車場所を探す必要もない。また、寮に住んでいればたいていは、駐車場のスペースは確保できる(別途料金を払うこともあり)。 その他のメリットとしては、入寮時、ベッド、勉強机、大きな家具、台所用品などを用意する必要がないところが多い。もちろん、個人で使う物や消耗品などは自分で準備する必要がある。入寮の申し込みをすると、何が備品として用意されているのかが書かれたリストをくれるはずだ。さらに、コースや学部の違う友人ができる機会が多いことが挙げられる。学校のクラブ活動に参加せずに授業だけを受けていると、なかなかクラスメイト以外の学生と知り合いになるチャンスが少ない。ESLプログラムを取っている留学生にとって、カナダ人の友人ができるということは英語の勉強にかなりプラスになるだろう。

寮生活のデメリット

メリットの多い寮生活だが、デメリットもある。ほとんどの場合、ルームメイトを選ぶことができない。一般的にカナダ人はとても人懐っこく、親切な人が多いのだが、なかにはどうしても性格的に合わない人もいるだろう。せっかくルームメイトができたのに部屋で居心地が悪いのはくやしいものである。

成功する留学のカウンセラーより

  • 留学カウンセラー写真

    私立校の学生寮はごくわずか

    私立語学学校の滞在手配はホームステイが基本ですが、なかには民間のアパートメントホテルを紹介してくれる学校もあります。ただし、学校独自の学生寮を所有しているところはごくわずか。また、大学寮を紹介してくれる学校も稀で、時期も夏期に限られています。

  • 留学カウンセラー写真

    盗難のトラブルが発生することも

    学生寮は、たくさんの人と一緒に生活することになるため、盗難などのトラブルが発生するケースもあります。机の上などに貴重品を置きっぱなしにしない、自室にはカギをしっかりかけるなど、自衛を怠らないようにしましょう。

カナダの寮生活について気になることは留学相談でなんでも聞いてみよう!

無料留学相談

カナダ留学

カナダでの寮生活のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート